こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


竹内薫

著者情報
著者名:竹内薫
たけうちかおる
タケウチカオル
生年~没年:1960~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      99.9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方
      3.0
      いいね!
      • 「それでも地球は動く」と言ったといわれるガリレオが発明した望遠鏡で、月の表面が凸凹しているのを見た当時の教授たちは「こんなのはデタラメだ!」と頭から否定した。なぜなら、神が棲む天上界にある月は完璧な形でなければならなかったから・・・

        ノーベル物理学賞をもらったミリカンは、都合の悪いデータは横に置いておいて、都合のいいデータだけを採用した。

        人は自分の都合のいいように解釈する。    

        人間はそういうものなんですね。

        「科学は、常に反証できるもの」(カール・パポー 科学哲学者)
        理論に反する実験や観察が出てきたらその理論はダメだということを潔く認める、それが科学だとパポーはいいます。その点で、疑似科学とか宗教といわれるものはまちがいを認めない。(”神”は絶対だしね^^;)

        >否定しないのが科学的な態度ですよ。「そんなことありえない」と頭ごなしに否定するのではなく、「限りなく黒に近いかもしれないけど、これもやっぱり仮説のひとつだ」と肯定的に考えるべきなのです。

        お釈迦様は「無常」と言われます。この世の全てのもの、現象は変化し続けている。変わらない完全な物はひとつもない。それは科学も同じ。科学は全部仮説に過ぎない・・・・
        (人間も変わる。不完全なもの)
        信じるべからず、鵜呑みにするな、(できるかぎり)自分で客観的に観察し調べて反証してください、もちろん私の話もですよというお釈迦様の態度はとても科学的です。


        >つまり、話が通じないのは、自分の仮説が相手に通じていないということです。また、相手の仮説を自分が理解していないということでもあるのです。だとしたら、喧嘩になるまえに、いま一度、「この人は、どんな仮説の世界に生きているんだろう?」という具合に相手の心を読んでみればいいのです。

        お釈迦様は、ものごとを客観的に冷静に観察することを勧められますが、人間が”完全に客観的”に見て判断するということは実際ほとんど不可能なこと。だから、すべては「仮説」に過ぎない、変わる可能性があるのだ、と自分の”信じる”ものにしがみつかないでいつでもよりよく見方を変えられるような柔軟性をもつことが大事なんだと思いました。



        科学の話だけど、哲学です。で、お釈迦様の教えに通じるんだなあ・・・
        >> 続きを読む

        2014/10/07 by バカボン

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      隠れていた宇宙
      カテゴリー:恒星、恒星天文学
      4.0
      いいね! Tukiwami
      • 宇宙論の本を固め読みしたおかげで、超弦理論、膜理論、カラビヤウ空間、11次元時空間などの専門用語はだいぶ耳慣れてきたが、この本にはぶっ飛んだ。いろいろな種類!の並行宇宙を論じている。空想科学小説の世界とばかり思っていたが、真面目な科学の世界になっていたのか。脳みそが一瞬で時空間を飛び越えた。 >> 続きを読む

        2015/09/06 by Starflight

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      「場」とはなんだろう なにもないのに波が伝わる不思議
      カテゴリー:理論物理学
      1.0
      いいね!
      • タイトル(テーマ)と書き出しに惹かれて読み始めたものの、
        数ページいったところでギブアップ。
        いちおう理科系大学院を修了したボクでも
        ちと何回でした。

        難しい理論や概念をできるだけ具象化し、わかりやすく読者に
        伝えようという意図は十分感じられるのですが、
        前提となる基礎知識をもう少し噛み砕いて解説して欲しかったです。
        >> 続きを読む

