こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


古今亭志ん輔

著者情報
著者名:古今亭志ん輔
ここんていしんすけ
ココンテイシンスケ
生年~没年:1953~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      師匠は針弟子は糸
      カテゴリー:大衆演芸
      4.0
      いいね!
      • 「師匠は針、弟子は糸」
        師匠の突進んでいったところは、弟子は有無を言わずついて行くだけということか。

        前座名「朝助」、二つ目「朝太」、そして真打ちで襲名した「古今亭志ん輔」さんのエッセイ本。

        大師匠の志ん生のこと、馬生のこと、そして師匠志ん朝のこと・が語られる。
        でも、今ある自分は、師匠があってこそ・・「針と糸」。

        例えば・・・バーのカウンターに座った二人、明治座の「文七元結」の舞台を話題に、
        「懐から紙入れを出すでしょう。あん時、身体の外に出した方がようござんすよ」
        「身体の外に」・・・のり平は水割りのグラスを自分と志ん朝の前に構え、
        「シルエットとして見なさいね。私のシルエットの中にグラスは入っちゃったでしょ」
        「テレビや映画ならグラスをアップで抜くとこなんでしょうが、舞台では、小道具を際立たせ
        たい時には身体の外に出すんだな。・・こんなふうにさ」と実演するのり平さん。
        そしてそれを聞くなり、すぐ稽古がしたくなりソワソワしだした志ん朝さんに
        、「帰ってもいいよ。」・・のり平さん。
        奥深い、志ん朝師匠とのり平さんの芸談。

        志ん朝の志ん生襲名にまつわる噺も凄い・・・、
        ある日志ん生師匠は馬生師匠を目の前に鎮痛な面持ちで「あの、あの」を繰り返す志ん生を
        見かねて馬生師匠が「大丈夫だよ、志ん生は志ん朝に継がせるから」・・・あの静かな馬生師匠が
        穀然としかも自分の親に、それも天下の志ん生を諭すように言った。
        言われた志ん生は滂沱の涙を流しながら「すまねえな」を繰り返したと・・・惨い。
        馬生さんのダメージは、思いは、いかほどだったのか、高座さながらの人間味が述べられている。

        話は、ガラリと変わって、志ん輔さんのケータイ日記。
        これが、単に、スケジュール替わりの日記であるが、
        毎日、浅草や池袋、新宿の高座へと忙しく動き回り、その日のネタと、食事の様子が述べられている。
        でも、凄いのは、その合間をぬってカラオケで行われる稽古・・・・
        時間があれば稽古、調子が悪ければ稽古、まさにウォーミングアップ替わりに行われる。
        この、裏で行われる、素振りの凄さに、どの世界でも真のプロの真摯さを感じる。

        芸を究める、噺家の、日常が垣間見れますよ・・・・。
        >> 続きを読む

        2013/06/12 by ごまめ

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています

【古今亭志ん輔】(ココンテイシンスケ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本