こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


貫井徳郎

著者情報
著者名:貫井徳郎
ぬくいとくろう
ヌクイトクロウ
生年~没年:1968~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      慟哭
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね!
      • 連続幼女誘拐殺人事件を追う警視庁捜査一課長と、新興宗教、悪魔崇拝、親娘・夫婦・家族関係が絡み合って最後の最後に驚かされる切ない推理小説。
        時間軸をズラした語りが大きな衝撃を創造している。
        少し「イニシエーション・ラブ」を思い起こさせる構成。
        >> 続きを読む

        2017/09/28 by aka1965

    • 他9人がレビュー登録、 34人が本棚登録しています
      プリズム
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!

      • 小学校教諭の山浦美津子が、アパートの自室で殺された。
        胃の中からは睡眠薬が検出され、頭にはアンティークの置時計で殴られた跡があった。

        だが、状況は一筋縄ではいかなかった。
        部屋には、同僚の男性教諭から送られた箱入りのチョコレートがあり、それに睡眠薬が混入されていたのだ。

        さらに窓がガラス切りで切り取られており、侵入者が入り込んだ可能性もあった。
        また、被害者の無邪気すぎる性格は、同僚や友人の間に、さまざまな軋轢をも生んでいた-------。

        この貫井徳郎の「プリズム」は、ミステリ好きなら誰しもがわかるように、アントニー・バークリーの名作「毒入りチョコレート事件」にオマージュを捧げ、この作品に敢然と挑んだ作品なんですね。

        すなわち、意外な結末で読者にカタルシスを与えることが眼目の作品ではなく、何通りもの結末を開示していくことが狙いの作品だと思う。

        小学校の教え子から始まり、同僚の教師、元恋人、父兄といった具合に、次々とそれぞれが連関するように、推論を構築していくんですね。
        それも、アントニー・バークリーの六通りを上回る十通りも。

        そして、最後に衝撃的な推論が用意されてはいるものの、果たしてそれが真実かどうかは断定できない。

        この作品は、我々ミステリ好きの読者の参加を誘う、企みと実験精神に満ちた貫井徳郎の挑戦作なんですね。

        >> 続きを読む

        2018/05/15 by dreamer

    • 他4人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      乱反射
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!

      • 「慟哭」でお気に入りの作家のひとりになった貫井徳郎の「乱反射」を読了。

        この作品は、直木賞を逃したものの、第63回日本推理作家協会賞を受賞した、骨太の社会派エンターテインメント小説の傑作だと思う。

        強風の夜、倒れた街路樹の下敷きになり、幼児が死んだ。
        事故はなぜ起きたのか?

        受け入れを拒んだ救急外来、放置された自動車。
        犬の糞を拾わぬ尊大な老人、主婦の気まぐれな市民運動、事なかれ主義のお役所仕事-------。

        死亡した幼児の父である新聞記者が、ひとり真相を訪ね歩く。
        そして、彼が辿り着いたのは、人々のエゴの"乱反射"が幾重にも重なり合った、理不尽な現実だった-------。

        嫌な話の前半、考えさせられる後半という構成が実に素晴らしく、我々自身が、いつでも殺人者になり得るかもしれないというリアルさが満載なんですね。

        我々が生きるこの世界そのものの実相を、リアルに奥深く描いた、まさに現実感あふれる傑作だと思う。

        >> 続きを読む

        2018/05/21 by dreamer

    • 他3人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      愚行録
      カテゴリー:小説、物語
      3.2
      いいね!
      • プリズムに似た進行。筆者にとっては真実よりも、人物がどのような人間であるかを書き尽くすことのほうが大事なことのように感じたりする。夏原さんのような女性って小説ではよく見る(白夜行の雪穂とか)気がするが、実際に女子校などにはいたりするんだろうか。完璧な人間って怖い。 >> 続きを読む

