こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


安次嶺佳子

著者情報
著者名:安次嶺佳子
あじみねけいこ
アジミネケイコ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ただマイヨ・ジョーヌのためでなく
      カテゴリー:相撲、拳闘、競馬
      4.0
      いいね!
      •  本書は自転車競技における世界最高峰といわれる
        ツール・ド・フランスで前人未到の7連覇という
        偉業を成し遂げたランス・アームストロングの自伝です。

         その実績だけでもとんでもないのですが、
        彼の物語を忘れがたいものにしている もう一つの要因は、
        彼が癌からの生還者だということでしょう。

         原題は”It's Not About the Bike”
        自転車についてのことじゃない。
        ここからも彼の信条が感じられます。

         翻訳版の題名に出てくるマイヨ・ジョーヌとは、
        3週間にもおよぶツールを戦う選手たちのうち、
        一番速い選手に与えられる栄光の黄色いウェアのことですが、
        とてもよく内容を伝えていると思います。

         「癌こそ自分の人生に与えられた最良のものだ」
        「僕のツールでの勝利は、一種の象徴なのだ。
        癌を乗り越えることができるだけでなく、
        そのあとでもっとより良い実を結ぶことができるという証拠なのだ。」
        という言葉に彼のメッセージが凝縮されているように思います。

         本書の内容の大半は非常に攻撃的で奔放な
        ランス・アームストロングという一個人の生活の記録ですが、
        ところどころに人生の真実を感じさせる記述があります。

         私は癌になったことはありません。
        だから彼の行動や彼の言葉が
        本当に癌に悩む人たちを勇気づけるかは分かりません。
        ですが、人生をよりよく生きようと願う人には
        参考になる一冊だと思います。

        ----------------------------------------------------------------------

         2008年に本を読み終えた後に
        ドーピング問題が発覚し「永久追放」宣告を受けてしまったことは
        残念な出来事でした。
        >> 続きを読む

        2015/02/01 by kengo

    • 1人が本棚登録しています

【安次嶺佳子】(アジミネケイコ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

維新の椿 大高又次郎の生涯