こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


しげの秀一

著者情報
著者名:しげの秀一
しげのしゅういち
シゲノシュウイチ

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      頭文字 (イニシャル) D
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      5.0
      いいね! ice syuna
      • 頭文字Dもいよいよ最終回ということで読書Logに登録してみる。

        完全なオッサンな自分ですが毎巻かかさず購入して全巻コンプリート中。。走り屋でも何でもないですが、車好きには現実の車が登場し活躍するだけでたまらなく、若者のちょっとしたラブストーリーも華を添え(登場する女の子がまた可愛いんですよね)終わってしまうのか・・という切なさもあり何とも言えません。

        この1巻から独特の世界観にとりこまれ幾年月。。
        今再読しても、突然現れあっさりとバトルに勝ち、去っていく様はベタでありながらも痛快でした。

        実写版の映画にはガックリさせられましたがね。。

        完結した時点で、全巻一気読みしたいところですが、果たしてそんな時間があるのかないのか(笑)
        >> 続きを読む

        2013/07/25 by yasuo

      • コメント 9件
    • 他2人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      バリバリ伝説
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • 颯爽と750ccのCBを駆るグンの登場。

        久々に読み返したが、強烈に単車に乗りたくなった。

        単車を降りて久しいが、マシンを操る呼吸が蘇る感覚を強烈に感じた。
        とくに前後の車のわずかな隙間をマシンを左右にグイグイ振って抜けて行く場面では、全身の感覚が昔を取り戻したようだった。

        以前に読んだ際は、確か免許を取る前だったので、マシンの感覚も実感が無かったため、読み返すと、別の作品を読んでいるように感じた。

        聖子派?明菜派?などというコピーが存在するなど、さすがに古さは隠せないが、本質的な面白さは何も変わっていない。

        恐ろしいことにストーリーも、ほぼ完全に忘却しているため、モチベーション高く読み進められそうだ。

        10年以上のスパンをおいて改めて手に取るバリ伝。青春の感傷も有るのかもしれない。
        >> 続きを読む

        2011/07/07 by yutaka

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      バリバリ伝説
      カテゴリー:漫画、挿絵、童画
      4.0
      いいね!
      • バリバリ伝説 第8/全38巻

        ついに鈴鹿4耐に挑戦するイチノセレーシングの高校生チーム。

        以前は島田紳助なども監督として参戦していたし、オートバイレース好きではなくても、かなり知られていると思われる「鈴鹿8時間耐久ロードレース」(通称:鈴鹿8耐)

        その前日に行われるノービス(初心者)クラスを対象とした4時間耐久レースが「鈴鹿4耐」である。

        監督から、「グンと秀吉。美由紀と比呂」という勝ちを意識したペアを告げられ、かなり気まずい編成とはなったが、出場資格を得るためのレースも経て、いよいよ4耐の予選へと挑む。

        鈴鹿8耐は実際に観戦したことが有るので、とても思い入れが有る。
        8耐はお祭りのため、終了後のサーキットウォークでコース全体を歩くことが出来たので、実際に走行したことは無いもののライダー目線でコースを見られたのも大きいように思う。

        そんなコースを、グンがマシンをペッタリ倒してコーナーを攻めている。
        ワクワクどころか熱狂に近い感情の昂りが有る。

        予選タイムでグンを上回った秀吉だが、本戦で並み居る強豪を倒すにはグンの爆発力だと冷静に計算しているようで、今は仲が悪くても相互補完の良いペアになるような気がしている。
        >> 続きを読む

        2014/02/08 by ice

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています

【しげの秀一】(シゲノシュウイチ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

ことり屋おけい探鳥双紙