こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


新人物往来社

著者情報
著者名:新人物往来社

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      HAPPINESS
      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.0
      いいね!
      • この本の名言をご紹介します。

        ***
        十人十色というからには、
        心の数だけ恋の種類もあっていいんじゃないかしら。
        >> 続きを読む

        2012/11/02 by 本の名言

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      挿絵画家アーサー・ラッカムの世界
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね!
      • 図書館本。
        アーサー・ラッカムが挿絵を描いた五作品を、あらすじと共に楽しめるビジュアル本。ただもう、眼福だった。

        収録されているのは、『ワンダー・ブック』『不思議の国のアリス』『ケンジントン公園のピーター・パン』『真夏の夜の夢』『ニーベルングの指環』。

        『真夏の夜の夢』は本で読んでもわからなかったシーンが、美しく幻想的な挿絵によって腑に落ちた。特に、パックのいたずらでロバの頭になった男に、妖精の女王が抱きついている場面が楽しすぎる。

        個人的に圧巻だったのは『ニーベルングの指環』で、ブリュンヒルデの美しさに魅了された。これはもう『ニーベルングの指環』を読むしかない。

        ラッカムに影響を受けた日本の童画家のなかに、初山滋氏と武井武雄氏の名前があって、ちょっと驚いた。そういわれてみれば、お二人の絵のタッチには確かにラッカムに通じるものがあるなと。


        >> 続きを読む

        2021/03/24 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      名画に出てくる幻想世界の住人たち = FANTASY CREATURES IN THE MASTERPIECES
      カテゴリー:洋画
      4.0
      いいね!
      • 図書館本。

        幻想世界の住人たちのイメージ化に貢献してきた西洋名画を収録したビジュアル本。第1章でギリシャ神話の住人たち、第2章でさまざまな神話・伝説の住人たちを描いた名画を楽しんだ。

        巨匠ルーベンスの描いたメドゥサやサテュルヌスが生々しくて、ちょっとこわい。
        ルドンの絵もいくつか収録されているが、よくわからない絵ばかりだった。

        初めて知って興味深かったのは、アラブ世界で信じられている、ジンという超自然的な存在。その説明を読んで思い出したのが、ディズニーのアニメ映画『アラジン』に出てくるランプの精ジーニー。あれは、ジンをモデルにしたものだったのか。思わず「へえぇー」が出た。

        妖精の女王タイタニアを描いたジョン・シモンズの絵が美しすぎて、眼福だった。


        >> 続きを読む

        2021/04/16 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      WITH A SMILE いつでも笑顔を
      カテゴリー:人生訓、教訓
      いいね!
      • この本の名言をご紹介します。

        ***
        正直に自分の無知を認めることです。
        そうすれば、必ず熱心に教えてくれる人が現れます。
        >> 続きを読む

        2013/06/11 by 本の名言

      • コメント 9件
    • 1人が本棚登録しています

【新人物往来社】 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本