こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


小出裕章

著者情報
著者名:小出裕章
こいでひろあき
コイデヒロアキ
生年~没年:1949~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      原発のウソ
      カテゴリー:発電
      4.5
      いいね!
      •  原発について分かりやすく解説。説得力あります。
         原発は高コストだとか、原発を使わないでも電力は足りているとか、原発にこだわったために日本のアルミニウム製錬業や太陽光発電の技術が廃れてしまったとか、色々引用したいのですが、量が膨大になってしまいます。
         一言でまとめると、原発を動かすと、原子力ムラという特定のムラの住民が儲かるので無理をして動かしているということです。
         つまり、原発とは、99%の被支配層が1%の支配層を支えるという格差社会の象徴のようなものです。
              
         99%対1%ならば、選挙になれば、99%が勝つなんて単純なものではありません。
         民主主義による選挙は、平等に一人一票の価値があるわけではありません。
         資本と権力のある人々は、大きな影響力を行使できます。それは、原発推進の広告であったり、御用学者や御用マスゴミを使った洗脳工作です。
         或いは、2ちゃんねるに入り浸って廃人になったようなネトウヨ達を大量に集めてネット工作員を使うこともできます。
         一見、脱原発派が多数派のようでも、選挙の結果や現実の政治という段階になれば原発推進派の思うがままになるトリックです。
         しかし、仮にも民主的社会である以上、我々心ある一般庶民は原子力ムラのやりたい放題を見過ごしていていいのでしょうか。
         本書のような本を読んで真実を知り、マインドコントロールを脱しなければなりません。
         また、小出裕章さんのような良識的な専門家の著書を買って応援するべきでしょう。
         間違っても、原発推進御用学者や御用マスゴミにお金を出してはいけません。
                
         なお、本書は、Febeからオーディオブック版も出ています。
           http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160725/p1

        >> 続きを読む

        2016/07/25 by 荒馬紹介

    • 3人が本棚登録しています
      人形峠ウラン鉱害裁判 核のゴミのあと始末を求めて
      カテゴリー:原子力工学
      4.0
      いいね!
      • 『人形峠ウラン鉱害裁判 核のゴミのあと始末を求めて』
        (土井淑平/小出裕章 批評社)読了。

        核燃料サイクル機構の前身が動燃、そのまた前身が原子燃料公社。
        この原子燃料公社時代、鳥取県と岡山県の県境に位置する人形峠
        で発見されたウラン鉱床の採掘が行われた。

        アメリカのアイゼンハワー大統領が「Atoms for Peace(平和の為の
        原子力」を言い始めてから、日本でもかの中曽根康弘が無理くりに
        予算をつけて原子力発電所推進の旗を振った。

        原子力発電の推進は国策である。海外からの輸入ウランに頼らず、
        国内でウラン鉱石が出ればめっけものである。人形峠のウラン鉱床
        には大きな期待がかけられた。

        しかし、掘り出されたイラン鉱石は到底、採算に見合うものではな
        かった為、採掘は早々に中止された。

        原子燃料公社と、その後の動燃が後処理をきちんとしておけば問題
        はなかったのだろうが、ウラン鉱石を含む残土を長年放置した為に
        地元住民との間に残土撤去を巡っての訴訟が起きるまでになって
        しまった。

        本書では残土撤去を求めて立ち上がった地元住民や市民団体の動き、
        何度も約束を反故にして来た原子燃料公社及び動燃の無責任さを
        詳らかにしている。

        原子力発電所から出る使用済み核燃料が「出口のゴミ」なら、原子力
        発電に使用されるウランは「入口のゴミ」である。出口と入口の違い
        はあるが、最終的に「核のゴミ」をどうするかの問題は、未だに先送
        りになっているのではないか。

        どこの自治体だって「はい、うちが最終処分場を提供します」なんて
        言い出さない。仮処処分場の候補地がどうのこうのと言うけれど、
        これまでの日本の原子力政策を振り返ると、それが本当に「仮」なの
        か、信用できないのだ。

        国策企業を相手に残土の全量撤去を求めて闘った人形峠の人たちの
        憤りは伝わって来るし、原子燃料公社とそれを引き継いだ動燃の
        欺瞞・誤魔化し・データ隠しには呆れるほかない。

        本書では片山善博氏が知事になってから鳥取県の全面バックアップを
        受けて訴訟が起こされるまでになっているが、2004年に最高裁で撤去
        命令が出されている。

        ただ、この残土を焼しめたレンガが日本各地に散らばったことが気に
        なっている。そういや、ウランを含んだ焼物やガラスもあったよな。
        あれって使用しても人体に影響はないのだろうか。
        >> 続きを読む

        2018/09/01 by sasha

    • 1人が本棚登録しています
      原発と憲法9条
      カテゴリー:発電
      5.0
      いいね!
      • 平易な言葉で、わかりやすい。
        基本的な疑問として持っていたことが書かれていた。
        なぜ、首都圏に原発を作らないのかということ。
        それはそれとして、この国の権力の中枢にいるといわれていいる人たちの使う言葉の、究極のわかりにくさの理由もわかったかな。
        >> 続きを読む

        2014/08/11 by けんとまん

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています

【小出裕章】(コイデヒロアキ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