        2018/05/15 by aki

    • 他2人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      北天の馬たち
      カテゴリー:小説、物語
      2.0
      いいね!
      • 毅志は、横浜の馬車道近くで、母親と共に喫茶店「ペガサス」を営んでいる。ある日、空室だった「ペガサス」の2階に、皆藤と山南というふたりの男が探偵事務所を開いた。スマートで快活な彼らに憧れを抱いた毅志は、探偵仕事を手伝わせてもらうことに。しかし、付き合いを重ねるうちに、毅志は皆藤と山南に対してある疑問を抱きはじめる。

        読み方が悪いのか、貫井徳郎が新しい何かに挑戦し失敗したのか。ちーとも面白くなかった。
        なぜ、あの喫茶店の2階でなければならなかったのか。
        なぜ、探偵業のふたりは謎めかしく、かっこいいのか。
        こういった問いに、「そういった設定だから」って言ってしまえばそれまででしょう。
        そういうのがお好きな読者にはたまらんだろうが、『乱反射』『慟哭』など、傑作を背中に背負っておられる貫井御大がだらしなさすぎ。
        貫井作品で読書が面白くなかった経験がなかった僕には、カルチャーショックだったくらい。

        みなさん、本作は読まずにいいと思います。
        >> 続きを読む

        2014/08/08 by 課長代理

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      灰色の虹
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! oasamaru
      • ネタバレです。

        冤罪というもので人生を狂わされた人間とその家族は
        冤罪が冤罪と証明されないまま
        いったいどうして生きていけばいいのか…
        ここまで具体的に考えたことなかった気がします。

        でもきっとこの世に何人も何人も実際いるのよね。 苦しんで生きたり苦しんで死んでいったりしてるんだなあ。

        復讐という名のもとに殺される側に対して
        復讐されて当然という
        自分のなかの恐ろしい感性がわき上がること
        そして
        その恐ろしさを忌み嫌う自分もまた自分であること
        人間て私ってほんとこわい部分だらけ。

        作者がそれぞれの人物をとても繊細に描写しているから、自分のなかの見たくない深淵な黒いものも見せつけられるようでしたよ。

        まーくんの罪を許してあげたくなったり
        冤罪晴らしてあげたくなったり
        くるしい。とてもくるしい。

        そして「まーくん、誰のことも恨むんじゃないよ」と言ったお母さんの…。…。…。
        >> 続きを読む

        2017/07/23 by 自由じゃん

    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      神のふたつの貌
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 特にこの作者のものを全部読みたいと思っているわけではなくて、前に読んだ「慟哭」が頭に残っていたので買ってきた。
        読み始めてこれは困ったなと思った。
        キリスト教も仏教もよく分からない。だから読んでいても、日常の人間生活を通して感じている信仰者の心理というものを想像するしかなかったが、キリスト教の枝分かれした難しいあり方とは別に、プロテスタントだという牧師一家の、信仰を持つゆえの悲劇がそれなりに理解することは出来た。
        すぐに読めてしまうし、読んでよかった。面白かった。


        牧師館で生まれた早乙女輝は無痛症だった。
        小学生の頃、環境のせいもあって、痛みや死、死後の魂の行方、などに関心がありカエルなどを殺してその有様を見て、それらを想像しているような子供だった。
        彼は神が万能であり、自分に似せて人間を創り、人の人生のあり方は、生まれる前に交わした神との契約があって、生き方はすでに決められたものだ、というような意味を聖書から読み取っていた。
        父も牧師であって戒律の中で生きてきた歳月は、いつの間にか人間性を脱ぎ捨て、人生を全て神に捧げてしまっている。
        父は疑いもなくその生活に慣れきっているようだった。それが人々に尊敬され賞賛されるという生き方だと教えられ、早乙女も跡継ぎとして厳しい生活を義務付けられていた。
        だが神には忠実であるが、家族に対しての情愛は感じられなかった。

