こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


青木薫

著者情報
著者名:青木薫
あおきかおる
アオキカオル
生年~没年:1956~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      フェルマーの最終定理
      カテゴリー:数論(整数論)
      4.5
      いいね! niwashi
      • 数学が苦手な方でも楽しんで読めます。一生に一度は読むべき名作。人気の理由も分かります。 >> 続きを読む

        2016/02/21 by Pal

    • 他15人がレビュー登録、 61人が本棚登録しています
      暗号解読
      カテゴリー:言語生活
      3.7
      いいね!
      • 読んですぐに思ったのは、読みたい本は寝かせちゃダメだなぁということ。10年以上前の発売時に読みたいと思ったのだがなんとなく読まずにきて、最近思い出して読んでみた訳だがどうも盛り上がらない。いつかまた読んだら感想変わるかなぁ?

        全く本の感想ではないなw
        >> 続きを読む

        2013/06/15 by freaks004

      • コメント 4件
    • 他1人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      フェルマ-の最終定理 ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
      カテゴリー:数論(整数論)
      4.0
      いいね!
      • 数学は専門ではないですが、難しげな証明や定理も詳しく説明されているので内容がよく理解できました。
        数学者という人種が少し身近に感じられるようになりました。
        訳者の方のあとがきにも書かれていましたが、女性数学者や日本人数学者の活躍がたくさん触れられていて興味深かったです。
        フェルマーの最終定理以外にも、歴史上の数学のいろいろなエピソードが読めます。数学や世界史の知識が豊富な人ならもっと楽しめたかな、と思います。
        読み終わると少し頭が良くなったような錯覚を感じられます。笑
        >> 続きを読む

        2015/04/22 by するめいか

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論
      カテゴリー:恒星、恒星天文学
      3.5
      いいね!
      • 匿名

        人間原理によればさまざまな宇宙があると肯定する。

        2013/09/21 by 匿名

    • 2人が本棚登録しています
      カ-ル・セ-ガン科学と悪霊を語る
      4.0
      いいね!
      •  全25章。
         本当の科学とはいったい何なのかを解き明かすものであり、えせ科学、UFO、魔女裁判などなどを取り上げている。
         本書の現代はTHE DEMON-HAUNTED WORLD : Science as a Candle in the Dark『悪霊に憑かれた世界-暗闇を照らすロウソクとしての科学』。
         読むのに時間がかかったものの、すごく面白かった。科学とは何かと考えさせられる。本書が取り上げているのはアメリカの例が中心なのだが、それは著者がアメリカのことをよく知っているため。アメリカが特にえせ科学や神秘主義が盛んというわけではない。

         UFOの話で、アメリカで1992年に世論調査をしたところアメリカ人の2パーセントが宇宙人によって誘拐されたことがあるとわかった。ただし、この回答者に選ばれたのは宇宙人誘拐説を信じきっている人たちである。もし誘拐された2%を全世界に当てはめた場合、一億人を超える。
         一億人って、と思わず絶句。もしこんな数が本当なら、警察におい仕事しろよ、と苦情がくるだろう。

         困ったことに私たちは実際にあるものを見ていても、もしかしたらそれは「脳が見せているもの」なのかもしれない。しかし見たのだから本物と言い切れるのか……。人っていうのは小難しい説明より、神秘なるものに希望というか憧れみたいなものを抱いるのではないかな。だからこそ、インチキでも不可思議なものへ心が揺らいでしまう。

         また科学が社会や教育にどう扱われているのかも取り上げている。科学には柔軟な頭が必要だが、いまの社会は暗記をさせるだけ。科学者になろうとする興味を握りつぶしているかのようだ。
         この本は科学が苦手だな、という人にこそ読んで欲しいかもしれない。
        >> 続きを読む

        2014/06/12 by hasai

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      バースト! 人間行動を支配するパターン
      カテゴリー:社会学
      3.0
      いいね!
      • バーストとは、短時間に何かが集中的に行なわれ、その前後に長い沈黙の時間が存在するというパターンのことらしい。
        人間の日常的な行動はかなりの程度まで予測可能なのだという。

        そんな科学的なテーマと交互に絡み合う「ドージャの乱」という「失敗した十字軍」の歴史の話が面白くて、本筋を忘れて読んでしまった。
        ハンガリーやルーマニアの歴史なんて気にしたこともなかったから、新鮮な感じだった。

        未来予測を平和に活かせるものにできたら素晴らしい。
        ロクなことに使われない可能性も十分にあるだけに余計にそう思う。
        >> 続きを読む

        2013/09/14 by freaks004

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています

【青木薫】(アオキカオル) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

風花 (講談社文庫)