こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


高山文彦

著者情報
著者名:高山文彦
たかやまふみひこ
タカヤマフミヒコ
生年~没年:1958~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      「少年A」14歳の肖像
      3.0
      いいね!
      • この事件をはじめて知ったときの驚きと不快さは忘れられない。

        こういった犯罪が起きるとお決まりの、家庭環境に問題があったとか加害者も被害者だったみたいなことを言い出す人権派のひとたちに違和感を憶えつつ、家庭環境に恵まれなかったひとは数え切れない程いるに違いないのに、事件を起こす人間と起こさない人間との違いは何なのかといった興味と疑問が湧いてくる。

        本書を読んでみたが、よくわからなかった。
        歪といえば歪な家庭だったかもしれないが、突出したものは感じなかった。
        そもそも正円の家庭など存在しないけれど。

        本書の著者は、この事件に関するルポルタージュは二冊目らしい。こちらしか読んでいないので、もう一冊はもっと違うものなのかもしれないが、決して中立な書き方とは思えなかった。加害者寄りだと感じた。
        ところどころに事件現場を歩いて感じたことを挟んでくるのだが、それが妙に感傷的というか、ここで詩的な表現とか要らないのにと思いながら読んだ。
        見たものを見たままに書いてこそのルポルタージュじゃないのだろうか。比喩とか混ぜ込まれると、おかしな方向へ誘導されるようで気分が悪い。

        加害者の気持ちはわからなかった。わかってもいいとも思えない。
        ただひとつ明らかなことは、加害者にはやり直しの機会があるけれど、被害者には何の機会も無い。
        >> 続きを読む

        2015/07/12 by jhm

      • コメント 8件
    • 3人が本棚登録しています

【高山文彦】(タカヤマフミヒコ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本