こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


歴史教育者協議会

著者情報
著者名:歴史教育者協議会

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      シリーズ憲法9条
      カテゴリー:外交、国際問題
      4.0
      いいね!
      • 二十世紀の平和主義についてのいろんな事例がわかりやすく子供向けに書かれていて、面白かった。

        恥ずかしながら、知らないこともいくつかあって、そんなことがあったんだととても感動させられた。

        ひとつは、そういえば小耳に挟んだことはあった気がするが、ほとんどよく知らなかった「青い目の人形」(友情人形)の話。

        二十世紀初頭、アメリカで排日移民法が成立し、日米間のお互いの感情が悪化しつつあった時に、ギューリックさんという長年日本に住んだことがあったアメリカ人の人が、日米の友好を願って、多くの人に呼びかけ、西洋人形をたくさん日本の子どもたちに送ったそうである。
        その数は、なんと一万二千体以上にものぼったらしい。

        日本の側でも感謝し、渋沢栄一らが中心になって、御礼に「答礼人形」という日本人形が五十八体、アメリカに送られ、各地で喜ばれたそうだ。

        しかし、やがて日米の関係は悪化し、ついに戦争となった。
        戦時中はとかくそういうことがあったようだが、この人形についても、焼却や破棄という方針が出されて、ほとんど燃やされてしまったそうである。

        しかし、中には大切に隠して守る人々もいたそうで、三百二十体の友情人形が、今でも日本で確認され大事に保存されているそうだ。

        アメリカでも、四十三体は無事に大事に受け継がれ、一時的に戦後になって日本に修理に出されたりしたそうである。

        ギューリックらの思いが、無にならないような世にしていかんとなぁと思う。

        また、この本に載ってて興味深かったのは、パリをナチスが占領した頃、ピカソはパリに住んでいたそうである。
        ナチスから食料と灯油を提供しようと言われたそうだが、ピカソは断ったそうだ。
        偉いもんだとあらためて思った。

        いろんな、感心する話がまだまだあるものだと思う、良い一冊だった。


        http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E3%81%84%E7%9B%AE%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%BD%A2
        >> 続きを読む

        2013/05/13 by atsushi

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      シリーズ憲法9条
      カテゴリー:外交、国際問題
      4.0
      いいね!
      • わかりやすく世界の中における日本国憲法九条の受けとめ方や、各国の平和に関する取り組みやデータ、戦争違法化の流れを子どもにもわかるようにまとめてあり、とても面白かった。

        へえ~っと驚いたのは、世界の中に軍隊を持たない国が二十九カ国もあるということ。
        そのほとんどは、ヨーロッパや南太平洋やインド洋やカリブ海の、非常に小さな国々なのだけれど、世界のうちにおよそ三十カ国も軍隊を持たない国があるというのは、なんとなくほのぼのとした気持ちになるエピソードと思う。

        また、戦争放棄を憲法で定めた国は別に日本だけではなく、イタリア憲法11条、ドイツ憲法26条、フィリピン憲法第二節、韓国憲法五条もそれぞれ定めていることや、インド憲法51条、ブラジル憲法前文も平和的解決や平和促進を定めていることなどがわかりやすく解説してあり、面白かった。

        また、ミクロネシア連邦の憲法前文というのが、詩のようで、感銘深かった。

        「海は我々を分かつのではなく、
        一つにしてくれる。
        海は我々を支えて、
        大きくたくましくしてくれる。
        いかだやカヌーで海に漕ぎ出した時、
        ミクロネシアの歴史は始まる。
        ミクロネシアの民族は、
        星の中を航海した時代に生まれた。
        世界はひとつの島なのだ、
        我々はここよりほかに祖国を望まない。
        戦争を知ったがゆえに、
        我々は平和を望む。
        分割させられたが故に、
        我々は統一を望む。
        支配されたが故に、
        自由を望む。」
        (ミクロネシア憲法前文)

        外国にはけっこう日本の憲法九条に共鳴する人々がいるようで、アメリカのオーバービーさんという人が中心になって「第九条の会」という団体がアメリカにはあり、すべての国の憲法に九条の原則を採択させようと新聞広告を出したりしているそうである。

        また、1999年にオランダにハーグで開かれた「平和のための市民会議」では、世界百カ国から790ものNGOが参加し、そこで、「公正な世界秩序のための基本10原則」というものが発表されたそうである。
        その第一目標には、「各国議会は、日本国憲法第九条のように、自国政府が戦争をすることを禁止する決議を採択すべきである。」と掲げられているそうだ。

        また、スペインのカナリア諸島にあるテルデ市には、ヒロシマ・ナガサキ広場という広場があり、そこに憲法九条の碑という碑文が建てられているそうである。

        また、核兵器を持ちこませないことを決めている非核神戸方式が、ニュージーランドにもとても大きな影響を与え、ニュージーランド非核地帯法を制定させたというエピソードもとても興味深かった。

        なお、日本の市区町村の77%は、非核平和都市宣言をしているそうである。

        最近は、安倍首相や橋下さんなどの発言により、九条は何かとても色あせた古いもので、変えた方が良いという論調が強まりつつあるようだが、何事にも一長一短あるし、いろんな視点から物事は観察した方が良いのかもしれない。
        世界の中における九条を、いろんなデータや事例に基づいてわかりやすくまとめてある本書は、その一つの参考として、とてもためになるのではないかと思った。

        なお、この本の中で、私ははじめて知って興味深かったのは、ユネスコの「わたしの平和宣言」という試みである。


        宣言の内容は以下の六つで、良い内容と思うので、私も署名した。

        http://www3.unesco.org/manifesto2000/uk/uk_6points.htm
        (このページの下の方の”sign it”をクリックすると、署名の欄が開く。)


        【わたしの平和宣言】


        わたしは、家でも、学校でも、次の6つのことを心がけ、行動します。

        1.「すべての人の生命を大切にします.」

        わたしは、生まれた国や皮膚の色、男女の違いに関わらず、すべての人の生命を大切にし、人権を守ります。

        2.「いじめや暴力をなくします」

        わたしは、自分の思いどおりにするために、言葉や力で弱い立場の人をいじめたり、暴力をふるったりしません。

        3.「思いやり、助け合います」

        わたしはボランティア活動などを通して助け合いや思いやりの心を学び、自分の時間や持ち物を人のためにも使います。

        4.「あいての身になって考えます」

        わたしは、あいての話をよく聞き、あいての身になって考えます。そして、問題が起こったら話しあいで解決します。

        5.「かけがえのない地球環境を守ります」

        わたしは、かけがえのない地球を守るために物を大切にし、地球の生き物たちが仲良く一緒に暮らせるいい環境をつくります。

        6.「みんなで力をあわせます」

        わたしは、平和な世界を作るために、いろんな人と仲よくし、みんなで力を合わせます。そのために、いま、ここで、できることから始めます。




        今日(2013年5月29日)までに全世界で、七千五百八十五万八千九百二十三人が署名しているそうである。
        ユネスコは一億人をめざしているそうだ。


        世の中、知らないことで、有意義なことが、いっぱいあるものだとあらためて思う。
        >> 続きを読む

        2013/05/29 by atsushi

      • コメント 6件
    • 1人が本棚登録しています

【歴史教育者協議会】 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