こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


横山秀夫

著者情報
著者名:横山秀夫
よこやまひでお
ヨコヤマヒデオ
生年~没年:1957~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      64
      64
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! ybook momomeiai kissy1986 92L ooitee
      • 難産の末生み出されたという表現がぴったりの作品。

        横山さんの集大成の様な中身だが、昭和64年にD県管内で起きた誘拐事件。
        それは少女が殺されるという最悪の結末であり、通称64として県警に知れ渡っていた。

        その64事件がを模倣したとされる事件が発生。
        広報課の三上は記者たちとの軋轢の中で、上司との駆け引きをもがきながら事件の経緯を見守る。

        警察の組織を色々な角度から見つめている横山作品だが、広報という立場から描き出している。
        いかにして記者協会と協定を結ぶのかも大きな見どころだし、事件に関わる三上との人間関係も見ごたえがある。

        そして犯人を特定するための恐るべき執念には驚嘆する。
        そういう手段を実行に移すこともそうだし、64事件の模倣という意味でも納得させてしまう動機だ。
        >> 続きを読む

        2019/09/24 by オーウェン

    • 他23人がレビュー登録、 63人が本棚登録しています
      半落ち
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね! ryoji ooitee
      • 推理小説のジャンルになるのかな。
        妻を殺害した警部の自首。なぜか、殺害後の2日間の行動だけ黙秘する。警察、検察、報道、弁護士等、いろいろな立場からこの事件にかかわっている人たちの考えと行動が交錯する。それぞれが、なにがしかの問題を抱えているのだ。思わず先へ先へと読んでしまう物語の展開。最後の謎解きまで一気に読んでしまった。なかなか読みごたえのある小説だった。次の作品も読んでみたい。 >> 続きを読む

        2019/04/15 by KameiKoji

    • 他10人がレビュー登録、 50人が本棚登録しています
      第三の時効
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね! ooitee Tukiwami
      • 複数の人物からなる短編集ですが、登場人物は同じのため短編集でありながら一つのつながった展開のような感じがしました。
        一つ一つの完成度が高く推理要素も満載です。
        横山先生は警察小説を執筆する際に、どこまで突っ込んだ取材をしたらここまでの重厚な作品になるのか脱帽です。
        他の作品でもそうですが、これまで読んだ横山先生の作品からは男社会満載の警察が表現されていて、いつも灰色とか曇天、うす暗さを想像して読んでしまいます。
        >> 続きを読む

        2019/11/26 by ryoji

    • 他10人がレビュー登録、 35人が本棚登録しています
      クライマーズ・ハイ
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね! tanreinama
      • 凄く内容が濃く、力感のある作品。
        実際に起こった未曽有の大惨事をメインに扱っている重厚な雰囲気の中、主人公の、妻や子供たち、亡き母、親友(とその妻子)、仕事上の上司、部下、またそれに関わる人たちへの思い、仕事への情熱と諦め、などの感情が交錯しながらどんどん進んでいく展開に、ただ圧倒されながらも、あっと言う間に読み終えた。最後のシーンは涙が止まらなかった。
        >> 続きを読む

        2019/10/09 by Sprinter

    • 他7人がレビュー登録、 44人が本棚登録しています
      臨場
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! ooitee
      • 図書館本。
        初読みの作家さん。面白すぎて、ページをめくる手が止まらなかった。

        八篇の中で圧巻だと思ったのが「鉢植えの女」で、自殺か他殺かに絡んでもう一つの事件があぶり出されていくのが面白かった。傲慢な捜査一課長が、いかに自分が無能であるかをさらけ出していくのも痛快だった。

        こんなに面白いものがシリーズでないとは、残念。他の作品も読んでみたい。

        >> 続きを読む

        2019/07/19 by Kira

      • コメント 1件
    • 他7人がレビュー登録、 25人が本棚登録しています
      クライマーズ・ハイ
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね! ooitee
      • 地方記者の悠木は山登りの最中に振り替える。
        それは御巣鷹山に飛行機が墜落した時に、デスクとして報道合戦に明け暮れた日々。

        横山さんは元々新聞記者なだけに、一面のトップをどの紙面に割くかというやり取りは迫力がある。

        地方紙に降ってわいた大きな事故。
        そのために広告を削ってまで飛行機墜落の詳細を伝えようとするが、そのために締め切り限界までネタを待つ。

        もはやSNSの時代なのでそこまでの速報性は存在しないが、時代は1985年。
        携帯もない時代で、置き電話に託す記者の執念。

        それを現在の山登りで生かすクライマーズ・ハイという言葉の意味。
        熱い男たちが堪能できる。
        >> 続きを読む

        2019/03/06 by オーウェン

    • 他5人がレビュー登録、 19人が本棚登録しています
      陰の季節
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね! ooitee
      • 横山さんお得意の警察もの短編集4作。

        「陰の季節」
        人事課に勤務する二渡は査定をする中で、OBの尾坂部が任期を過ぎても辞めないという情報を知る。
        後が閊えているだけに、何とかその理由を知ろうとする。

