こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


フョードル・ドストエフスキー

著者情報
著者名:フョードル・ドストエフスキー
ふょーどる・どすとえふすきー
フョードル・ドストエフスキー
生年~没年:1821~1881

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      カラマーゾフの兄弟
      カテゴリー:小説、物語
      4.6
      いいね! tomato
      • 市原隼人がでているドラマでカラマーゾフにハマり、本も読んでみよう!と思って読んでみた。

        ドラマの前知識があるおかげか、結構スラスラと読めた。
        上巻ではキリストがどうとか神がどうとかそのようなことが語られていて、私や日本人である人はあまりピンと来ないと思う。

        ちょっと哲学的な感じだった。

        上巻なのでまだストーリーは全然進んでいないが、今夜から中巻を読むので楽しみだ。

        内容はたぶん理解出来ていないがとりあえず、ストーリーを楽しもうと思う。

        光文社現代語訳の亀山さん訳のが読みやすいと評判だが、カラマーゾフの空気感が軽いといったレビューを見たため、新潮文庫の原さん訳で挑戦!

        やはり読みやすい=どうしても空気感が軽くなるんだと思う。
        読みにくくても、カラマーゾフの雰囲気を味わいたいのでこのまま読み進めていこうと思う。
        >> 続きを読む

        2015/06/19 by snoopo

      • コメント 4件
    • 他2人がレビュー登録、 26人が本棚登録しています
      カラマーゾフの兄弟
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • 匿名

        ただの物語ではなく、宗教の芯の部分まで考慮されている作品。それぞれの登場人物が自分の考えを深いところまで考えているため、内容理解が追いつかないところもある。ただ自分も深いところまで考えられる人となりたい。
        2巻目のイワンの書いた大審問官は有名
        >> 続きを読む

        2016/06/11 by 匿名

    • 他2人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      罪と罰
      カテゴリー:小説、物語
      4.4
      いいね!
      • 本書は1865年夏、当時のロシアの首都サンクトペテルブルグが舞台となっています。
        農奴解放前夜1850年代末~60年代半ばにかけて首都ペテルブルグの犯罪率は高まり、一大犯罪都市のごとき観を呈していたらしい。
        巻末ではモデルとなった事件がいくつか紹介されています。

        主人公・ラスコーリニコフが罪を犯し、その後の精神状態が詳細に描かれています。
        熱に浮かされ、鬱屈とした日々。
        貧困にも関わらず、お金を大切にしないところも異常をきたしているからでしょうか。
        そして犯罪者心理としては、殺害現場に戻ってしまうのですね。
        彼の罪が表沙汰になってしまうと、母とこれから結婚する妹はどうなってしまうんだとハラハラしながら読んでいました。
        いまいち殺人の動機がよくわからず、ラスコーリニコフに感情移入することができません。
        『ひとつの命とひきかえに、何千もの命を救える』と作品紹介に書かれていますが、
        本当にこのような目的があっての殺人だったのか。それともただの妄想なのか。

        「白痴」とは違い、ドストエフスキーの思想が多く入り込んでいないので、ストーリーを追えばいい分読みやすく感じました。
        ラスコーリニコフが最終的にどのような選択をするのかが楽しみです。
        私は罪の意識に苛まれ、自首すると思っています。
        もちろんそれだけでは終わらないのでしょうけど。
        >> 続きを読む

        2017/09/20 by あすか

      • コメント 8件
    • 他2人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      罪と罰
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • ようやく読み終わりました。
        文学の訳本全般における気になる点ですけれど、会話が不自然というのがあります。こればっかりは原文を読めない自分が悪いのですが。。。
        どうしても登場人物の会話が気になってしまいますね。

        それは置いておいても、ロシア美少女を想像しながら読むと捗ります。
        >> 続きを読む

        2016/05/10 by さったん

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      罪と罰
      カテゴリー:小説、物語
      4.6
      いいね! tomato charo
      • 読んでいる期間、自分も誰かに追われているような錯覚に陥った。


        >> 続きを読む

        2016/11/04 by charo

    • 他1人がレビュー登録、 22人が本棚登録しています
      罪と罰
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 2005年4月読破。

        2015/12/17 by Y96

    • 9人が本棚登録しています
      罪と罰
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 2005年4月読破。

