こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


BronteEmily Jane

著者情報
著者名:BronteEmily Jane
BronteEmily Jane
BronteEmily Jane
生年~没年:1818~1848

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      嵐が丘
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね!
      • イギリス北部、ヨークシャー近郊にあるハワース。
        <嵐が丘>アーンショウ家と<鶫の辻>リントン家の間で起こった激しい愛憎劇が描かれています。作品の持つパワーに終始圧倒されていました。あまりに激しくお互いがぶつかりあうので、読んでいる方は大変疲れました…。打ちのめされはしましたが、出会えてよかったと思えた作品でした。そして、人生初の乱丁本に当たった本でもあります。

        復讐に固執する男・ヒースクリフや気性の激しいアーンショウ家の人たちによって物語は加速していきます。
        しかし一番怖いのはこの人たちではなく、女中のネリーでした。彼女が動くことで事態をよりややこしくしていたと思います。キャサリンの夫エドガーに告げ口したことごとくが火に油を注いだ結果となりました。「ネリーこそ隠れた敵だ」とキャサリンがわめいていた通りで、不信感が増すばかりでした。物語を進めていくと、ここぞという場面でそれが発揮されます。この人が黙っていれば…と思うことしばしば。ネリーが嵐が丘と鶫の辻のことを語っているためヒースクリフなんぞ悪鬼の如く散々なのですが、信頼できない語り手の言うことなので、本当はどのような人物なのかイマイチ掴めません。
        都会から移り住んできたロックウッド視点の方がよっぽど信用できます。彼はネリーの話だけでなく、キャサリンの日記も嵐が丘の人たちも実際に見ていますから。ネリーが天使のように讃えているキャシーを見て、「あまり取っ付きやすくなさそうだ。ディーンおばさんの触れ込みほどには」という感想を漏らしています。
        嫌悪感を抱きつつも、このキャラクターが動かす物語のおもしろさも理解できます。

        激しい復讐劇ではありましたがラストの穏やかさを見ると、やはり恋愛ストーリーだったのかな、とも思います。
        子ども世代が可哀想でした。特にリントンが…。ネリーが語っている部分なので怪しいのですが、子世代までも復讐の対象にはしてほしくなかったなぁ。
        ヘアトンとキャシーが良い関係となったのが救いでした。
        >> 続きを読む

        2021/09/05 by あすか

    • 他5人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      嵐が丘
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 19世紀英国版の「家政婦は見た!」って言っていいかしら。自分の事しか考えない人間が寄せ集まったら、なんともドラマチックな愛憎劇が出来上がりましたとさ、というシロモノ。愛するにも憎むにも泣くのにも絶望するのにもパワー全開。これらのパワーに圧倒されながら物語を追っている途中に「なぜ、敢えてそこへ行く!?」とツッ込みたくなる事しばしば。でも、みんな本気で命がけ。だったら、こっちも物語の舞台にどっぷりとハマってやろうじゃないの! つまり読む方もそれなりの体力が必要ってコトよ。 >> 続きを読む

        2021/08/28 by かんぞ~

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      嵐が丘
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 【暴論、ごめんなさい】
         何度か読んだのですが、ごめんなさい、どうしても歯がゆくて
         ファンも多くいる作品なのに、こんなレビューを書くのはどうかとも思うのですが、ホンネで書きます。こんな風に読んだ人もいるのだということでご容赦を。
         
         大体、あれほど怪しいヒースクリフの家に、何であんなに無警戒に、というか、繰り返し繰り返し行くのですか?
          結末は、作者なりにつけているとは思うけれど、読んでいる途中で、「何でそんなところに行くの?」って、ずっと思ってた。
         これも、「歯がゆい」と言えばそうだし、何よりも、「あなたは何をどうしたいの?」と思っちゃう。

         本当にヒースクリフが好きだったのなら、愛していたのなら、もっと早くきれいに決着できるでしょうに(いや、確かに、エミリーが書いているヒースクリフの性格はとんでも!なので、あいつと折り合いが付けばということですけれど……だって、最後には折り合いついちゃうわけでしょ? どうしてそうなるのかが、あんまり納得しないのだけれどね)。

         そもそも論を書けば、ヒースクリフって、何であんなに執念深いの?
         もう、放っておいて、自分が好きに生きれば良いのに、執念深いよね。
         まぁ、そうしたかったのかもしれないけれど、そこに「強引に」割り込んできたキャサリンって、何で関わらなくても良いことに関わるの?
         「好きだったから」というのが答なら、もう少し、気持ちを伝える術はあったよね。

         「名作」として、今の子供達にも勧められている本なのかなぁ。
         はっきり言って、子供達に読んでもらいたい本としては、私は推薦しません。
         先ほど書いたとおり、今の感性で読むと、余計に「変」としか思えないし、ましてや子供達に、まずこれを読んで欲しいとは決して思えません(何だら教育委員会の推薦図書とかにまだこういうのが上がっていますか? 私はオススメしないなぁ、子供達に読んで欲しい本としては)
        >> 続きを読む

        2021/05/30 by ef177

    • 1人が本棚登録しています
      嵐が丘
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 光文社古典新訳文庫、上下巻の上巻。

        ブロンテ3姉妹の次女、エミリー・ブロンテ1847年の作品です。
        イギリス、ヨークシャーの荒野が舞台となり、リントン家とアーンショウ家で起こるとてつもない悲劇が描かれています。

        読み始めから不穏な空気が漂います。
        場面場面で人と人との争いが絶えません。この先の話はどうなってしまうのかと不安な感情に襲われます。
        同時代の作品だと、貧しく過酷な環境でも、懸命に生きていればそこから一筋の希望が見えてくるという物語(例えばシャーロット・ブロンデとかディケンズとか)が主流なので、ズブズブと泥沼にはまっていくような展開をなすこの作品は、当時では異質だったことでしょう。
        私も他とは違う違和感を覚えました。

        ただ語り手が次々に入れ替わる作品の構造とか、人間の悪・闇の部分をかなりの筆圧で描ききっている所はすごいと感じました。

        いずれにせよ、こういう内容で書こうと思ったE.ブロンテのぶっ飛び具合に感服してしまいます。

        さて後半はどうなるのか、前向きな話には絶対ならないところへ向かう重い気持ちと、どこまで落ちるんだろうという怖いもの見たさとが入り混じった気持ちでいます。
        >> 続きを読む

        2018/01/17 by Reo-1971

      • コメント 1件
    • 4人が本棚登録しています

【BronteEmily Jane】(BronteEmily Jane) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

長恨歌