こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


渋谷比佐子

著者情報
著者名:渋谷比佐子
しぶやひさこ
シブヤヒサコ
生年~没年:1946~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      私刑連鎖犯
      カテゴリー:小説、物語
      いいね!
      • 犯人側と、警察側だけの話に思っていたら、犯人グループと思っていたもうひと組がかなりの紙面を割いて出てくる。この組が何なのか、それぞれのグループとどう関わるのか分からないまま、下巻突入。 >> 続きを読む

        2014/05/17 by 紫指導官

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      私刑連鎖犯
      カテゴリー:小説、物語
      いいね!
      • (注意・ネタばれしています)

        キットがメガンに、父にやらされた残虐な行為を告白する所は、この物語の幾つかの山場の一つに思う。それと、犯人グループのフレデリックが一番、人間らしくて心に残る。ミスをする様も、仲間を思う気持ちも、恋も。強くそれを意識したのが、彼が殺害される所。もう一つの感動の場面は、キットと、大けがをしたモリアーティーの、父子のような心の交流が描かれる所。それにしても、悪者と分かってからのキアラは、少しだけでも持っていた魅力を全てなくしてしまった。 >> 続きを読む

        2014/06/02 by 紫指導官

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      CIAザ・カンパニー
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!

      • ロバート・リテルの集大成的な傑作小説「CIA ザ・カンパニー」(上・下巻)を読了

        東西冷戦のただなか、スパイの訓練を受けたばかりの若者たちは、それぞれの任務を受け、世界各地へと散っていった。
        個々人の葛藤がありながらも、否応なく歴史は大きく動いていった。

        一方、ソ連との関係をゲームのように見つめるCIA本部では、KGBの内通者を見つけ出すための駆け引きが繰り広げられていた。

        この長篇小説は、1950年に集められ、CIAの訓練所で仕込まれて世界に散っていった、沢山のスパイたちの長い道のりをドキュメンタリータッチで綴り、ちゃんと裏切り者探しのスリルも用意されている。

        実録ものも、こういう風に書いてくれると、実に読みやすくていい。
        ハンガリー進攻、ビッグズ湾、ロシア革命の三つの事件に力がこもっていて、その中でも特に、ハンガリー動乱の章がその白眉とも言える。

        >> 続きを読む

        2018/09/22 by dreamer

    • 1人が本棚登録しています
      神からの殺人予告
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • ジャン・バークの女性記者アイリーン・ケリーシリーズ第三作の「神からの殺人予告」を読了。

        新聞記者アイリーン・ケリーは、ラス・ピエルナスの新聞記者。
        刑事のフランクとの結婚を控えている。

        そんなケリーのもとに、ギリシャ神話になぞらえ神の名を散りばめた謎の殺人予告の投書が届く。

        届いた後に必ず起きる連続殺人。犯人は? 何の目的で?-------。

        ケリーは、見えない犯人の恐怖に怯えつつも真相解明へと闘志を燃やし、緊迫したラストへ向けて、物語は疾走していく。

        このシリーズの主人公の女性記者アイリーン・ケリーは、実に魅力的に描いてあると思う。
        弱いところもあるが、守ってもらうだけの女ではなく、男顔負けの行動力を持って事件の真相を暴こうとするんですね。

        とにかく、元気がいい。ところが、犯人からの脅しには、簡単に屈しそうになる弱い面もある。
        そんなところが、男の目から見ても、とても可愛いんですね。

        犯人からの挑戦状が、ギリシャ神話をモチーフにしてあるのも実に面白く、犯人の復讐の殺意が、おどろおどろしくならずに、謎めいた秘密のように感じさせるのもうまい。

        物語全般においては、人物の重さを損なわない程度に軽い感じで話が進行し、とても読みやすい。

        また、あらゆるところに話の伏線が張ってあり、一度読んだだけでは気が付かないほど細かく描写されているんですね。

        新聞記者と刑事をカップルにしてしまうのには、少し驚きましたね。
        普通、記者と刑事は利害が一致しないため、親密になることはないと思っていたからだ。
        しかし、そんな固定観念も、パワフルで大胆にして繊細なケリーには、通じないようだ。

        周りの人々の目には、危なっかしく見えるが、この二人には関係なし。
        そんな二人に心を暖かくされつつも、物語は緊迫したラストを迎える。
        >> 続きを読む

        2018/09/02 by dreamer

    • 1人が本棚登録しています

【渋谷比佐子】(シブヤヒサコ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本