        2015/12/17 by Y96

    • 5人が本棚登録しています
      やさしい女
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      •  ドストエフスキーという人が、私はやっぱり好きだと思いました。彼が描く、繊細で謙虚で、ちょっと空想癖がある、物凄くいい人だと思うので、私ならこういう男性を放っておかないんだけど、どうやら一般的には違うらしい。こういういい男性って損な目に遭うよね、という物語。女性は得てして我儘気まま、あるいは、理解できないものとして描かれている。それは、男性から見た女性像なんだろうな、って気がします。


         『やさしい女』は、質屋の男が、いろんな品物(ふつうの質屋では金に換えてもらえないようなものも)を売りにくる、どうやらワケアリであるらしい少女を見初めてもらい受けようとする所から始まる話。『白夜』は、美しい都市サンクトペテルブルクを舞台に、都市を愛しその空気に馴染んでいる男性が、ある日[違和感]を感じてその正体を探ろうと都市内をふらふらと歩き回っていた時に、絡まれかけた女性を助ける所から始まる話。

         男性ゆえの女性に対する理想像が混ざったなんとも言えない思い込みの激しさと「女性」に対する崇敬心、男女の食い違いが個人的には凄くしっくりくるので、いい作品だなぁと思いました。 
        >> 続きを読む

        2017/05/08 by 理子*

    • 1人が本棚登録しています
      〈新訳〉地下室の記録
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 筑摩版小沼文彦訳に較べると、亀山訳の主人公は、やや男性的な感じ。

        ただ、主人公は、もっとだらしなくみっともない、卑小な人物のはずなので、小沼訳の方が、本来のイメージに近いのではないかと思う。

        それから、亀山訳では、「まったく」を「ったく」と訳すなど、ウケを狙っているのか、妙な言葉遣いが違和感。
        こういう「新しい」コトバは、すぐに古びるし、作品の品格も落とすので、やめた方がいいと思う。

        >> 続きを読む

        2017/09/16 by Raven

    • 1人が本棚登録しています
      永遠の夫
      カテゴリー:小説、物語
      2.0
      いいね!
      • ドストエフスキーが描く人物は、躁鬱病ではないかと思うほど情緒不安定な感じの登場人物が多く、苦手。
        かつて浮気した相手の夫が突然現れる話なのだが、主人公はいけすかないし、夫は何考えているか分からず不気味。
        実に居心地の悪い読後感です。
        >> 続きを読む

        2015/10/10 by asapy

      • コメント 4件
    • 3人が本棚登録しています
      賭博者
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • ドストエフスキーのこの長さのものでは最も読みやすく、作者の凄みが伝わる。博打にはまって、ほとんど病的な敵愾心を抱いていたツルゲーネフに借金の催促をした体験などが盛り込まれている。どうしても長さに臆してしまうという人はこの作を導入にお勧めできる。 >> 続きを読む

        2015/10/14 by aaa

    • 4人が本棚登録しています
      カラマーゾフの兄弟
      カテゴリー:小説、物語
      4.6
      いいね! tomato
      • いよいよ面白くなってきた。

        中巻ではほとんどがミーチャのシーンだ。

        尋問を受けているときのミーチャの二転三転っぷりが本当に面白い。
        ロシア的というか古典文学的というかオペラ的というか、重い空気なのにどこか笑えてしまう。

        ドラマではイワンを軸にしてストーリが転回するが小説ではミーチャなのかな。

        ドラマを見ていたので犯人は誰かわかっているが、もしわからなかったらどういう気持ちでこのストーリーを読み進めていただろうと思うと、犯人を知らずにこの本を読めなかったことに対して少し後悔。

        あと、グルーシェニカってそんなに魅力的な女性なんだと興味を持った。

        今日本屋で下巻を買って早速読む。
        >> 続きを読む

        2015/07/01 by snoopo

      • コメント 6件
    • 15人が本棚登録しています
      カラマーゾフの兄弟
      カテゴリー:小説、物語
      4.8
      いいね! tomato
      • とうとう読み終わった。

