こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


一色伸幸

著者情報
著者名:一色伸幸
いっしきのぶゆき
イッシキノブユキ
生年~没年:1960~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      配達されたい私たち
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • うつ病の主人公が廃墟で、7年前の未配達の手紙7通を見つけ、それを自身のさよならへのカウントダウンとして当時の受取人を探して配達する。

        7つの話が出来過ぎではあるが話の進展が早いので面白く読めた。

        『動物は笑わない…対して人間は笑い、…動物は自らの命を絶つことができない、それなら、自殺は人間だけに許された…権利ではないか』なるほどそういう論法もあろうか。

        ただし権利を主張できるのは義務を果たしてから。人間も動物。生きるという義務を果たしてから権利を行使したらいかがか?などと、ややこしいことを考えてしまった。

        妻からの手紙の曲解や、最後のかすかな希望、7つの話の内容よりも7通目のあとの部分で考えさせられた。

         #「私をスキーに連れてって」等々の脚本家の著書が、
          うつ病がテーマだったので、ギャップに驚き読んでみた。
        >> 続きを読む

        2013/06/23 by minomu-

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています
      熱帯楽園倶楽部
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • タイを舞台にした日本人詐欺師達の活躍を描く。同名映画のノベル化。

        軽快に進んでいく3人の掛け合いだけで十分楽しめる。

        映画作品を知らなかったため、役者のイメージに振り回されることも無く、予備知識無しで向き合うことが出来た。

        タイ人と日本人のハーフで、小規模専門の詐欺師として活躍するジョイと、旅行でタイを訪れてから居つくようになった飛田林。
        ツアコンで旅なれた客からの度重なる嫌がらせに耐える紺野みずず。

        ふとした偶然から、3人が仕掛けることになった始めての大きな詐欺と、そこに絡むタイマフィアと日本ヤクザ。

        さすがに盛り上げどころが多く含まれており飽きさせない。
        文体も流れるようなので、あっという間に読み終えてしまった。

        こんなドタバタ劇が、灼熱のタイなら起こっても不思議は無い気がした。
        >> 続きを読む

        2011/03/11 by ice

    • 1人が本棚登録しています

【一色伸幸】(イッシキノブユキ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

秋 (青空文庫POD(ポケット版))