こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


藤子・F・不二雄

著者情報
著者名:藤子・F・不二雄
ふじこ・えふ・ふじお
フジコ・エフ・フジオ
生年~没年:1933~1996

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      中年スーパーマン左江内氏
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • 藤子・F・不二雄氏の少し風刺の効いたサラリーマンがスーパーマンになったら...というマンガ作品。

        刺激が少ない。それほど得るものもない。でも、少しホッとできるこんなマンガもたまには良いかという気にさせてくれる。

        ある日突然、スーパーマンになりなさい。でも、できる時だけでいいし、特別ミッションも無いからお気軽に...
        なんて言われてしまった中年サラリーマン左江内氏。

        左江内(さえない)というだけ有って、マジメ一徹では有るものの、ごくごく普通のサラリーマン。

        着るだけでスーパーマンの力を発揮できるスーツを手に入れたものの、その力を使って野望を抱くわけでもなく、粛々と身の回りの小さな悪事を解決して行く。

        大きな事件ではないものの、颯爽と登場して解決しているにも関わらず、その活躍は見た人の記憶から抹消される仕組みのため、決して感謝されるわけでもなく、いわば慈善事業的に人助けを続けている形。

        読み進めている内に、彼のように派手さは無くとも、自らの倫理観に沿って、地に足を付けて生きて行くことの偉大さを再認識した。

        なんで、さえないサラリーマンにスーパーマンの力を授けるんだ!とツッコミたくなったが、普通の人間なら、手に入れた力を使って、有名になるとか、お金を稼ぐとかを考えたくなるのではないかと思う。

        最後に同業?の(スー)パーマンと出会うのだが、彼はちゃっかり、この能力を使って商売をしているところを見ると、私的流用をしない人を選んで能力を授けているわけでもないようでは有るが...

        通勤電車に乗らずに空を飛んで出社したりする姿を予想以上に羨ましく思う自分が何だか悲しくなった。
        >> 続きを読む

        2012/12/11 by ice

      • コメント 5件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      ドラえもんプラス
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      いいね!
      • この本の名言をご紹介します。

        ***
        君はこの先 何度も転ぶ
        でもその度に立ち上がる強さももっているんだよ
        >> 続きを読む

        2012/09/27 by 本の名言

    • 1人が本棚登録しています
      モジャ公
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      2.0
      いいね!
      • 藤子・F・不二雄のSFギャグマンガ(愛蔵版)

        とくに深みもなく、子供が読むには面白いだろうと思われる、表記通りのSFギャグマンガ。

        母親にガミガミと怒られて、こうなったら宇宙でもどこでも行ってやるー!などと安直な逃避発想をする平凡な小学生。

        そこに偶然現れた、宇宙から来た家出少年達(見た目は、ロボットとO次郎的な感じ)
        ちなみにその内の1人がモジャ公。

        宇宙に旅立ってからは、様々な惑星を訪れては冒険し、上手くいきそうになっても気付けば放逐され、、、的な、パターン化されたギャグマンガが進行していく。

        決してつまらないわけでは無いのだが、ドラえもん的に面白いっちゃ面白いけど、グワーっとのめり込んで読めるような作品ではないと言った感じだろうか。

        最終ページにメッセージらしきものを感じた。


        ヒロイン的な存在のモナさんの言葉。

        「そんな経験をとおして人間は成長していくのよ。」

        「冒険できるのは今のうちよ。
        宇宙は限りなく広いのよ。
        もっともっと謎や神秘にチャレンジしたいと思わない?」

        これを受けて、モジャ公達の宣言。

        「行こう!新たなる冒険の旅へ!!」


        きっと対象年齢が小学生なんだと思う...

        1冊で完結なのは良いが、愛蔵版だけにとにかく長い。正直面白いとは思えず、使命感だけで読み切った。
        >> 続きを読む

        2013/11/27 by ice

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      ドラえもん Doraemon
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • ドラえもんが未来からやって来たところから始まり、いいお話をピックアップしてあります。

        けっこういいこと言ってたり、感動する話もある。これなら大人も子どもも読めます。

        英文の読み方ですが、

        のび太はのび太になって、ドラえもんの所はドラえもんの声で、泣いたり笑ったり驚いたり、思い切りなりきって音読します。たまに難しい言葉も出て来ます。解説付きで親切。

        楽しいし、英会話の表現にも慣れて?、一石二鳥^^
        (人には聞かせられません)
        >> 続きを読む

        2016/02/09 by バカボン

    • 1人が本棚登録しています
      ドラえもん Doraemon
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • 面白いです。
        日常英会話の勉強にもなります(多分)
        ずるして日本語だけ読んでもOK

        2016/02/09 by バカボン

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      ドラえもん最新ひみつ道具大事典
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 6歳の息子が真剣に読んでいる。
        ことあるごとに、「こんなときは、○○○○」とひみつ道具を繰り出す。
        それだけで、☆5つの価値がある。
        結構知らない道具があるんですよね。中には「荷物運び用お荷物」という、ホテルのボーイさんに恥をかかせないための荷物という衝撃の道具まである。
        最近は「ネムケスイトール」が欲しくてたまらない。私は疲れているのか?
        >> 続きを読む

        2015/04/22 by che_k

      • コメント 3件
    • 2人が本棚登録しています
      のび太と鉄人兵団 小説版ドラえもん
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 2011年のリメイク映画「新・のび太と鉄人兵団」の
        公開に合わせての企画本なのでしょうが、その企画の結果、
        こんな素晴らしい作品が読めた事がまず嬉しいです。

        瀬名秀明というSF作家が自分の看板を背負いつつも、
        その看板以上のドラえもんに対する愛で
        書き上げた名作と言えると思います。
        ドラえもんを通して教わった事、学んだ事、感じた事を
        作者のフィルターを通してしっかりとその意思が伝わってきます。

        人生で最初のSF体験作品であるドラえもんという良質な作品を
        SF作家が本当に上手く小説化しつつ、原作では前面に表れにくい
        のび太達、少年少女の心の葛藤も本当に素敵な描写で書かれており、
        途中、何度も何度も何度も何度も...涙を流しそうになってしまった。
        作中最初のクライマックスの決戦前夜ののび太達の描写は秀逸。
        彼等に対するドラえもんを今作ではあくまでも、サポート役に
        徹したスタンスで書かれたのも凄く上手いのだと思います。

        色んな事を彼等とドラえもんから教わったはずの大人が読んでこそ
        意味のある作品だと...いう気がします。懐かしいなーだけではない、
        あの頃に感じた「正しさ」が身体の中を駆け巡って来る...と信じたい。
        >> 続きを読む

        2013/05/17 by za_zo_ya

      • コメント 7件
    • 1人が本棚登録しています
      昆虫大探検
      カテゴリー:昆虫類
      5.0
      いいね!
      • 夜に、ジャイアンたちが、帰れなくなったところが面白かった。

        2016/01/19 by ムーリン

    • 2人が本棚登録しています

【藤子・F・不二雄】(フジコ・エフ・フジオ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本