こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


角田光代

著者情報
著者名:角田光代
かくたみつよ
カクタミツヨ
生年~没年:1967~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      八日目の蝉
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 角田光代さんの作品を読むのはこれが3冊目となる。
        心の揺らめき、歪み、そんなちょっとした何気ない、自分には気にも止めないような心の微動。風景の騒めきを角田さんは丁寧に紡ぎ出す。
        誘拐犯として罪を背負いながら薫を愛し、逃げて逃げて、1分でも長く薫と共に過ごしたいという希和子の母性。
        人は幸せを追い求める命だと言うことを希和子の母性から滲み出て感じる。
        人それぞれが求める幸せのカタチ。
        登場人物それぞれの幸せを求めるカタチが歪な形を帯びて絡み合う。
        身勝手だったり欺瞞に満ちていたり。
        なのにそれぞれが加害者で被害者であるのがこの小説の面白いところだ。
        時に傷つけ傷つけられ、儚い幸せの瞬間瞬間に悲哀の念を感じる。
        綴られる風景と時間。登場人物の心の反芻。衝動に人間の血液の様な温かみを感じる。
        >> 続きを読む

        2020/01/06 by masahiro

    • 他14人がレビュー登録、 68人が本棚登録しています
      対岸の彼女
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね! KEMURINO
      •  「そんなとこにあたしの大切なものはないし。」とナナコは言う。「100人の友達を作るよりも一人でいても大丈夫だと思える何かを見つける方が大切。」と葵は言う。でも、その「大切なもの」「一人でいても大丈夫だと思える何か」を一緒に見てくれる人は、もちろん多くでなくていいけれど、いてほしい。立場の違いなどから、人を対岸に押しやってしまうことがあるけれど、川岸を一緒に歩める人は、やはり必要かなと思う。葵にとって小夜子がそうなっていくのかなと思った。
         ナナコに会わせてくれたお父さんが背を向けて立っている姿にジーンときた。
        >> 続きを読む

        2021/05/02 by よんよん

    • 他11人がレビュー登録、 39人が本棚登録しています
      さがしもの
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね! linarosa
      • 本に関する短編集。
        読後は爽やかな気持ちになりました。

        2020/02/08 by mirio3

    • 他8人がレビュー登録、 24人が本棚登録しています
      彼女のこんだて帖
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね! KEMURINO
      • 素晴らしい構成力、角田光代さん凄い。
        料理それも「作ること」に特化した連作短編小説集で、前の話で脇役だった方が、次の話では主人公に・・・またその話で脇役の方が次の話で主人公へと数珠つなぎに。

        誰もが脇役と思える方も実は主人公、すべての方に物語があり、この世で生きる限り、ひとりひとりの物語がある。

        「食べること」、「つくること」、大切、毎日の食事の中に生きるこだわりがある。
        最後に各小説出ででてきた料理が写真付きで「ストーリーに登場するごはんの、おいしいレシピ」として紹介されている。

        でも、何でもない展開なのに、各小説の最後の場面で、ほろりとさせられます
        歳とって、涙もろくなりましたな・・・困ったもんです。
        >> 続きを読む

        2020/11/13 by ごまめ

    • 他7人がレビュー登録、 18人が本棚登録しています
      空中庭園
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 妻、夫、娘、息子、妻の母、夫の愛人で息子の家庭教師となった女の6人の視点から語られる家族の物語。表面上は一般的なのに、とても奇妙な家族の物語。

        直木賞の候補作品となったらしい。ちなみにこの時は受賞作なし、とのこと。

        書評によると、複数の人間からの視点でここまでリアリティを持って書けるというのはすごいことらしい。さすが角田光代、というものらしい。
        そうなのかもしれないが、私は読後何の感想もなかった。良い読書でもなかったし、時間を損したとまでは思わないけど、感想、特になし。好みの問題だと思う。しかし、この夫、アホだな・・・あ、感想、あった(笑)
        >> 続きを読む

        2021/10/14 by URIKO

    • 他5人がレビュー登録、 17人が本棚登録しています
      森に眠る魚 (さかな)
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! masa920 Tukiwami
      • 女の「いやらしいところ」を書かせたら林真理子の右に出る者はいないと思っていたんだけど、角田光代さんがいたかー。ただ、林真理子が「女って…」とマイナスの感慨が残るのに対して、角田光代さんは同じように「女って…」と思いつつ、謎に読後感はポジティブなのがすごい。 >> 続きを読む

        2020/01/11 by 室田尚子

    • 他5人がレビュー登録、 16人が本棚登録しています
      愛がなんだ
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね! minase86
      • 200ページ強の恋愛?小説。

