こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


山崎康司

著者情報
著者名:山崎康司
やまざきこうじ
ヤマザキコウジ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      入門考える技術・書く技術 日本人のロジカルシンキング実践法
      カテゴリー:経営管理
      3.5
      いいね! keyaki-
      • どんな本?

        ビジネスシーンにおける文章の書き方の教本。報告書やメールを書く際、読みやすくて分かりやすい文章を書くにはどうすればいいか?という疑問に答えてくれる。文章を書くのが苦手な人、自分の意見や考えを文章で伝えるためにどうすればいいか?を知りたい人におすすめ。

        一方ロジカルシンキングについては、あくまで文章を書くためのツールとして扱っている。したがって、日常生活でロジカルシンキングをできるようになりたいと思う人は他の本を探したほうがいいと思われる。


        文章を書く時に考えるべきこと

        ・読み手の立場になって書くことが必要。読み手の知りたいことを教えるために書くのだ。自分が伝えたいことを延々と書いてはいけない。また読み手が誰かによって、関心を持つ点も違ってくるので、文章を書く際に誰が読むのかを意識するのも大切なポイントである。(OPQ分析)

        ・論理的に筋道の通った文章を書く。ビジネスにおいて、自分の意見を述べる時には当然論拠や根拠が必要。(帰納法、演繹法)


        感想

        文章を書くときに何を考えるべきか?という疑問について一つの答えを得られたと思う。読み手に興味を持ってもらうためにはどうすればいいか?論理をどうやって組み立てればいいか?その後文章をどうやって書けばいいか?これらの疑問について具体的に書かれている。

        まず結論から述べる、接続詞を使って無闇に一文を長くしないようにする、など文章を書く上で基本となることも指摘されている。あいまい言葉、あいまい接続詞、助詞の「しりてが」など普段意識せず文章を書くとつい使ってしまう表現について、論理を組み立てる時には邪魔となるから使用禁止、と警鐘を鳴らしてくれたのも大いに参考になった。


        >> 続きを読む

        2015/11/08 by けやきー

    • 3人が本棚登録しています

【山崎康司】(ヤマザキコウジ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本