こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


フレドリック・ブラウン

著者情報
著者名:フレドリック・ブラウン
ふれどりっく・ぶらうん
フレドリック・ブラウン
生年~没年:1906~1972

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      さあ、気ちがいになりなさい
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 『ロビンソン・クルーソー』でおすすめされたので読んでみました。めっちゃ面白かった

        フレドリック・ブラウンの作品はたぶん初めてです。少なくともここに収められているものたちは初見でした。

        全部で12編収められています。どれもユニークで落ちが上手い。
        ブラウン自身は20世紀の人で、1906-1972で、ここに出てくる作品はすべて1940年代のものですね。
        SF史的な流れをみておくと、ウェルズの『タイム・マシン』が1895年、アシモフの『われはロボット』が1950年、J.P.ホーガンやアーサー・C・クラークは1960~1970年代なんですね。1940年代は、あまり知らないな。

        ほんとどれも面白いんですが、『雷獣ヴァヴェリ』『さあ、気ちがいになりなさい』が特にお気に入りです。
        『不死鳥への手紙』の静かな語り口も好きだし、『沈黙と叫び』のラストは秀逸。腕時計を、そこで見るわけね…!
        『雷獣ヴァヴェリ』では某ロボットアニメにでてくるクレムジークというキャラクターを、『沈黙と叫び』ではクトゥルフ神話TRPGを思い出しました。
        『ぶっそうなやつら』『ノック』はショートショートでありそうですね、うまい。

        坂田靖子さんの解説も面白かったです。
        他も読んでみたいです、ブラウン。
        >> 続きを読む

        2016/09/03 by ワルツ

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています

【フレドリック・ブラウン】(フレドリック・ブラウン) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本