こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


ロアルド・ダール

著者情報
著者名:ロアルド・ダール
ろあるど・だーる
ロアルド・ダール
生年~没年:1916~1990

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      マチルダは小さな大天才
      カテゴリー:小説、物語
      2.5
      いいね!
      • 天才少女の痛快仕返し物語。
        マチルダは、3才になる前から文字が読め、5才にして、図書館の本を読破。
        そんな彼女は、とんでもない両親のもとに生まれた。
        インチキ中古車販売業の父親とテレビ好きな母親。
        お仕置きされたマチルダがする、知恵を絞った強烈な仕返しが痛快。

        そして、マチルダが入った、小学校の女校長は、暴力的・高圧的。
        ここでは、優しい先生ミス・ハニーと出会い、超能力を開花。
        幽霊をよそおって、校長を追い出すところも痛快。
        小学生女の子向きの面白い物語。
        >> 続きを読む

        2014/09/05 by てるゆき!

      • コメント 1件
    • 他2人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      チョコレート工場の秘密
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね!
      • 映画にもなっているので読み始めました!
        チャーリーの心やさしい場面や家族愛などがありほっこりする作品です!
        また工場長がチャーリー以外の子供たちにいたずらする場面も面白いです。
        映画を先に見ても面白いのでぜひ読んでみてください!
        >> 続きを読む

        2015/04/30 by omu

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 11人が本棚登録しています
      キス・キス
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      •  異色作家短編集の第1巻を飾るのは短編の名手、ロアルド・ダールです。それでは、収録作品のいくつかをご紹介。

        ○ 女主人
         ロンドンからやってきた旅人は赤帽の勧めでとあるホテルに泊まることにしました。確かに赤帽が言うだけあって破格の安値でした。そのホテルにはオウムや犬の見事な剥製が飾ってあったのです。一体これだけ素晴らしい剥製を誰が作ったのかと女主人に尋ねたところ、「私ですよ。」と。

        ○ ウィリアムとメアリイ
         夫であるウィリアムは不治の病により亡くなりました。しかし、友人の医師の申し出により、自分の身体をある実験のために提供することに同意したのです。その実験とは、死体から心臓と脳、片目だけを摘出して生かし続けることでした。
         この実験が成功すれば、死んだ後も意識はあり、見ることも可能だと言うのです。もちろん、他の感覚器官は諦めなければなりませんし、話すこともできないのですが。
         この実験は成功しました。そして、未亡人となったメアリイは、生前に書かれた夫の手紙によってその事実を知ったのです。メアリイは、夫の心臓と脳、眼球が接続された「もの」を自宅に持ち帰るのだと強行に主張します。それは何故かと言えば……

        ○ 牧師のたのしみ
         骨董家具商のボギス氏は、古い民家などを回って掘り出し物を見つけ、それを安く買い叩いては高額で売りさばく商売をしていました。安く売ってもらうために牧師の扮装をして。ある時、まさに掘り出し物の箪笥を見つけたのですが、すぐに飛びついたのでは値の張る骨董品ではないかと疑われ、足下を見られるのがオチですので、さも関心がなさそうに、それでもまぁ、「この箪笥の足を切り取れば運送屋がうっかり壊してしまったテーブルの足につけかえて使えますかな」などと言い安値で買い取ろうとします。実際、この歴史的名品の箪笥を売りに出せば2万ポンド、あるいはそれ以上の高値で売れることは間違いありません。気のない素振りの値段交渉の末、20ポンドで買い取ることに成功しました。思わずこみ上げてくる笑みをかみ殺しながら、「それでは車を持ってきますので積み込むのを手伝ってください」と言い残して近くに停めてあった車を取りに行きます。
         家主は、「こんなでかい箪笥が車に乗るもんか。さてどうしたもんだろう。」と思案していたのですが……

        ○ ほしぶどう作戦
         ガソリンスタンドを経営しているクロードとゴードンは、何とか雉を密猟して一山当てたいと考えていました。もちろん、見つかったら刑務所行きなのですが。で、考え出したのが「ほしぶどう作戦」。雉はほしぶどうが大好きなので、これに睡眠薬を仕込んで食べさせれば、猟銃を撃って音を立てることもなく沢山の雉を捕まえられるというもの。睡眠薬入りのほしぶどうをしこたま用意して、番人の目を盗んで雉の近くに投げたところ、うまく雉が食べるではありませんか。こうなったらもう手に入れたも同然。本当にそうか?

