こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


CarverRaymond

著者情報
著者名:CarverRaymond
CarverRaymond
CarverRaymond
生年~没年:1939~1988

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      頼むから静かにしてくれ
      カテゴリー:小説、物語
      4.7
      いいね!
      • 頼むから静かにしてくれ〈1〉。レイモンド カーヴァーの著書。村上春樹先生の翻訳。日常生活の延長線上でストーリーが展開されるけれど、決してつまらない平凡な内容にはならないのがレイモンド カーヴァー先生の文才のなせる業なのでしょうか。どことなく村上春樹先生との共通点を感じてしまいます。 >> 続きを読む

        2019/02/10 by 香菜子

    • 5人が本棚登録しています
      大聖堂
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • カーヴァーは、行き場のない悲しみが文章からこぼれ落ちる感じが好き。

        2016/03/16 by one

    • 5人が本棚登録しています
      〓
      カテゴリー:小説、物語
      いいね!
      • 7つの短編小説と、訳者の村上春樹による回想を含めた長めの解題から構成される。

        「引っ越し」
        引っ越しを繰り返す厄介者の母は、僕とパートナーの住む町から去ろうとしている。
        面倒な母親だが不思議な存在感があり、心に残る。

        「誰かは知らないが、このベッドに寝ていた人が」
        深夜の間違い電話と、夜明けまで続く妻との会話。妻は植物人間になった場合にどうすべきかを夫に問う。

        「親密さ」
        小説家の男は別れた妻の町を訪れ、4年ぶりに再会する。妻は夫の裏切りを非難し、責め立てる。

        「メヌード」
        いまの妻と関係を持ったことから前妻と別れた男は、向かいに住む家庭ある女性と関係を持つようになる。
        それぞれのパートナーに浮気が発覚し、男は決断を迫られる。
        メヌードは友人アルフレードが作ったメキシコの内臓料理。

        「象」
        だらしない母、別れた妻、ヤクザな男と結婚し二子をもつ娘、大学生の息子にそれぞれ仕送りをする男。さらには失業した弟からも金を無心されるようになる。
        男は子どもの頃に肩車をしてくれた父を象のように感じていたことをふいに思い出す。
        暗い状況にもかかわらずユーモラスで勢いのある表題作。

        「ブラックバード・パイ」
        愛する妻は牧場主に連れ去られる馬たちと保安官補とともに、不可解な手紙を残して男の元を去ろうとしている。死をイメージさせるシュールレアリスティックな作風。
        タイトルの料理は現実には存在しない。

        「使い走り」
        チェーホフの臨終までと、最後を過ごしたホテルでの出来事を描く。
        作者はこの小説を書いている時点で医者によって癌を宣告されていた。

        <解題>
        冒頭で出版の経緯や作者の作品群のなかでの位置づけが紹介されたあと、訳者が作者の墓参りと妻のテスに再会したときの回想がつづく。訪れたカーヴァーの部屋ではマーク・ストランドによる「物事を崩さぬために」という詩に偶然出会う。各章の解題は後半に記される。
        >> 続きを読む

        2020/07/22 by ikawaArise

    • 2人が本棚登録しています

【CarverRaymond】(CarverRaymond) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