こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


天童荒太

著者情報
著者名:天童荒太
てんどうあらた
テンドウアラタ
生年~没年:1960~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      悼む人
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 「包帯クラブ」と波長は同じようなものを感じましたw
        ある暗い思いこみがあって、それが原動力となって突き動かされるというものが同じように感じたのと、情報がネットで盛り上がるというところなんかもね。

        しかしこの作品は今まで以上にもっと深く生と死、誕生とか死去にこだわってるのを感じました。

        末期ガンのお母さんの最期のほうの描写がストレートに響きました。
        >> 続きを読む

        2018/07/07 by motti

    • 他4人がレビュー登録、 18人が本棚登録しています
      孤独の歌声
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 表紙が違う。。古いままで更新されてないぞ。(H29.7.1更新された!)
        人生初の天童荒太作品。

        連続女性監禁殺人事件を中心に3人の登場人物たちが交わる。彼ら彼女の全員が心に傷があり自分と闘っている。それぞれの孤独に対する考え方捉え方がすごく印象的。家族友達恋人がいたとしても結婚してたとしても、自分の人生を生きていくのは自分だけなんだっていう孤独はすごくわかる。結局は1人きりになるもんなぁ………(中2じゃないです。もうすぐ30歳)

        小説のジャンル的にはスリラーサスペンスになるんだと思うけれど、けっこうゾッとするシーンもあってホラーっぽい要素もある。女性は夜1人で歩けなくなるかも。

        天童荒太先生は他にも『永遠の仔』『家族狩り』『悼む人』『ムーンナイト・ダイバー』など気になる作品が盛り沢山だからとっても楽しみ。
        >> 続きを読む

        2017/06/30 by ねごと

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      あふれた愛
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 様々な愛の形を描いた短編集。

        天童さんの作品に描かれる愛は、重く歪んでいることが多い。
        この作品でもそうで、特に、「うつろな恋人」で登場する彰二と智子のそれぞれの愛は、強く歪んでいる。
        見えるか見えないかぐらいの僅かな灯りを懸命に探そうとする登場人物たちが愛おしい。
        それでいて美しく哀しい。

        まっすぐ輝くような愛を描いた作品も良いが、わたしは天童さんの歪んで暗い愛が好きだ。


        天童作品の「永遠の仔」の表紙にも、船越桂さんの作品写真が使われているが、本作表紙でも船越桂さんの哀愁ある作品が、天童さんの文章にとても良く合っている。
        本の感想と関係ないが、船越桂さんの人形を、また観たくなった。
        >> 続きを読む

        2015/02/16 by jhm

    • 他1人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      孤独の歌声
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!

      • この天童荒太の「孤独の歌声」は、連続強盗事件と、女性誘拐監禁事件とを絡ませたサイコ・サスペンス小説だ。

        探偵役の女性警察官、強盗事件に巻き込まれた音楽に情熱を注ぐ青年、犯人のそれぞれの視点を入念に書き分けていると思う。

        特に、彼女たちの追った心の傷から現代社会の病理を上手く引き出した点は、見事としか言いようがない。

        他者からの愛を得ようとするには、自分がまず他者を愛さなければならない。
        だが、愛されたと自分が感じたことのない者に、それができるはずがない。

        この孤独な葛藤に打ち震える青年の青春像を描く一方、他者からの愛を受け入れることが、愛を得る手段でもあると、強い肯定的なメッセージ性も備えている。

        サイコ・サスペンスという体裁を採る一方、そこに隠された動機を探る骨太の構成は、天童荒太の才能を十分に物語っていると思う。

        >> 続きを読む

        2018/06/11 by dreamer

    • 3人が本棚登録しています
      家族狩り
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 表紙の作品性の高さも好きだけど、内容がいい。見た目も良いけど、中身も良いですよ。家族狩りシリーズ5冊一気に読みました。テーマは「愛」泣けます。じっくり本を読みたい方で、家族とは、愛とはとか哲学的に考えたい人にお勧めですかね。推理小説っぽい感じも少しありますが、読後に考えさせられる本のひとつです。心にいい本です。 >> 続きを読む

        2013/04/17 by Nek-O-ta

      • コメント 4件
    • 3人が本棚登録しています
      静人日記
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • ピノキオ(?)の表紙をめくると、中表紙の写真がかわいいw

        見知らぬ死者を悼み、全国を放浪する静人。日記という形式をとり、過酷な旅の全容と静人の脳裏に去来する様々な思いを克明に描く。

        もともと出版の予定はなく、作者が静人になりきって実験的に3年間も日記をつけたものだったそうです。
        ストーリーではなく、その散文を読めったってな...。
        つながりがあまりないので気分的になかなか読み進まないんだよねw
        ある女性の登場する終盤には起伏がでてきて読めるんだけど...。
        直木賞受賞作品「悼む人」にリンクする部分の日記とかがあればおもしろかったのになぁ。

        まぁ実験的な本でしょうから...。
        >> 続きを読む

        2018/07/07 by motti

    • 4人が本棚登録しています
      包帯クラブ
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 稚拙な言葉の使い方が少し気になったが
        とても良いストーリーだった。

        多感な高校生の傷つけ傷つけられる話。

        高校生は多感だから…青春と捉え勝ちだが
        多感だから傷つくのではなく
        大人になっても傷つけ傷つけられる。

        少なくとも私は高校生頃と変わらず多感なため
        生きづらい世の中と感じるし
        多分そう思ってるのは私だけでないと思う。

        今だから色々理解できた。
        >> 続きを読む

        2017/05/03 by snoopo

    • 1人が本棚登録しています
      永遠の仔
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • ずっと読みたいと思っていた本。

        テーマは児童虐待、老人介護等。
        徹底的に取材されていて、特に言葉による心理的虐待の部分はリアルだ。

        人は永遠の仔で、育ってきた環境は後の生き方に良くも悪くも大きく影響する。

        児童虐待と同じくらい老人介護についても考えさせられた。
        自分は良い仔どもになれるのか。

        そして、やっぱり自分が親になるのは怖い。
        この本に出てくる親のようにならないなんていう保証はない。
        >> 続きを読む

        2011/08/25 by Iris

    • 7人が本棚登録しています

【天童荒太】(テンドウアラタ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本