こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


実業之日本社

著者情報
著者名:実業之日本社
じつぎょうのにほんしゃ
ジツギョウノニホンシャ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      運命を拓きゆく者へ 理想を携え、道は一歩ずつ
      カテゴリー:人生訓、教訓
      5.0
      いいね!
      • 新渡戸稲造のいくつかの著書から要所を抜粋した本で、とても良い本だった。
        平明な文章でありながら、非常にためになる、深い内容の本だと思う。
        たぶん、だいぶ前にどれも読んだことがある文章がほとんどだったとは思うのだけれど、あらためてとても心にしみ、繰り返し読みたくなった。


        「意志は人なり」
        「大綱を決める」
        「節のない竹には力がない」

        などの言葉は、あらためてはっとさせられる。

        「自分は何をしたら一番自分の心を満足させられるのか」、つまり「自分は何のためにこの世に生きるのか」ということをしっかり考えること。
        黙想の時間を大切にすること。
        標準書を定めて、他はその参考書として本を読むこと。
        胸襟を開いて人と語り、気取りを捨て、壁をつくらず、よく思われようとしないこと。
        などなど、あらためて大切なことと思った。


        「自己の成長と、世でいういわゆる成功とは、 稀には合致するが、多くの場合は相いれない。
        なぜなら、立身出世の標準は外部に求められるが、自己の成長は各自の内部の経験に基づくからである。」

        という言葉も心に残った。

        多くの人にお勧めしたい、人生の糧となる本だと思う。
        >> 続きを読む

        2014/02/05 by atsushi

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています
      写実画のすごい世界 限りなく「本物」な女性たち
      カテゴリー:洋画
      5.0
      いいね!
      • 【なんだこりゃー!!】
         いや、タイトルに偽り無しです。本当にすごい!
         サブタイトルは、「限りなく『本物』な女性たち」なんですが、まさに「本物」ですよ。
         超リアルな女性の肖像画が並んでいます。

         最初、パラパラ見た時、「え?これが絵? これは写真でしょ?」と思ってしまったのですが、その後じっくりページをめくり、解説を読んでみると、まさしくそれが絵だったのですよ!
         嘘~! 信じられな~い! の世界です。

         中には、(おそらく敢えて)絵のタッチを残している作品もあって(それでも十分すごいんですけれどね)、それは絵だと納得できるのですが、未だにどうしても納得できない作品もあります。

         例えば、島村信之さん、石黒賢一郎さん、五味文彦さんなどの作品は、どう見ても写真にしか見えません!
         五味さんの作品なんて、敢えてコラージュっぽくしているんですが、その切り取られた断片がちぎり取った写真にしか見えないんですよぉ。

         実物でもこう見えるのかしら? 是非実物を見てみたい!と思ったら、本の中に、このような作品が見られる美術館ガイドがありました。
         このような写実画専門の美術館としては、千葉にある「ホキ美術館」というところがあるそうです。
         これはいつか行ってみないと!

         いや、本当にすごいので、これは皆さんにも見て驚いていただくほかはありませんね!
        >> 続きを読む

        2019/09/06 by ef177

    • 2人が本棚登録しています
      東京ぶらり自転車散走
      カテゴリー:日本
      2.0
      いいね!
      • あまり使い物にはなりませんね。

        2011/03/30 by yasuo

    • 1人が本棚登録しています

【実業之日本社】(ジツギョウノニホンシャ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本