        データ入力作業を主とする企業の正社員として働く28歳の山田テルコは、友人が開催したパーティーで出会ったマモちゃん(田中守)に惚れこんでいる。しかし出会って五カ月が経過して肉体関係もありながらテルコと守は恋人関係ではなく、テルコの一方的な片想いである。守と出会って以来は生活のすべてがマモちゃん一色になったテルコは、守からの呼び出しに備えて同僚との付き合いや業務もおざなりになっている。テルコの第一の友人である気の強い葉子は、そんなテルコの身に起きた変化を知るにいたり、テルコは「都合のいい女」でしかなく、葉子から見て何の魅力もない守とは別れるようにテルコに迫る。そんな友人のアドバイスにも一切動かされることなく、守を恋い慕う気持ちの揺るがないテルコだったが、守のわがままに振り回されるうちに窮地に陥る。

        主人公は山田テルコだが、おそらく作者はそもそもテルコが読者に共感を寄せられることを意図していない。作中のテルコの様子や学生時代のエピソード、過去の恋愛遍歴をみると、悪く言い切ってしまうとテルコは相当に愚鈍で魅力のない人間である。そしてそんなテルコが惚れている守にしても、身勝手で小物で、テルコ以外からみた外見も悪く、これといって見どころのない男である。そのような状況は作品の序盤からほぼ明白なため、読み始めはテルコや守に対しての嫌悪感だけが際立って不快だった。ただ、読み続けるうちに、こと守に関しては狂的な行動をみせるテルコの動機が何であるのかが気になっていった。そして、核となるテルコ・守をはじめとする多くの若者たちの言動からうかがえる彼らのダメさ加減の描写がリアルで巧みに描かれている。『対岸の彼女』と本作しか読んでいないが、作者は人間の痛々しさを描くのがうまい。

        タイトル『愛がなんだ』の言葉は終盤のテルコの独白につながる。ここで描かれているのは恋や愛なのだろうか。やはり、それとは別のなにかにみえる。もしくは恋愛自体がもともとそのようなものなのだろうか。テルコとは対照的に、母親の生き方への憤りもあって男を従わせることに固執する葉子も、行動のベクトルはテルコとは真逆であっても本質は同じだろう。最近読んだエーリヒ・フロムの『愛するということ』を思い返した。
        >> 続きを読む

        2021/08/15 by ikawaArise

    • 他4人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      キッドナップ・ツアー
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • 特別ドラマか映画かは分からないが、妻夫木聡さんがお父さん役で映像化されていた。
        またまつけたテレビで最後の五分程度を見ただけだったが、すごく印象に残り、本書に行き当たった。

        大きな波はないし、あやふやなまま話が終わってしまうけど、どこか心が暖かくなる。そんな本。

        親子もそうだけど、人と人が分かり合おうとする姿は心が動かされる。

        ちょっと、映像も探してみよう。
        >> 続きを読む

        2018/05/19 by 豚の確認

    • 他4人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      八日目の蝉
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! tadahiko masa920
      • 先日テレビで映画版を見た。永作博美が秀逸だった。原作の記憶がなくて手にとったらどうやらうっかり読みそびれていたことが発覚。角田ファン失格(笑)。深夜0時から読み始め、明け方4時半まで一気に読んでしまった。噂には聞いていたが、圧巻。

        映画と原作を比較することはナンセンスでもあるけど、映画に感動した人は、ぜひ、恵里菜の母親や妹や恵里菜自身の内面が描かれた原作の方も読んで欲しいな思った。

        また、私自身は、映像や音楽や俳優の声で物語を与えられるより、活字だけの世界で縦横無尽に自分で想像するほうが、圧倒的に好きなんだろうなと実感もした。

        角田さんは、「紙の月」でも犯罪を扱っているが、どちらも罪を犯す人物の方に読み手が気持ちを吸い寄せられる、そのベクトルみたいなものが私は好きだ。

        >> 続きを読む

        2016/03/06 by umizaras

      • コメント 2件
    • 他4人がレビュー登録、 34人が本棚登録しています
      対岸の彼女
      カテゴリー:小説、物語
      3.1
      いいね! masa920
      • 第132回直木賞受賞作。一児の主婦で就職先を探していた小夜子と偶然出身大学が同じだった女社長葵のダブルキャスト。小夜子は葵の会社に新事業として立ち上げるお掃除代行のスタッフとして入社する。小夜子は人見知りの娘を保育園に預けながら必死に仕事に打ち込む。一方、葵には高校時代友人関係に悩み、親友ナナコとの駆け落ち?をした過去があった。2人がどのような関係になっていくのかが気になって読み進むことができた。それにしても女性同士の関係は何故こうも陰湿感を感じさせるのだろうか。 >> 続きを読む

        2017/11/24 by konil

    • 他4人がレビュー登録、 17人が本棚登録しています
      紙の月
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 女性がつく主婦業に鬱屈している現代らしい物語。
        だからこそ女性は働きに出るわけで、欲望や衝動は時に理性の歯止めが利かなくなる瞬間が描かれている。