         ロアルド・ダールの作品は、短編の名手と言われるだけあって、大変小気味よく、また、皮肉な結末が用意されています。粒ぞろいの短編をどうぞ。
        >> 続きを読む

        2019/10/23 by ef177

    • 1人が本棚登録しています
      ガラスの大エレベーター
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 宇宙エレベーターに宇宙ホテル!
        今まさに人類がやろうとしていることを1978年に
        んなにもステキに書いてるなんて驚き。

        奇想天外なお話ではあるけど、実現できたらなぁと
        子供の頃に空想した世界がいっぱい詰まっていて
        チョコレート工場と同じように、コドモの希望とわくわくが
        ぎゅっと詰まった楽しい宇宙旅行でした。

        ロアルドダールらしい人間のずるさや汚い部分を
        風刺する部分もたくさんあったり、楽しみながら
        押し付けがましくなく考えさせられる1冊です。
        >> 続きを読む

        2013/10/18 by 山本あや

      • コメント 12件
    • 2人が本棚登録しています
      こわいい動物
      カテゴリー:
      4.0
      いいね! syuna
      • 「こわいい動物」の原題は『Dirty Beasts』 “ガツガツした””いやーな”動物たちのこと。

        この本はライム集です。
        ライムっていうのは、「言葉あそびがいっぱいのおもしろい詩」のこと。
        韻をふみ、ジョークや似た音の言葉をふんだんにいれているので、
        日本語訳は至難の業だと思われます。

        ダール=ダークだという証明にちょうどいいのがこの作品。

        子供っぽく品のない笑いに満ちて、想像力と言葉遊びに満ちて。
        内容は、笑えて怖い。だから「こわいい」動物。

        「辛辣でブラックな話ですが、生きる元気にあふれている」と翻訳者の拝島さん。

        どんな風に「こわいい動物」なのか。それは読んでのお楽しみ♪

        【もくじ】
        ブタ
        ワニ
        ライオン
        サソリ
        アリクイ
        ハリネズミ

        カエルとカタツムリ
        おなかのかいつぶり

        私は「ブタ」がなんてったってお気に入り。
        「カエルとカタツムリ」……ダール、イギリス人です。フランス人に偏見ありませんか?
        フランス人が激怒しそうなふざけた、でも、楽しいファンタジー?です。

        好き嫌いはあるでしょう。
        ショックを受けちゃう人もいるかもね。

        でも、子どもって、多くは、こういうグロイ笑いって好きなんですよ。
        (そうでない子ももちろんいます)

        ダールを読む前にマザーグースに慣れて準備運動しておいたほうがいいかも。

        けれど、このライム集。
        読んで、笑って、その後に、
        なんだか人生考えちゃったり。
        そんな一瞬もあるかもね。

        「こわいい動物」に慣れてれば、「チョコレート工場の秘密」の
        キツイ冗談にびっくりすることもなく、心おきなく笑えるでしょう。


        『ブタ』
        むかしイギリスに、
        ぶったまげるほど頭のよい
        ブタがいた。
        だれもがみんな、知っていたよ。
        このブタ、何でも知っているって。
        どんな計算もサラサラ解くし、
        どんな本でもスラスラ読んだ。
        飛行機が飛ぶ仕組みやら、
        エンジンはいかにして働くか、
        なんでもかんでもわかっていたが、
        なんともかんともわからないのは、
        「命はいったい何のためか?」
        この答えだけが見つからない。
        どうしてわたしは生まれてきたの?
        どうしてこの世に生まれてきたの?
                (…以下略)

        あとがきに訳者の翻訳苦労話が載っていますが、それがなくても、日本語訳、大変だったろうな~。
        と充分想像できます。

        子供向けの絵本であっても、このような作品集の場合、
        英語の原文も併記しておいて欲しいと思います。

        それは、もちろん、翻訳者の腕を信じて。のことです。
        その努力と成果をきちんと味わうためにも。
        将来的に英語を学ぶ子どものためにも。
        >> 続きを読む