        彼は牧師を継ぐということに不満はなかったが、父がどんな時にも手放さずに読んでいる聖書からは神の存在を感じることができなかった。
        神に近づき理解するためには、神の声を聞きたいと切に願っていた。
        教会に来る信者の中には深い信仰心を持ち、神を信じることに満足している人たちがいた。早乙女は神と現実の間で神の存在を試したいと思った。
        傍観者のように見える神を試すために信仰の厚い信者を殺した。それが殺人だったとしても、自分の信仰を基にした信念はゆるぎないものだと思っていた。

        牧師館にヤクザに追われて男が逃げこんでくる。
        美貌の彼は暫くかくまわれ、母とともに車で出かけた先で事故にあい、二人とも炎の中で焼死しでしまう。
        牧師館の静かな生活は壊れてしまった。

        コンビニでアルバイト始めた20歳の早乙女は、家出をしていたオーナーの息子が、まい戻って一緒に働き始める。
        今まで店長だった君塚が売上金を持ち逃げした。息子の琢馬は自分が不幸を呼び寄せているのだと過去を語り、死にたいと悩み続ける。
        琢馬の気持は早乙女の心も暗くして、夜も眠れずに彼を救う方法を考える。
        そして彼を殺すことで解決できる、琢馬を救ってやれる、と思いこみ密かに実行する。

        彼にも恋人が出来て妊娠させてしまう。彼女は足が不自由で、それゆえ神の福音が得られたことを実感したという。
        早乙女は彼女がうらやましかった。彼には子供を育てるという気持はない。
        彼女は生みたいとせがみ、早乙女はついに彼女に暴力を振るい流産させてしまう。
        こんなことをする不幸な自分に神は福音を与えるだろう。だが、この事件はなぜか不問に付された。

        残った父と子はいかにして神に近づき自分の犯罪を肯定することが出来るのか。


        輝と牧師館の歴史と、母親の事件。
        この物語は、神に仕え続けた牧師一家の犯罪を、見事なトリックで読ませる。
        そして常に「沈黙」している神を身近に感じることで自己の生き方を確立したいという、親子の願いが生んだ、変わったミステリだった。
        >> 続きを読む

        2014/11/05 by 空耳よ

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      悪党たちは千里を走る
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 貫井徳郎の作品は本格派ミステリーとか奇抜な仕掛けやトリックがあったりというイメージが強い。そういう意味では「異色作」であることは間違いない。とにかくポップだ。ストーリーは軽快に進む。ユーモアとシニカルが入り乱れて痛快だ。


        真面目に生きることが嫌になった三人、として冴えない詐欺師と頭の弱い相棒が美人詐欺師とひょんなことからつるみ出し「人道的かつ絶対安全な」誘拐を企てるが、自ら狂言誘拐を持ちかける少年が加わり事態は急展開?


        登場人物に愛着が沸く。ワイズクラックを連発する高杉とアイロニー連発の美女・菜摘子。盲目的にアニキ高杉についていく相棒や、頭脳明晰な渋井少年や渋井夫妻。


        久しぶりに一気読みできるスピード感のある本だった。力が抜けていてただ単純に「面白い」。ドタバタコメディ誘拐劇、いかがですか?

        >> 続きを読む

        2016/09/06 by hibiki

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      悪党たちは千里を走る
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 人質公認で誘拐計画をあたためていたところ、その人質が先に誘拐され、代わりにその親を脅迫するよう持ちかけられるという新しい展開と、高杉、園部の憎めないキャラクターに引き込まれた。あと妙にませくれた賢い人質である巧もどこか愛らしい。もとは子供の考えた誘拐なのに計画がしっかりしすぎていると思うのは私が世間知らずだからなんだろうか?子どものころ読んでみたかった。 >> 続きを読む

        2018/05/11 by aki

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      天使の屍
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 自殺と断定された息子の死に納得がいかず、自ら調査に乗り出す父親
        調査の途中で第二の事件が!という物語
        中学二年生という思春期の難しい年頃の心理をミステリーとして仕上げた作品
        閉ざされた領域と論理