        結婚して幸せいっぱいの主婦業をしていた梨花だが、次第に退屈な日々に。
        働き始めることを決めたのは銀行の行員。
        そこで顧客の勧誘を受け持ち、次第に仕事は軌道に乗っていく。

        冒頭から金を持ち逃げしたことを明かしており、いかにしてこのような事態になったのか。

        大金を見ると夢想するというが、そのまんま行動に移してしまった場合、悲劇しかないことが分かる。
        ただ反省やその後を見せずに留まっているのは、夢の終わりを見せないためなのかも。
        ひと時の夢は醒めないでくれと誰もが思うものだから。
        >> 続きを読む

        2019/09/22 by オーウェン

    • 他4人がレビュー登録、 16人が本棚登録しています
      人生ベストテン
      カテゴリー:小説、物語
      2.8
      いいね!
      •  短編集が少し苦手なので結構時間をかけながら、ゆっくり読みました。角田さんの書く恋愛は大好きです。

         人生のベストテン。私は今年の春から大学生になりますが、人生のベストテンの出来事を考えることは今までありませんでした。中学生の頃に経験した寮生活、難病にかかっていたこと、通信制の高校を最短で卒業できそうなこと、何度も繰り返す失恋、十年以上続いている保育園からの友達との文通。
         いろいろ思い出してみても、18年間だけで相当濃い人生を送っている気がして嬉しくなります。充実している気がして。別に濃いも薄いもないはずなんですけど、これは自己満ですね! ベストテンを決めるのが難しいほど、楽しかったり辛かったり面白かったりしたなぁと思わず振り返ってしまいました。
         本の感想とはかけ離れてしまいましたが、小説を読むことで自分と向き合うきっかけになる気がします。

         個人的には最後の「貸し出しデート」が1番好きでした。全体的に「ドンマイ」「ナイスファイト!」と言いたくなる話が多かったです。
         「夫の前で、一度だってこんなふうに泣いたことはあったっけ。あのとき、夫が困惑の表情を一瞬見せたとき、おめでとうくらい言えと、私はなぜ泣かなかったのだっけ。(P277、258)」という言葉がすごく刺さりました。
         人に素直になるって難しいですよね。怒ったり、泣いたり、人前でそういう感情を出せる人ってすごいなぁと思います。私は映画館でも涙をこらえてしまうタイプ(感動はしてる)なので、うらやましいな〜と思ってしまいます(笑)年をとったら涙もろくなるのかな? 感情豊かになれるのなら、すごく素敵なことですよね。
        >> 続きを読む

        2021/03/03 by minase86

    • 他3人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      かなたの子
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 短編集なのだが、どれもこれもひたすら恐ろしかった。次第に、タイトルの意味が分かってくると、さらに恐ろしくなる。ほとんど私にはオカルト的な恐怖。作者の想像世界の凄まじさよ。1日一編にしておかないと、心身に影響が出そうでした。合掌。
        >> 続きを読む

        2015/06/21 by umizaras

      • コメント 1件
    • 他3人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      ツリーハウス
      カテゴリー:小説、物語
      4.7
      いいね!
      • 第二次世界大戦前、根無草のように満州に渡った泰造とヤエ。そこからはじまる藤代家の軌跡。
        今いる場所よりもっといい場所があると信じ、深く考えもせずそこを目指し、けれど思い描いたようなものが手には入らず落胆を繰り返しながら、でも、今日を生きる親子三代の物語。

        故郷を捨て親を捨て逃げて逃げて生き延びて、そんな方法でしか時代に抗うことを知らなかった泰造とヤエ。
        逃げることしかできなかった両親の人生を貶んで、結局自分も逃げて生きる息子慎之輔。
        世間一般の家族と違う藤代家の違和感を「我が家は簡易宿泊所のようだ」と気がついた孫の良嗣。
        その良嗣が祖父母の半生がなぜ満州で二人が出会ったのか、家族のルーツに気になり始めたところから物語が急展開してゆく。

        親子三代それぞれ一人称の視点で語られるこの世界は生々しい。
        そして角田光代さんの丁寧な心象描写が、あたかも自分(読者)がその時代を生きているかのようなリアリティーを感じる。

        「未来って昔みたいだったらいいなって思うことがあるんだ。前に前に知らないところに進むんじゃなくて、知ってる方へ進んだらいいなって。。」
        逃げることしかできない家族の中でたった一人、逃げることができなかった基三郎の言葉が心に響く。

        そして最後に一つの疑問。
        角田さんはなんでこのタイトルを付けたのだろうか?
        >> 続きを読む

        2021/03/14 by masahiro

    • 他3人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      くまちゃん
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • ふられる人が主人公の失恋短編集。
         
        前のストーリーでふった人は、
        次のストーリーではふられる主人公となり、
        それぞれ恋が終わっていく頃には
        なんらかの到達点にたどり着いている。
         