        「地の声」
        監察課の新堂は、生活科の曾根が女性との密会をしているとのタレコミを知る。
        周辺を視察するがその理由がわからない。

        「黒い線」
        警務課の府警七尾は、同僚の瑞穂が急な欠勤に違和感を覚える。
        その後捜索するも足取りをつかめず。
        瑞穂の失踪の理由とは。

        「鞄」
        警務部秘書課の柘植は議会対策のため各課の課長に質問を伺っていると、鵜飼から爆弾質問が出ると知る。
        過去のいざこざから何を言うのか問い詰めるが、当日までは話さないと頑なに固辞する。

        4話ともしっかりとした理由付けがあるから納得できるし、その類いかと驚く転換もありで4話とも面白い。
        >> 続きを読む

        2018/09/17 by オーウェン

    • 他5人がレビュー登録、 24人が本棚登録しています
      動機
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!
      • 横山秀夫さんの作品は、題材が“事件”にも関わらず、
        ハートフルで爽快感がある。

        この“動機”も、短編ながらに各登場人物の想いがよく描かれている。
        私が一番共感を得られたのは“ネタ元”だ。
        男性が主人公の物語が多い中、働く女性の悩みや
        コンプレックスを見事に表現されているように思う。

        “半落ち”から読み始めたのだが、
        まだまだ期待を裏切られなさそうだ。
        >> 続きを読む

        2019/01/28 by NOSE

    • 他5人がレビュー登録、 25人が本棚登録しています
      ルパンの消息 長編推理小説
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね! rock-man
      • 伏線、どんでん返し、意外性が詰まってます。
        警察のマニアックな描写ではなく、人間の心理や醜い部分も散りばめた作品です。
        推理小説の醍醐味も感じつつ、ハッピーエンドというわけではないけど、読み終えた後爽快感がありました。
        >> 続きを読む

        2017/11/30 by ryoji

      • コメント 1件
    • 他5人がレビュー登録、 17人が本棚登録しています
      真相
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • どの話も実は…とか裏には…という真相がある5つの話。

        表題作から不幸のつるべ打ちだが、家族の悲劇を鮮やかに転嫁させるラストの踏み出しに救われる格好。

        「18番ホール」
        村長選挙に担ぎ上げられた男。
        金も地位も投げ打って出たのだが、俄かにきな臭い情勢。
        男が持っていた秘密と皮肉なラストが特徴。

        他の3話もかなり危うい話が多いが、図らずの真相がある。
        やはり横山さんの話は一筋縄ではいかない。
        >> 続きを読む

        2019/02/10 by オーウェン

    • 他4人がレビュー登録、 17人が本棚登録しています
      震度0
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 女社会のドロドロは、権力争いを伴う男社会のそれに比べたら可愛いものだと思った。組織を守るという大義で黙殺されてきた罪はどれだけあるのだろう。 >> 続きを読む

        2018/04/14 by aki

    • 他3人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      出口のない海
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      •  空の特攻が神風特別攻撃隊などと呼ばれるのに対し、
        海にも神潮特別攻撃隊と呼ばれるものがありました。
         
         人間魚雷「回天」。
        脱出装置のない魚雷に乗り込み敵艦に突っ込む
        まさに人間兵器。
        「天を回らし戦局を逆転させる」という
        悲痛にも聞こえるネーミングですが、
        狂気の果ての産物としか思えません。
         
         本書は、その回天特攻隊に志願した青年:並木浩二が主人公。
        かつて甲子園の優勝投手だったけれども肘を故障し、
        まわりからは大学野球での再起を絶望視されている中でも
        本人は「魔球を投げる」と希望を語ります。
         
         そんな主人公が何故、絶対的な死が約束されている
        特攻隊に志願したのか。
         
         訓練のシーン、実際の出撃のシーン、
        そこにいたるまでの葛藤やあわい恋模様など、
        盛りだくさんな小説なのですが・・・わたし的には
        残念ながらいまひとつ感がぬぐえませんでした。
         
         主人公が最後に辿りついた回天に乗る=死ぬ理由。
        それは納得のいくものではあります。
        しかし、それに対して結末が残念すぎる気がするのです。
        ん~・・・仕方がないのかもしれませんが、
        個人的に★3つとさせていただきます。
        >> 続きを読む

        2019/02/23 by kengo

    • 他3人がレビュー登録、 15人が本棚登録しています
      顔
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね! starryeyed
      • 横山さんの作品にしては珍しい女性が主役。

        広報部官の平野瑞穂は目撃証言によって似顔絵を描くのが特技。
        しかし過去の行いによって休職から復職した身。
        そんな彼女の成長を描く連作短編集。

        女性ならではの視点から、事件の概要を解いていく。
        広報から電話相談に回され、銃所持の状態にまで回っていく。

        単純に事件を描かず、その裏側の真相の意外さは横山さんらしい。

        冒頭の瑞穂の広報での新聞記者とのやり取りは、後の「64(ロクヨン)」にも通じるものだろう。
        >> 続きを読む

        2018/12/08 by オーウェン

    • 他3人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      半落ち
      カテゴリー:小説、物語
      3.2
      いいね!