        父親が息子と係わりのあった同級生たちの話を聞くことにより真相に近づいていくんだけどこの投げっぱなしの登場人物・・・・は???
        回収されず残念・・・・・ってのがあって
        ほんのちょっと消化不良です

        貫井氏の作品は未成年の加害者、被害者が多いように感じます
        そして、限定的な世界観
        なんかやるせない・・・・・・
        だけど、好きなんですよね
        貫井作品

        この作品は
        んー
        生意気ですが
        及第点って感じでしょうか・・・・・
        http://momokeita.blog.fc2.com/blog-entry-298.html
        >> 続きを読む

        2013/07/22 by momokeita

      • コメント 6件
    • 4人が本棚登録しています
      鬼流殺生祭
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 血が近いからこそどうしようもなく憎いという気持ちはなんとなくわかる。
        それとは違う話で事件の直接的な動機が理解できないのは家や血の考えが分からないからか、単に時代が違うからなのか。結局人の悩みや苦悩なんて本人にしか分からないということなんだろう。 >> 続きを読む

        2018/05/13 by aki

    • 5人が本棚登録しています
      光と影の誘惑
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • ごちそうさまでした(^o^)

        『長く孤独な誘拐』
        誘拐されるのは幼児
        貫井作品は被害者が幼児という作品が多いですね
        可愛い我が息子を救うために犯人の要求通りに自分たちがされたと同じように幼児誘拐事件を起こす
        これには犯人の残酷な事情がある・・・・・・
        これぞ貫井作品
        やるせなくて、悲しい作品です

        『二十四羽の目撃者』
        この作品はですね~
        打って変って謎解きユーモアミステリーです
        密室事件の真相解明です
        凄く懐かしい感じのする作品
        うん!楽しい!!

        『光と影の誘惑』
        こちらも貫井氏お得意分野の一つ
        叙述トリック作品
        中盤からお話のつじつまが合わなくなってくる
        つじつまが合わなくなっていくというところが事の真相な訳ですけど
        ミステリーファンにはバレバレかな?
        やっぱりそうだよね!
        ってスッキリ??終われます

        『我が母の教えたましい歌』
        今まであった自分の家族の形が真実でなかったら・・・・・・
        ちょっとこわくて、おどろおどろしい、キモーい、背中がゾクッとする作品です

        タイプの違う四つミステリー中編

        貫井作品を手軽に楽しめる作品集です

        うん!!楽しかった!!

        これ、とっても好きだな~!(^^)!
        >> 続きを読む

        2013/09/11 by momokeita

      • コメント 6件
    • 2人が本棚登録しています
      明日(あした)の空
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • PART1と2がどういう風に繋がるのかと考えながら読んでたら最後の最後で、この人があの人でって。視点が変わると物事の真実が見やすくなる、そんなお話。(10.07.24読了) >> 続きを読む

        2015/08/24 by のこ☆

    • 4人が本棚登録しています
      崩れる 結婚にまつわる八つの風景
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね! ooitee
      • 貫井さんの本って人間の業だったり、ダークな部分をこれでもかと前面に押し出してくるキャラが多い。

        そんなキャラは短編でもそうで、結婚に対するあれやこれやの8篇のエピソードが込められている。

        とことんブラックなものから、ラストにハッとさせるもの。
        全部暗い話だと思っていたが、意外な着地点のものもありで、非常にバラエティに富んでいる。

        最後には自身の解説もありで、貫井節の原点が収められている。
        >> 続きを読む

        2018/05/19 by オーウェン

    • 2人が本棚登録しています
      迷宮遡行
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • この作品は以前に発表された長編『烙印』を全面改良して、新たなタイトル、語り口で新作として出版されたものだそうです
        『烙印』からハードボイルド色を抑え目にし、若干のユーモアを交えた新たなる物語ということ

