こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


渡辺義浩

著者情報
著者名:渡辺義浩
わたなべよしひろ
ワタナベヨシヒロ
生年~没年:1962~
      エピソードで楽しくわかる「故事成語」
      カテゴリー:語彙
      4.0
      いいね!
      • 「史記」が伝えるところによれば中国の歴史は、「三皇五帝」から始まるらしい。
        本書は三皇五帝~宋代の歴史の流れに沿って、それぞれの言葉にまつわる人物エピソードをもとに解説されています。
        次のエピソードも前の人物、または国にリンクしていて、繋がりがわかりやすくなっています。

        時代小説を飛び飛びに読んでいた私にとって、朧気ながらも中国史の流れがわかったのが一番の収穫です。
        あと、晋以降ほとんど何があったかもわからないのに、意外と知っている故事成語が多くて。
        「破竹の勢い」「暗中模索」「春眠暁を覚えず」「馬耳東風」「国破れて山河在り」「推敲」「一網打尽」・・・書ききれない。
        残念だったのは、今読んでいる宮城谷さんの「湖底の城(呉越春秋)」と北方さんの大水滸シリーズの行く末がわかってしまったところです。
        すごく個人的なことですが。。。
        以下、お気に入りをいくつか。

        ●完璧
        趙の藺相如が秦の昭王を相手に、和氏の壁を完全な形で持ち帰ったことから「完璧」という言葉が生まれる。

        命がけの任務を完璧に遂行したこのエピソードがとても好きです。
        廉頗将軍との「刎頸の交わり」と合わせて、専横やら粛清だらけの中国史の中、ほっとする故事成語です。

        ●狡兎死して走狗煮らる
        優秀な者は必要な間は大切にされるが、必要となくなった途端かえって邪魔になり、捨てられることが多いという意味で使われる。

        越の范蠡。
        功臣でありながら、呉を滅ぼした後は引退を表明。
        周囲が止めるのも聞かず、斉に亡命し、今度は商人として巨万の富を築きました。
        ここまでの身の処し方は他にあるのかというほど、見事!
        「湖底の城」范蠡編がますます楽しみになりました。

        ●前門の虎、後門の狼
        後漢はこれでもか、というほど宦官と外戚の利権争いでした。
        前漢は外戚によって滅び、後漢は宦官の専横で国を傾けることになります。
        外戚が前門の虎、宦官が後門の狼と、一難去ってまた一難という意味になります。
        これに旱魃や飢饉が加わり、よく知る黄巾の乱が勃発します。


        この本、私のものでないのが残念ですが、頃合いを見計らってまた読みたいと思います。
        >> 続きを読む

        2017/05/05 by あすか

    • 1人が本棚登録しています

【渡辺義浩】(ワタナベヨシヒロ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