      • 寺尾聡主演で映画化もされた、横山秀夫の初の長篇小説「半落ち」を、じっくりと読了。

        温厚な人柄で知られる梶警部が、痴呆に苦しむ妻を殺したと自首してくる。

        取調べは順調に進み、梶警部は完全に「落ち」たかと思われたが、ただ一点、殺害から自首までの二日間の行動についてだけは、頑として答えようとしない。

        これでは「完落ち」ではなく「半落ち」だ-------。

        取調べに当たった同僚刑事をはじめ、検察官、判事、弁護士、新聞記者らが、それぞれの立場から「空白の二日間」の真相に迫ろうとする。

        裁判の進行に合わせて探偵役がバトンタッチされていくという構成の妙と、彼らが梶警部の心を探る過程を通して、自らが抱える問題にも直面していかざるを得ないという、各話のドラマ性が一体となって、ページを繰るのももどかしいほどの面白さ。

        この作品が、高く評価されているのも納得の傑作だと思う。

        もっとも、ラストの10ページでようやく明かされる「真相」が、長篇一本を支えるにしては少し弱いのが、残念といえば言えるような気がしてならない。

        確かに、いくつか伏線は張ってあるし、人間味あふれる真相はそれなりに感動的なのだが、それまでその謎に向かって進んできた物語が落ち着く先としては、いかにも軽いのだ。

        「ラストが泣ける」という評価が多いのも気になるところで、ミステリを読んで泣こうと思っていない読者にとっては、この傑作小説を手に取りにくくさせているのではないかという気がしますね。

        もちろん謎解きで満足させ、なおかつ泣かせてくれるなら文句はないのですが、この「半落ち」の場合は、そのバランスがやや悪いと言わざるを得ないと思いますね。

        >> 続きを読む

        2018/04/30 by dreamer

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      看守眼
      カテゴリー:小説、物語
      3.3
      いいね!
      •  『陰の季節、動機、顔FACE、深追い、第三の時効、影踏み』と横山さんの短編を読んできたが、私は、この短編集が一番好きだ。中でも、自分にもたらされた不幸を盾に、誠実さを失い欲に走ったために地金を見極められてしまうという『自伝』は、名作だと思う。

         不可抗力によってもたらされる事件、自分の不注意が原因で起こる事故、いずれも見ようとしなければ見えないし、隠そうとすればするほど大きくなる可能性を持っている。また、誰もが自分の不幸には敏感だが、自分の幸運には鈍感であり、陰で悔しがっている人に気がつかないものである。
        >> 続きを読む

        2014/09/02 by カカポ

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      深追い
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • タイトル通り、
        解決とされた事件や自分に関係のない事件にまで
        首を突っ込んでいく警察官にスポットを当てたストーリー。

        警察署と官舎が一体となった「三ツ鐘村」と呼ばれる場所で
        働き、生活している警察官の息苦しさは尋常でない。

        刑事の意地や正義感からではなく
        私情持ち込みまくりの捜査。
        警察官といえども普通の人間なのだと実感させられる。

        7つの事件を描く短編小説だが、
        一つひとつが読み応えがあり大満足の一冊。
        >> 続きを読む

        2016/03/17 by アスラン

      • コメント 5件
    • 他1人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      ルパンの消息 長編推理小説
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 伏線貼り過ぎな感はあるものの、回収されていくすっきり感は中々のもの。みーさんのキャラが良い。大事なものを守りたいという気持ちはいいことにも悪いことにもどちらにでも強い力を発するものだな。 >> 続きを読む

        2018/03/24 by aki

    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      影踏み
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • 警察側の小説は今まで何度も読んできましたが、泥棒が主役の本は初めてでした。
        それぞれが短編ですが、どの話も読み始めたら止まらなくなり、耳の中にいる双子の弟とのやりとりが新鮮でした!
        ラストが少し切なくなりますが、それもまたいいです。
        >> 続きを読む

        2015/04/24 by れーー

      • コメント 4件
    • 他1人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      深追い
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 権力や見栄に支配されて醜い足の引っ張り合いをしてみたり、ふとしたことで人同士の絆の大切さを思い出したり。人と関わることは面倒だけれど、そこからしか生まれないあたたかさもあると思い出させてくれる。 >> 続きを読む

        2018/03/31 by aki

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      深追い
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 横山さんの警察小説だが、舞台は三ツ鐘警察署。
        そこは都落ちの集まりのような場所。

        7つの短編集の中で、誰もがもがき苦しみ事件を追う。

        中身としては地味だろうが、どの話にも起伏があり、ラストには救いに似たものが。

        特に「仕返し」で見せる、息子を持つ刑事のラストの決断は潔いが苦い代物。
        そういう話こそが横山さんの真骨頂。
        >> 続きを読む

        2018/12/31 by オーウェン

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています

【横山秀夫】(ヨコヤマヒデオ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本