        2013/08/27 by 月うさぎ

      • コメント 16件
    • 2人が本棚登録しています
      チョコレート工場の秘密
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • チョコレート好きにはこたえられない、夢のようなチョコレート工場のお話し。
        映画やミュージカルにもなっている、世界的な大ベストセラー&ロングセラーです。

        ロアルド・ダールは鬼才と評される作家なのですが、
        この童話を読んでもものすごい想像力の持ち主であるということを実感できるでしょう。
        そして、誰もが夢にみるでしょう。
        こんなチョコレート工場が自分のものだったらなあ。と。

        【ストーリー】
        外界から隔離され秘密めいたワンカ氏の巨大なチョコレート工場。
        チャーリー一家はその工場の目の前で暮らしていた。
        4人の祖父母、おとうさん、おかあさんとチャーリー。全部で7人。
        仲は良いけれど食うにも困るひどい貧乏暮らし。
        年寄りたちは寝たきりだし、働き手は父さん一人なのだ。
        ある日、チョコレート工場の工場主ウィリー・ワンカ氏が
        秘密のチョコレート工場に5人の子どもを招待すると発表した。
        板チョコに隠された5枚のゴールデンチケットを求め、世界中が熱狂する。
        チャーリーにだって、もちろんチャンスはある!

        工場見学の日の朝、10年間人目を避けていた鬼才ワンカ氏がついに姿を見せた。
        黒いシルクハット、干しブドウ色の燕尾服、緑色のズボン、灰色の手袋。
        アゴヒゲをはやし、手にはステッキを持った見るからに風変わりなとても小さな人物だった。

        秘密の工場の中に広がっていたのはワンカが作り上げた奇想天外な世界!
        彼の招待の本当の目的は何だったのか?

        【登場人物】
        チャーリー・バケット(Charlie Buchet)
        貧しい家庭に生まれたが、家族愛には恵まれている。チョコレートが大好きだが、貧乏なので年に一度、誕生日に1個しか買ってもらうことができない。

        バケット夫妻(Mr.&Mrs.Buchet)

        ジョーじいさん(Grandpa Joe) 父方の祖父。
           ウォンカのチョコレート工場の見学にチャーリーの保護者として同行する。

        ジョセフィーンばあさん(Grandma Josephine) 父方の祖母。
        ジョージじいさん(Grandpa George)ジョージナばあさん(Grandma Georgene) 母方の祖父母

        ウィリー・ワンカ(Willy Wonka)  天才的なチョコレートメーカー。
          ライバル会社の産業スパイ行為のため従業員を全員解雇し引きこもりに。

        ウンパルンパ(Oompa Loompa) チョコレート工場で働く小人一族。

        オーガスタス・グループ(Augustus Gloop) 大食漢の肥満少年。

        ベルーカ・サルト(Veruca Salt) 金持で何でも欲しがるワガママ娘。
           
        バイオレット・ボールガード(Violet Beauregarde)  ガム中毒のお行儀の悪い少女。

        マイク・テービー(Mike Teavee)  テレビ中毒の少年。
           ギャングものが大好きで体中にモデルガンをくくりつけている。


        この本は「大人向けのファンタジー」などではありません。
        まさに「子どものために書かれた子どもの本」です。
        だって大人か読むと眉をひそめたくなるか、耳が痛くなるからね。

        ダールは大人向きの小説ももちろん書いていますが、かなりキツイ作風で、怪奇小説ともグロともいえる。
        場合によってはうなされます。(^◇^)
        私のイメージはダール=ダークです。

        ダールは児童文学を多数書いています。
        社会への痛烈な皮肉とおちょくりが、児童文学においても見られます。
        子どもならではの心の純粋さにもきちんと訴えかける、美しさがある。
        そして一方で下らない冗談と残虐性に溢れています。
        でも、それと気付かぬうちに、実は倫理的だったりもします。

        悪い子(と親)に、お仕置きを!(`・ω・´)


