こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


林成之

著者情報
著者名:林成之
はやしなりゆき
ハヤシナリユキ
生年~没年:1939~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      〈勝負脳〉の鍛え方
      カテゴリー:スポーツ、体育
      5.0
      いいね!
      • 勝負脳

        脳外科医が科学的観点から学習法や成功法、運動の上達法などを書いた本

        色々な方法論を特にスポーツと関連させて書いており学生の頃に読んでおけば良かったと思った。

        最近読んだ脳活本のなかでは一番のアタリだった

        刺激になったところは
        ・脳外科医が手術に失敗しないために常に行っているトレーニングとして挙げた方法の一つで
        決断と実行の的確さが大切。失敗したときはその理由を丁寧に記録し何度も記憶をたどる作業を繰り返すという部分で
        失敗との向き合い方がわかった

        ・運動とは6つあるアウトプット能力の一つで脳を鍛えれば運動能力は上がるという部分。
        自分がいかにインプットばかりをしてきてアウトプットをしていなかったかを痛感した

        ・自己啓発書などにある成功するイメージさえ持っていれば必ずそこに辿り着けるというのを
        科学的にサイコサイバネティックス理論という理論をもとに解説している部分。
        科学的に説明されることで改めて成功へのイメージが大切なんだなと実感した

        ・静止している状態の時の姿勢は常に真上に飛び上がることができる姿勢をすることで安定するという部分。
        姿勢が悪いので参考になった

        ほかにも脳を疲れさせない方法や運動の達人になる方法、記憶法などかなり目から鱗な情報が沢山あって為になった。
        >> 続きを読む

        2016/02/02 by くじら

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      勝負に強くなる「脳」のバイブル
      カテゴリー:基礎医学
      4.0
      いいね!
      •  2012年に開催されたロンドン五輪での日本人選手たちの大活躍の裏には、「脳科学の導入」という秘策がありました。
         選手たちが脳の仕組みを理解し、「勝負脳」を鍛えることを日々のトレーニングに取り入れたことが、ロンドン五輪での大成果を後押ししたとのこと。
         勝負脳とは、著者の造語で、「人間の能力を最高に発揮するための脳」、あるいは「勝負になったら必ず目的を達成する脳」を指します。
         本書は、著者の提唱する「勝負脳」のエッセンスを、スポーツだけでなく、ビジネスシーンや教育現場など、様々な場面で応用できるように、実例を示しながら、分かりやすく解説した一冊です。

         詳細なレビューはこちらです↓
        http://maemuki-blog.com/shohyou/mental/hayashi-shobunou/
        >> 続きを読む

        2013/10/31 by ヨッシィー

      • コメント 6件
    • 2人が本棚登録しています

【林成之】(ハヤシナリユキ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

シェイクスピア全集