        失踪した妻を微かな手がかりを伝って追い続け最後に想像さえもしなかった妻の正体を・・・・・・というお話

        行き着いた場所、人物から一つの小さなヒントを授かり、また次の場所、人物にたどり着く

        宝探しのようなワクワク感を持たせてくれる作品なんだけど

        んーーーーー

        個人的意見としては

        「貫井作品にユーモアはいらない」

        ユーモアを着せられちゃった感を感じるんだなー

        主人公の兄貴が警視庁のやり手刑事だという設定も・・・意味あるかなーて感じ

        ハードボイルドタッチだという『烙印』は未読なので

        逆に興味をそそる

        機会があれば

        読んでみたいと思います
        >> 続きを読む

        2015/02/03 by momokeita

      • コメント 1件
    • 3人が本棚登録しています
      ミハスの落日
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • カイロの残照、結末の意外性は中々のもの。全短編を通して感じたのは、結局色恋って当事者にしか分からない奥深さがあるってことでしょうか。くわばらくわばら。

        本編から離れますが、あとがきから作者のかわいらしく憎めない人柄が感じられるので読んでみることをおすすめします。
        >> 続きを読む

        2018/05/02 by aki

    • 1人が本棚登録しています
      灰色の虹
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! syuna
      • 冤罪をテーマにした物語だ。気弱で内気なタイプの男が殺人者として逮捕され、過酷な取調べに負けて自白してしまい裁判で無実を訴えても状況を覆すことが出来ず刑が確定する。昨日まで平凡な一市民だった人間が刑事事件の犯人として逮捕、起訴されるとどうなるか。世間はその家族までも容赦しない。例え冤罪と訴えても誰も聞く耳を持たない。大勢の人の人生が滅茶苦茶になる。このあたりの残酷さを作者は徹底的に描く。壊れた人生、壊れた家族。やがて主人公は決意を胸にただ一人の味方である母の元から姿を消す。そして刑事、弁護士、裁判官が事故や事件に合って死んでいく。一本の線で繫がることに気付いた一人の刑事。その彼も恋人をわずかな金を取る目的のために襲った男達に殺された過去を持っていた。復讐は是か非か。ラストの意外性はミステリーとしては弱い。つまりミステリー要素のある犯罪小説と云うところだろう。 >> 続きを読む

        2013/08/16 by moonIihght

      • コメント 4件
    • 6人が本棚登録しています
      空白の叫び
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 3人の少年たちが出会うまでの物語。
        他者と健全な関係を築き、ほどほどに自己肯定感を保ち、ほどほどに挫折する。いま思えば思春期に歪まないことって困難なことなのだなー。 >> 続きを読む

        2018/05/19 by aki

    • 3人が本棚登録しています
      空白の叫び
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 無事卒院した少年たちを待ち受けるのは、想像以上に厳しい現実だった。分かり合える相手がいなければ大抵の人間は生きていけない。それが子どもならなおさらだ。

        少年法は少年を更生させるためのもの。建前はそうでも、世間が簡単には更生を許さない。でも世間って何なのだろう。理解できない怖いモノを遠ざけたい心理はわからなくはないが、集団の暴力を用いて必要以上の罰を与えようとするその意志は、もはやただの悪意なのではないだろうか。
        >> 続きを読む

        2018/05/20 by aki

    • 3人が本棚登録しています
      空白の叫び
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 分かりやすく反抗する子どもなんて可愛いものだ。自らの狂気を自覚することなくあたためてあたためて爆発させてしまった子どもは、そう簡単には日常に戻ってきてくれないんだろう。
        因果応報などというと簡単すぎるけれど、誰かの人生を故意に歪めたのであればそれ相応の罰は受けるべきなのではと思う。そこまで覚悟して罪を犯す人間は少数だろうけど。
        賢い子どもの考える秀逸な犯罪プランにはわくわくするな。悪党たちは〜を思い出す。

        まったく似ているところはないのに、葛城にどうにも親近感を覚える自分が少しだけ怖い。自分の子どものころを思い出したりと色々考えさせる物語でした。
        >> 続きを読む

        2018/05/22 by aki

    • 3人が本棚登録しています

【貫井徳郎】(ヌクイトクロウ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本