こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


松原友夫

著者情報
著者名:松原友夫
まつばらともお
マツバラトモオ
生年~没年:1929~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ピ-プルウエア ヤル気こそプロジェクト成功の鍵
      カテゴリー:経営管理
      5.0
      いいね!
      • とても有名なトムデマルコ本。ソフトウェアの開発において一人で開発できることはとても稀です。運が良ければ数人で、運が悪ければ軍団規模の人数で開発を進める事になります。でも開発はチームで進めるものです。ではどういうチームを設計し、こまごまかじ取りし(車の運転で超完璧にハンドル回したら、以降ハンドル動かさなくても目的地にたどり着くなんてことは無いでしょ)維持、成長させていくかについてユーモアというか(これが西洋風のサーカズム(皮肉)ただちょっと行き過ぎると実は反知性主義になるのですが)笑いや共感を持てる体験談のようなものを多数交えつつ、こういうのはまずいよ、こういうのは良い方向に転がるよというケースを多数紹介している本です。気負わなくても読めて、日頃苦労してきた人であればあるほど頷けるそういう本です。
        昔、知人から歴史なんて何の役に立つのかわからないと言われたことがありますが、人は歴史から失敗に至る方法、敗着の手を学ぶことができます。あるいはこうしたら上手くいったという勝着と成りえる可能性のあるの手の参考事例も学べます。この本は過去のソフトウェア開発事例からこういった敗着の手や、もしかしたら上手く転がるかもしれない手のエッセンスをユーモアたっぷりに紹介している本です。ソフトウェアエンジニアにはとてもお勧めです。
        >> 続きを読む

        2012/11/01 by Shimada

      • コメント 5件
    • 4人が本棚登録しています
      ピープルウエア ヤル気こそプロジェクト成功の鍵
      カテゴリー:経営管理
      4.5
      いいね!
      • トム・デマルコ氏の古典的名著「ピープルウェア」。

        " 実際のところ、ソフトウェア開発上の問題の多くは、技術的というより社会学的なものである。 "

        人材活用、オフィス環境、チームの雰囲気づくりなどやりがいのあるソフトウェア開発を可能にするためのエッセンスがまとまっている。

        初版から30年近く経ち、ソフトウェア工学を取り巻く環境はソフトウェア面でもハードウェア面でも飛躍的な発展を遂げましたが、未だにこの著書で指摘される問題点に身近に心当たりがあり胸が痛い。

        近年の傑作「アドレナリンジャンキー」と合わせて定着率の低い職場のマネージャは必読です。
        >> 続きを読む

        2015/07/16 by ybook

      • コメント 2件
    • 3人が本棚登録しています

【松原友夫】(マツバラトモオ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

ユニセフの現場から