こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


福田和也

著者情報
著者名:福田和也
ふくだかずや
フクダカズヤ
生年~没年:1960~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      作家の値うち
      カテゴリー:日本文学
      2.0
      いいね!
      • つけた点数はどのように判断してのものなのか、きちんと書かれていないのでよくわかりませんでした。文体なのか、話の筋なのか。おそらく総合的に見てのことだと思うのですが。
        村上春樹はどの作品もほぼ70点以上と高評価で、『ノルウェイの森』が面白くなかった私にとっては疑問でした。だってあの作品、登場人物が簡単に死んでいくし、主人公ヤリチンだし(´・ω・`)
        私が表面的にしか読んでいないのかなと思いつつ、他の作家の評価を見てみると……なんと!
        どの作品も20点以下という、最低評価をつけられた作家がいました。29点以下はこの本では「人前で読むと恥ずかしい作品。もしも読んでいたら秘密にした方がいい」とされています。
        その作家は船戸与一という方で私も読んだことはないのですが、作品の一か所として自分の足で立っていないと酷評され、その評価も短く適当なものでした。
        たとえば『山猫の夏』の評価は「ブラジルを舞台にした飼いならされない人々の物語」
        『かくも短き眠り』に至っては「こんどはルーマニア」としか書かれておらず、いい加減な印象でした。
        >> 続きを読む

        2019/06/15 by May

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      悪女の美食術
      カテゴリー:食品、料理
      4.0
      いいね!
      • 談社のエッセイ賞受賞作品ということで読み出した本。

        悪女の美食術と、女性の為のグルメ本と思いきや、
        途中からは、作者である福田和也さんの食へのこだわりが満載。

        女性向きの美味しいお店の紹介、ちょっとしたマナーの手ほどき本ではなく、
        食べることの大事さ、妥協しない食事。

        単にお腹を満たすだけの食事では、人生にとって淋し過ぎる。
        読めば読むほど、手軽で美味しいといっている女性陣への挑戦状のような本。

        食べる道で、食道。食べることをおろそかにするというのは、
        生きることをないがしろにするということ。

        食と恋への貪欲と快楽への謙譲が、何よりも肝要だと・・・。

        男のこだわりは、こんなもんだと依怙地なぐらい食べることにこだわった本。

        普通、食に関する本は読むにつれて、なにがしろ食べたくなるもんですが、
        読めば読むほど、食べる前に、おのれの生き方を考えさせられる不思議な本でおます・・・。
        >> 続きを読む

        2013/05/19 by ごまめ

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      人間の器量
      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.0
      いいね!
      • 帯に書いてあるのを、そのまま紹介すると

        「能力があるか、ないか。 いい人か、悪い奴か。
        その程度の事で、もて囃されたり、貶められたりする。
        人物観の平板さが殺すのは、人材だけではない。
        人を単純に切ったり、持ち上げたりする人は、自分にたいしても、
        そういう見方しかできなくなってしまってしまう。
        自らの心と資質は、測りがたい。
        善悪、良否の敷居をこえてしまうような人間観、
        その物差しとしての器がある。」

        器量を培う道、その素地として大切なことは、
        一、修行をする
        二、山っ気をもつ
        三、ゆっくり進む
        四、何ももたない
        五、身を捧げる

        残された少ない人生ですが、一回りでも器を大きくすべく、
        遅まきながら、実行したいですな・・・・・。
        >> 続きを読む

        2018/11/21 by ごまめ

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています

【福田和也】(フクダカズヤ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本