こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


沢村凛

著者情報
著者名:沢村凛
さわむらりん
サワムラリン
生年~没年:1963~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      瞳の中の大河
      カテゴリー:小説、物語
      3.3
      いいね! atom
      • キラキラピカピカしたファンタジーではないけど、どっしりした血肉を感じる、まさに歴史大河だった。アルスラーンとか昔のロードスとか、そういう感じ?何が起こってもおかしくない(都合の良いハッピーマニュアルはない)雰囲気に、いい意味で緊張して読めた。
        作内の恋愛事情も、こんな境遇のヒロイン…こんな性格の主人公…と、半信半疑でおってるうちに、こういう関係もあるんだなあと、ひどく唸らされた。
        面白かった!久しぶりに勘で手にしてアタリにあった!大満足な一冊。
        >> 続きを読む

        2017/10/28 by すしゆき

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      黄金の王白銀の王
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 大きな目標があって、それを成し遂げられるかが、派手なことはなく描かれている。
        会話や登場人物のキャラで盛り上げたりすることは一切なくて、骨太な話。
        でもそこが魅力!登場人物たち一人一人がすごく平等に扱われているから、本筋、テーマに、読み手も真摯に取り組まざるを得ない。
        登場人物みんなの個性や魅力もたっぷりあるから、物足りなくも感じるけど、そこは彼らに愛着を感じて、想像する楽しみの余地が盛りだくさんだと思えば、むしろ本編は潔し!
        この作者さんを追いかけようと決めました!
        >> 続きを読む

        2017/11/01 by すしゆき

    • 5人が本棚登録しています
      最後の恋 つまり、自分史上最高の恋。
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 色々な「最後の恋」をつづったアンソロジー。全体的には読んでいて感情が激しく揺り動かされるとかそういう類いの話はあまり無く、淡々として誰でも経験をしていそうな共感を持つ恋愛話が続く。その中でも印象に残ったのは、女性は見かけによらないなという感想を持った「海辺食堂の姉妹」、結末が予想の斜め上を行き唯一「???」となった「わたしは鏡」。「ヒトリシズカ」は切ない。感想はこんなところです。 >> 続きを読む

        2016/05/31 by おにけん

      • コメント 2件
    • 8人が本棚登録しています
      ディーセント・ワーク・ガーディアン = The Decent Work Guardian
      カテゴリー:小説、物語
      1.0
      いいね!
      • 大したインパクトがなく、心情の変化もない。
        推理小説っぽいところもあることはあるが、面白くない残念な印象です。
        トッカンの方をオススメしたい。
        >> 続きを読む

        2016/11/29 by がーでぶー

    • 2人が本棚登録しています

【沢村凛】(サワムラリン) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本