        実はこの作品、日本ではずっと田村隆一氏が翻訳した本作が読まれていたのですね。

        新訳が出て「田村訳がよかった」という意見が噴出し、評価が真っ二つに割れているようです。

        私も田村さんの翻訳は好きなので、クリスティの翻訳を新訳にしないでほしい~(T_T)
        と訴えている一人であります。

        でも、冷静に比較してみましょうよ。
        旧訳支持者の言い分にはヒステリックで幼稚で見当違いな意見があるように思うのです。
        そこまで言うのなら原文に当たってみて。他の作品も読んでみろよ。と。言いたい。
        だって原作の英文はとても読みやすいよい文章でテキストとして最高です。
        翻訳に問題があるというのなら、児童文学くらい原文と照らして批判しましょうよ。

        「子供にどっちを読ませたいかというと、田村訳かなあ。」なんてイメージで決めつけないで。

        今回旧訳を読んでみて、田村さんだなあ。と思いましたもの。
        ダールは田村さんのように子どもに「優しい」人ではないのです。
        これは、ダールの作品ではなく、田村さんの「チョコレート工場の秘密」なんですよね。
        だって彼は詩人なんです。彼の世界はとても品がいいんです。
        もちろん、田村ファンが多いことも納得がいきました。
        「田村版のほうがチョコレートがおいしそう」という声も。
        これにも私は異論がありますけれどね。

        新訳は教育上良くない?それも嘘です。

        旧訳には「禁止ワード」が出てくるんですよ。
        「気ちがいだ!」「発狂したんだ!」「頭が変なんだ!」
        「馬鹿!」「白痴!」「低脳!」「変わり者!「狂人!」
        ね?すごいでしょ?

        だから新訳に直したんじゃないか?とも考えられます。
        (最近の出版社の自主規制って過剰だと常々感じています。)

        あと(よく知られていることですが)田村訳には小さな誤訳があります。
        例えば、half a mileを1マイル半と誤訳しています。
        これは半マイルが正しいので、ちょっとしたミスです。
        1マイルは1.609344 キロ
        柳瀬氏は「1キロ近く」と訳しています。
        彼は4フィートも1メートル以上と訳しています。
        子どもには子の方が親切でいいと私は思います。

        チョコレートを貪り食うシーンでsolidという単語が出てきますが、
        これを田村氏は「固形物」と訳しているんですよね。
        これは、濃厚なとか食べでのあるとかが正解なんですよ。
        田村さんは物語を訳すのは上手なんですが、簡単な単語チェックは甘いんです。
        簡単な言葉に時々間違いがあるのです。
        些細な点ですし、大人で英語感がある人なら気づくからいいんですけどね。

        何が何でも田村訳。という方は、多分きちんと本を読んでいないのでしょう。

        くどい様ですが、私はアガサ・クリスティは田村訳が好きです。
        外国文学は本当は複数の訳を読めるようにしておいていただくのが、
        一番いいと思うのです。
        せめてそれを保存するのが図書館の役目ではないかと私は思います。

        全国の図書館さん、旧訳本を処分しないでくださいね。
        お願いします。(^人^)

        余談ですが、ダールの短編集「あなたに似た人」(ハヤカワ文庫)も新訳になったそうですよ。
        これを期に読む人が増えるなら、いいことですが、
        またも田村隆一訳が消えるのか…と思うとそれはとてもとても残念です。
        仕方ない。捨てないで持っていよう……。


        【おまけ】
        『チャーリーとチョコレート工場』は作者の学生時代の思い出から生まれた作品でした。
        カドベリー社(日本語名「キャドバリー」)のチョコレート工場から学校の寮に、
        しばしば開発中のチョコレートの見本品とアンケート用紙が送られて来たとのだいう。
        (私の高校時代、同じ経験があります!)
        ダールは研究室に勤務し、おいしいチョコレートを発明して
        カドベリー氏に誉められる場面を夢想していたんだそうです。
        >> 続きを読む

        2013/08/28 by 月うさぎ

      • コメント 26件
    • 2人が本棚登録しています

【ロアルド・ダール】(ロアルド・ダール) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