        2016/05/24 by とーます

    • 1人が本棚登録しています
      奇跡の脳 脳科学者の脳が壊れたとき
      4.0
      いいね!
      • 脳卒中に見舞われた脳科学者。自らの左脳が侵されていく場面から、奇跡とも言える延命、そして復活への道筋とそのリハビリから学ぶ人としての考え方、生き方。まさしく奇跡の脳と言える作品だったと思う。
        いくつか印象に残った部分があるが、血管造影検査の同意書に署名を求める中に「健康な心とからだで署名しました」と書かれているのは面白い。通常は本当にその状態で実施するのだろうけど、緊急時なのだからそこに署名させるのはどうなのかねぇ。
        リハビリでGGと毎日を過ごすジルは毎日何かを達成できたことに喜びながらどれほどうまくできたかにだけ焦点を絞り続ける。歩けるか、話せるか、自分の名前を覚えていられるかといったことにはいちいちこだわらず、今日は生きているということだけを喜ぶところからスタートする。これは脳が正常に機能していても同じことだろうけども、大切なことだな。
        この本で一番役に立ったと思ったのが反応能力に関する記述でした。「自発的に引き起こされる(感情を司る)大脳辺縁系のプログラムが存在しますが、このプログラムの一つが誘発されて、化学物質が体内に満ち渡り、そして血流からその物質の痕跡が消えるまで、全てが九〇秒以内に終わります」です。つまりは発作的なこの90秒はどうしようもないが、その後にどの回路に接続するか、右脳マインドにつなぐのか左脳マインドにつなぐのかを自分で決めてあげることができるというものです。アンガーマネジメントというのが流行りましたが、こういう生理的なロジックで説明されると非常に納得できます。90秒は長いですし、この間に人を殺めてしまう可能性もありますが、最初から90秒しか続かない怒りであるとわかっていればもしかすると左脳が抑えに行けるかもしれません。
        後半に行くに従って、右脳マインドの大切さ、宇宙とのつながり、人への思いやりということを語り続けますが、竹内薫先生もあとがきに書かれている通り、冗長です。ただ、これは日本人だから冗長に感じてしまうのではないかと。そもそも全てのものに神が宿るという意識を持っている我々にとっては当たり前のことであり、ものを大切にする、他人を思いやるということについてそんなに切々と言わなくてもわかっとるわいとなってしまうからではないかと。
        色々考えさせられる良い作品だったと思います。
        >> 続きを読む

        2019/11/17 by 兼好坊主

    • 5人が本棚登録しています
      奇跡の脳
      5.0
      いいね!
      • 1.指を組んだ時、どちらの手の親指が上に来るか
        2.腕を組んだ時、どちらの腕が上に来るか
        ちなみに、私はどちらも右。
        と言う事は・・・インプット(1)も、アウトプット(2)も左脳派か?
        (どこまで当たっているかはわかりませんが。)

        左脳は論理的思考、言語感覚などが優位なデジタル脳、右脳はイメージや音楽などの芸術性が優位なアナログ脳、くらいの知識だった。
        しかし、本書を読んでその2つが真逆な働きをしながらも、人として無くてはならないバランスを取り合っているのだと知る。

        脳科学者である著者が、37歳で脳卒中により左脳機能を喪失。
        8年のリハビリを掛けて脳機能を再構築した記録です。

        脳内で出血が始まり、徐々に失われていく左脳の様々な認知機能、右脳だけで感じる世界観、そして開頭手術による血栓除去後の壮絶なリハビリ、左脳機能の再構築、右脳・左脳で感じる「心」の変化が、まるで脳内SFドラマの様に綴られている。

        右脳だけの世界は、まさに「涅槃」の世界。
        自分と外界をわかつ境界線が無くなり、自分が「流体」の様に感じられ、世界とひとつとなる感覚。
        時間の概念がなくなり、過去も未来も無く、まさに「今を生きている」感覚。
        それは究極に幸せで平和な世界なのだとか。
        宗教体験や臨死体験でよく聞くフレーズのようだ。