        失恋の話だというのに常に終わり方が清々しい。
         
        各主人公の年齢が20代〜30代後半なので、
        必然的に恋愛と仕事が絡み合うのも
        物語に入り込んでしまう要素かもしれない。
         
        「成功」とは何なのかを追い求めているのが
        隠れテーマとしてあるようだった。
         
        一番最初の「くまちゃん」の主人公だった女性が、
        最後の方の「光の子」で再登場した時には
        「成功」について答えが出ていたことに安心する。
        ふられたからこそ、それを乗り越えたからこそ、
        霧が晴れたように見つけられたんだろうな、と。
         
        角田さんの小説はしばらく恍惚から抜けられない、
        中毒性をはらんでいる面白さがある。
        >> 続きを読む

        2019/01/28 by NOSE

    • 他2人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      異性
      4.0
      いいね!
      • 角田光代と穂村弘の往復書簡。
        男と女の認識の違い。そこから生じる勘違い。
        ふたりのやりとりが面白すぎて、読み終わるのが惜しかった。
        なんとなく、男女間のもやもや感じていたことが、文章でスパッと書かれていて、ほんとスッキリ!
        私はもう恋愛しなくていい立場なんだけど、恋愛中にこの本に出合っていたら、冷静にふんふんと男を見ることが出来たかも。
        …なーんてことないか。
        >> 続きを読む

        2015/11/02 by shizuka8

      • コメント 3件
    • 他2人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      曾根崎心中
      カテゴリー:小説、物語
      3.2
      いいね!

      • 息もつかせぬ、という言葉が思い浮かんだ。ひどく熱を帯びた読書体験となりました。

        この角田光代の「曽根崎心中」は、著者初の時代小説だ。
        タイトルからもわかるように、この作品は近松門左衛門の原作を下敷きとしている。

        いつも著者の新作を読む時には、それが角田光代の小説であるということを、随所で確認するように味わっていくのだけれど、今回はそうではなかったですね。

        作者が誰であるとか、原作が江戸時代のものであるとか、そうした背景はどこかに置き去りにしたまま、ただ目の前にある物語に魅了され、取り憑かれたようにページを繰っていきました。
        だからといって、角田光代の小説としての意味が薄れているわけではないのが、やはり凄いところだ。

        流れるような文章も、繰り返されるフレーズのもたらす独特なリズムも、間違いなく彼女にしか書けないもので、読後に残る充足感は、紛れもなく、彼女の小説に触れた時の感覚だ。

        ストーリーだけを取り出してみれば、シンプル過ぎるとも思えるほどの恋愛小説なんですね。
        遊女であるお初と、醤油問屋の手代である徳兵衛が恋に落ちる。

        結婚を誓い合っていたのだが、友人に裏切られたことで借金を抱え、行く先のなくなった徳兵衛に対し、ともに死ぬことを決意するお初。
        二人は曽根崎の森で心中することとなる。

        それでも、このシンプルな物語には、紛れもない生々しさと温度が存在している。
        実際の事件を下敷きにしているからといった単純な理由とは別だ。

        鳥の鳴き声も、女たちのたわいない会話も、まるで実際に自分がそこにいて聞いているかのように錯覚させられる。
        女たちの、くすくすという笑い声が頭の中で響きわたる。

        とにかく、この小説は何もかも圧倒的だ。生も死も悲しみも嬉しさも、あらゆるものが渦巻いて、静かに遠ざかる。
        恐ろしく美しい小説だ。その恐ろしさも美しさも、恋そのものなのだ。

        >> 続きを読む

        2018/11/21 by dreamer

    • 他2人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      ピンク・バス
      カテゴリー:小説、物語
      2.5
      いいね!
      • 何者かになろうとする何者でもない若者の話。

        こういう面、わたしも持っているな。と思い恥ずかしくなる。

        妊娠中の不安定な気分と、それを差し置いても無神経な義姉と夫。でも他人と一緒になるってそういうことだよなぁ。
        >> 続きを読む

        2016/09/12 by lilli

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。
      4.5
      いいね!
      • エッセイだが、面白かった。原田宗典の女性版といった所か。(原田さんの作品のファンで、違うわ!という人がいたらごめんなさい)。でも、しょうもない事を、よくもここまで膨らませて話を面白くできるものだ。庶民的というか、赤裸々というか、ちょっと人には隠しておきたいハズカシ~って事も面白おかしく書いてあり、夜中に大爆笑。 >> 続きを読む

        2017/05/02 by チルカル

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      恋のトビラ 好き、やっぱり好き。
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 恋の始まりってやっぱりいいなぁって感じるお話でした。
        恋がしたくなります!

        2017/05/30 by asa_chann

    • 他1人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています

【角田光代】(カクタミツヨ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本