こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


内館牧子

著者情報
著者名:内館牧子
うちだてまきこ
ウチダテマキコ
生年~没年:1948~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      「カルピス」の忘れられないいい話
      カテゴリー:雑著
      4.5
      いいね! ice Tsukiusagi chao
      • カルピスにまつわる公募のエッセイ集。

        ペットとの思い出だったり、友達との思い出だったり、家族との思い出だったり。こうやって書くとなんだかとてもありきたりの言葉になってしまうが、72人の人生、想いが詰まった1コマ1コマ。共通しているのは人が人と関わって生きていくことの尊さ。1つのエッセイは3~4ページなのだが、本を読んだことでその大切な思い出を共有させてもらったような温かな気持ちになる。

        エッセイを書く方々の年齢も幅広い。特に驚くのは戦前、戦後のエピソードについて書かれている70代、80代の方々の文章。その品格を感じる文章は、同じ日本人として誇らしくもあり、敬うべき大切なものであるように思う。

        カルピスの話を72編も読むととてもカルピスが気になり始め、色々調べてしまった。カルピスは1919年(大正8年)7月7日の七夕に、世界で最初に製造された乳酸菌飲料らしい。あの水玉模様は天の川をイメージしているとのこと。

        そういえばもうすぐ七夕。
        この時期にこの本を読んだことが嬉しくなった。

        エッセイの中に幾度も出てくるカルピスのキャッチコピー「初恋の味」。現在は「体にピース」になっているが、個人的には「初恋の味」のままが良かったな。
        >> 続きを読む

        2012/07/04 by chao

      • コメント 4件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      ひらり
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • NHK連続小説「ひらり」の台本を小説化したものである。
        東京の浅草の下町が舞台となっている小説で主人公が相撲部屋にも出入りする場面が多々あり、相撲部屋ってこんなんなんだーととても興味深く読んだ記憶がある。

        コミカルでテンポが良い小説なので、とても読みやすい。
        下町出身ではないので実態はわかりませんが、本を読む限り人情味があって下町っていいなーと感じました!

        どういう人に「おすすめ」するかは、非常に難しいですが、前向きになりたい時に読むのには良い本だと思います。
        >> 続きを読む

        2012/09/19 by higamasa

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      夢を叶える夢を見た
      カテゴリー:労働経済、労働問題
      2.0
      いいね!
      • エッセイか何かと思って買ったのだが、ビジネス本の様な、内容。

        転職のあり方、自分のやりたいことがあれば、
        どのように決断して、前へ進むのかと・・・・。

        飛んだ人・・・飛ばなかった人・・・
        飛ばなきゃよかった・・・飛べばよかった・・・

        夢を不発のまま抱えて死んでいく。
        夢を爆発させて死んでいく。

        どちらを選んでも後悔はある。

        人生をリセットするのが幸せなのか、
        そのとき、捨てなければならないものは、何なのか。

        夢・・・実現できた時点で、それは夢では無くなるんですが・・・・。
        >> 続きを読む

        2016/08/11 by ごまめ

    • 2人が本棚登録しています
      忘れないでね、わたしのこと
      いいね!
      • 絵も文字もヘタウマだし、目なんかチューリップに見えてカワイイです~♪
        でも、よーく見ると、半分剥いたゆで卵でもようでも有り・・・。
        全体的には悪魔っぽかったりするかも。
        >> 続きを読む

        2012/04/05 by tamo

      • コメント 3件
    • 2人が本棚登録しています
      内館牧子の仰天中国
      カテゴリー:日記、書簡、紀行
      4.0
      いいね!
      • 脚本家 内館氏による中国訪問記。

        バックパッカーなどとは違う視点で語られる中国に新鮮味を感じた。

        アジア、そして貧乏旅行記が好きなので、中国旅行記も相当数読んで来ている。

        しかし、お金を切り詰めるような旅では無く、かつ積極的にいろいろ見てやろうという姿勢に溢れた視点が、なかなか刺激的だった。

        普段読んでいるものは、バックパッカーによるものだったりするので、どうしても著者の年齢層は低くなりがちで、そのジェネレーションギャップも悪くない。

        昔の日本が持っていた大切なものが、中国の奥地では今もそのまま残されている。
        しかし、やはり中央から侵食して来る文明の利器が、同じように大切なものを奪おうとしている。

        もしかしたら、既に大切なものがほとんど失われた後に育った世代なのかもしれないのだが、著者の言わんとしている儒教文化圏特有の清貧的な思想については大いに興味が有る。

        消費文化と揶揄されるアメリカ。
        しかし最近では中国の方がなりふり構わず生産と消費に狂っており退廃的に映る。

        中華思想などという他国からは受け入れ難いものを振りかざすのなら、安易に派手に出遅れた工業化に走るのではなく、アジア得意の精神的側面から、世界の中心として認められるような地位を築く努力も必要なのでは無かろうか。

        余裕を持ちつつアグレッシブに楽しみを求める。もしかしたら理想の旅行形態かもしれない。
        >> 続きを読む

        2012/06/12 by ice

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています

【内館牧子】(ウチダテマキコ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本