こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


水島広子

著者情報
著者名:水島広子
みずしまひろこ
ミズシマヒロコ
生年~没年:1968~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      対人関係療法のプロが教える誰と会っても疲れない「気づかい」のコツ
      カテゴリー:社会学
      3.0
      いいね!
      • 流し読みしたせいか今ひとつピンとこなかった。時間のあるとき読み直したい。

        2015/01/04 by あさむ

    • 2人が本棚登録しています
      「怒り」がスーッと消える本 「対人関係療法」の精神科医が教える
      5.0
      いいね!
      • 自分の人生の中で、あらゆる感情のうち特に「怒り」とどう向き合っていくかは重要なテーマだと思っている。

        内容はとてもまっとうなので、正直なところ根本の部分に目新しさはあまりない。しかし、読む意味がないかといえばそんなこともなかった。
        この本では怒りが起こりそうな諸々のケースと、その時に陥りがちな思考が紹介されている。確かに似たような時そういうことを考えるなぁと思いながら読み進め、それの何が問題かを客観的に振り返ることができた。
        「怒りは心の痛覚であり、役割期待のずれから生じる」
        この考えを持っておくと、怒りっぽいことに自己嫌悪を抱きがちな人は、多少生きるのがラクになるかもしれない。

        怒りも必要な感情のひとつであることを知り、自分が怒っていることを一旦は認め、その正体をつきとめ、それが妥当なのかを検証し、相手に伝えるべきことを伝え、自分の行動や考え方で変えられる部分は変える。
        結局は愚直に、当たり前のプロセスを当たり前にやっていくことしかなくて、近道はないと感じた。
        >> 続きを読む

        2015/10/20 by かえる

      • コメント 1件
    • 3人が本棚登録しています
      「本当の自信」を手に入れる9つのステップ 小さなことに左右されない
      5.0
      いいね! foolman
      • 自信が持てない人。
        自信をもってもすぐに折れちゃう人。
        人にどう思われているのか気になっちゃう人。

        そういう人に読んでほしい本です。

        とても分かりやすくすぐに読める本ですが、分かりやすいだけに心にもすっと入ってきます。

        精神科医の著者なので内容も凄く納得できます。

        もう一度読み直したいと思います。

        この本を読んで生きるのが楽になりました。

        自信というのは成功体験から得られるものだとばかり思っていましたが、そういう自信はちょっとしたことですぐに折れちゃいます。

        それよりももっと内面的な自信とはどういうものか、揺らがない自信とはどういうものかという事が書いてあり、成功体験がなくても誰でも自身って自分次第で持てるものなんだと納得しました。
        >> 続きを読む

        2014/08/05 by snoopo

      • コメント 4件
    • 4人が本棚登録しています
      なんだか「毎日しんどい…」がスッキリ!晴れる本
      4.0
      いいね!
      • kindleで読みました。

        以前にも水島広子さんの本を読み衝撃的な感動があったので、これもと思い読んでみましたが同じようなことが書いてありましたので復習になってよかったと思います。

        ところどころに可愛い女性の挿絵が入っていたので女性向けの本です。

        友人の結婚や出産で衝撃を受けます。
        それと比べて私は一体何をしてるんだって思います。

        それで苦しんでる女性も多いように思います。

        でもそれは単なる衝撃で、自分自身に何か変化があったわけでもなくただ周りの変化で心に衝撃を受けただけ。
        「人は人、私は私」

        その心の持ち方を教えてくれる本です。

        自分に衝撃を与える友人とは無理して付き合わなくて良い。
        この言葉に凄く救われた気がします。

        久々の連絡。何も言ってないのに、急にLINEで生まれたばかりの子どもの写真を送りつけてくる友人…。

        正直「え、なんで?」と咄嗟に思い…

        あぁ人の幸せを喜べない私って最低!

        と思いましたが、自分を最低だと思ってまで、その友人と付き合う必要なんてないんだと思うと少し楽になりました。

        もっと自分を大切にしよう、自分に優しくしようと教えてくれた本です。
        >> 続きを読む

        2014/09/30 by snoopo

    • 3人が本棚登録しています
      「孤独力」で"ひとりがつらい"が楽になる
      カテゴリー:人生訓、教訓
      4.0
      いいね! Moffy
      •  心に残った言葉:
        「...空を見て、『わあ、今日の空はきれいだな』と思っているときには、孤独を感じていないはずです。これは、空の美しさに心を奪われているとき、と言えますが、このとき、心は空の美しさとつながっています。」

         人の心はラジオのようだと聞いたことがあります。
         そこいらじゅうに電波が飛び散っているが、どのチャンネルに合わせ、どの電波を受けるかによって、心の感じ方が変わるそうです。
         美しいものや楽しいもの、そして一番大事なのは、自分の目標や夢とつながることなのではないかと思いました。
         目標意識を持って生きていれば、「外的」な要因でいちいちくよくよしなくなる。
         自分が本当に必要なものが分かってくる。
        >> 続きを読む

        2018/02/17 by モッフィー

    • 1人が本棚登録しています

【水島広子】(ミズシマヒロコ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

失恋バスは謎だらけ