        左脳機能が徐々に回復するにつれ、不安や恐怖、怒りを作り出しているのは、明らかに左脳が作る「判断」なのだと自覚する過程はとても興味深い。
        右脳は、ただ「感じる」のみ。
        (ただ、あらゆるエネルギー体から感じるので消耗も激しい)
        著者自身、右脳の「涅槃」の世界を手放すのは、本当に寂しいかったと書いている。
        しかし、そのユートピア(?)を振り切って、以前の自分とは違う左脳を作り上げていく。
        常に止まらない「脳のお喋り」を止める方法、「判断」から来る負の感情をコントロールする術を
        新らたに発見出来たのは、脳を知りつくした科学者だったからこそに思う。

        巻末には、脳卒中患者のための病状評価や患者への接し方の付録がついている。
        一般的に、右脳は原始的な脳と言われたりするが、決して人間への尊厳を欠いてはいけないと戒めになる。

        それにしても、なぜ人類は右脳と左脳、ふたつに分かれて発達したのだろう?
        残念ながらその進化までの解説は無かったけれど。









        >> 続きを読む

        2017/09/23 by FUKUchan

    • 2人が本棚登録しています
      シュレディンガーの哲学する猫
      3.0
      いいね!
      • 時空を超えて、あの有名なシュレディンガーの猫が、とある作家の元にやってきた!!
        名な哲学者、思想家たちが言わんとしたことを、シュレ猫との軽快なやりとりを交えつつ紹介している。

        哲学の解説部分を竹内薫さんが
        シュレ猫と作家との物語部分を、妹の竹内さなみさんが書かれています。

        哲学…
        知識ない人向けに、かなりやさしく書かれているのはわかるんですが、
        読むのに時間かかったー!!
        難しい!
        正直、消化できたのはごくわずか。
        けど、
        その中で、グッと心に割り込んでくる
        心の何処かにとどめておきたいような哲学的思考にも出会えました。

        また読み返したい。
        何度も読んでやっと腹に落ちる時が来る
        そんな気がする。

        これ、コミックがあるんですね!?
        主人公は異なるようですが、シュレ猫は出てくるよう。
        そちらも読んでみよう。
        >> 続きを読む

        2019/04/26 by ∵どた∵

      • コメント 2件
    • 4人が本棚登録しています
      隠れていた宇宙
      カテゴリー:恒星、恒星天文学
      3.5
      いいね!
      • 宇宙論の本を固め読みしたおかげで、超弦理論、膜理論、カラビヤウ空間、11次元時空間などの専門用語はだいぶ耳慣れてきたが、この本にはぶっ飛んだ。いろいろな種類!の並行宇宙を論じている。空想科学小説の世界とばかり思っていたが、真面目な科学の世界になっていたのか。脳みそが一瞬で時空間を飛び越えた。 >> 続きを読む

        2015/09/06 by Starflight

    • 2人が本棚登録しています
      なぜ「科学」はウソをつくのか 環境・エネルギー問題からDNA鑑定まで
      5.0
      いいね!
      • なぜ「科学」はウソをつくのか。竹内薫先生の著書。ウソをつくのは科学ではない。ウソをつくのは科学者や研究者であり、ウソをつくのは人間。嫉妬心や功名心、自己利益のために平気でウソをついたり他人の研究を邪魔したりする科学者や研究者は、科学者失格、研究者失格であると思います。 >> 続きを読む

        2019/07/19 by 香菜子

    • 1人が本棚登録しています
      ねこ耳少女の量子論 萌える最新物理学
      カテゴリー:理論物理学
      2.0
      いいね!
      • タイトルは『量子論』を提唱したシュレディンガーによる猫の机上論とダジャレを掛けている。
        物語を織り交ぜながらの量子論を説明した漫画。入門の入門なので、もっと深く量子論を学びたい人とってはかなり物足りない。気軽に読む程度。
        >> 続きを読む

        2011/03/08 by masakazu_s

    • 1人が本棚登録しています

【竹内薫】(タケウチカオル) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

H2