        私の読書生活、カラマーゾフを読むことを目標としてきたがとうとう読了した。

        神だとかなんとか論者とかそのへんはさっぱり分からなかったがストーリーを追うだけでも面白かった。

        登場人物のそれぞれがしっかり個性を持っていて、満遍なく全体のキャラクターがしっかり描写されとてもバランスの良い小説だ。

        最後、アリョーシャの子供たちに言う言葉の数々がとても素敵で美しかった。

        でもこの本、日本人ではなかなか心底から理解出来る人は少ないと思う。
        ガチガチのキリスト教で育ったわけではないし、日本の社会がそんなに宗教宗教していないので、それぞれのキャラクターが持つキリストへの信仰心に対して共感したり反撥したりの意見を持つのは難しいのかなぁと思う。

        あまり宗教の概念が根強くないから。

        そういえば、高校のときの英語の先生がすごくアメリカかぶれしていて、キリスト教に改宗して子供もミドルネームがある…みたいな英語の先生がいて…なんかそれって、それってお飾りキリスト教?と感じたことがあるのを思い出した。
        まぁ本人がそれで満足しているなら、私はいいんだけど。。懐かしい。
        >> 続きを読む

        2015/07/07 by snoopo

      • コメント 9件
    • 16人が本棚登録しています
      未成年
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • ヴェルシーロフ公爵の私生児、アルカージィの自伝のような描写。

        一部では、アルカージィの生い立ちから理想への追及が描かれてます。
        アルカージィの理想。
        それは、ロスチャイルドになること。
        貧しきながら富豪なり。
        ホームレスになり、パンと水だけで暮らしながら金を乞う。
        莫大な金額を残して死んでいくのが、彼の理想であり、また試験的に実践する。
        実践により、その意志はより固くなり、第二部へ。

        挫折と堕落を味わうアルカージィ。
        理想は甘美な誘惑に呑まれ、意志が崩れ落ちるも、理想への肥やしで流れ落ちる。
        父性愛が一部では求められ、二部では手に入れたアルカージィは、ほとんどこれを理由に堕落してゆく。

        妹のリーザが、敵の男に凌辱され、前からあった決闘の約束がより間近になる。

        当時のロシア情勢のこと、思想の為に命を絶ったり、凌辱のために命をを絶つといった、殺伐とした、階級の差が激しい様が描写されています。

        色々と勉強にもなるところが良い。
        >> 続きを読む

        2016/06/16 by 扉の向こう

      • コメント 2件
    • 3人が本棚登録しています
      虐げられた人びと
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • ドストエフスキーがドストエフスキーになるまえの長篇で、散漫な印象を与える。ディケンズの影響が色濃いのに注目されたし。 >> 続きを読む

        2015/10/14 by aaa

    • 2人が本棚登録しています
      罪と罰
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • おもしろすぎて睡眠不足、一気読みです。
        亀山訳の読みやすさもあるのでしょう。
        時間が経つのを忘れるくらい、夢中になっていました。

        母と妹との再会。
        マルメラードフの死。
        予審判事ポルフィーリーの心理戦の緊迫感。
        その後まさかのペンキ屋の自白。

        矢継ぎ早に物語は展開していきます。
        ポルフィーリーに追いつめられたとき、すべてが終わってしまったと思いました。
        ・・・捕まってほしくないと思えるほど、ラスコーリニコフに感情移入できるようになってきました。(イケメンですし)
        ドストエフスキー作品に登場する人物は個性的で、それぞれがしっかりと設定されていますね。


        悪のラスコーリニコフに対し、善のソーニャが彼にとってどのような存在になっていくのか楽しみです。
        >> 続きを読む

        2017/09/25 by あすか

      • コメント 3件
    • 6人が本棚登録しています
      ドストエフスキーの言葉
      3.0
      いいね!
      • この一冊でフョードル・ミハイロヴィッチ・ドストエフスキーの全てが判る(気になる)こと請け合いである。
        『罪と罰』などの新訳を手がけた亀山郁夫の序文からして、惚れ惚れするような絶妙の紹介文になっていて、タイトルも「序文 永遠の予言者・ドストエフスキー」。
        19世紀後半のロシアと聞くと、今のわれら日本人とも無縁極まりないかのごとく錯覚に陥るかもしれないが、「おそろしく類似した精神状況を生きている」と亀山氏はいう。
        それは、アナーキーと化した自由の感覚。

        波乱万丈の人生に裏打ちされた思想と人間の本性を見つめる確かなまなざしは時を超えて読み継がれていくのだ。

          あぁ、どうして人間はこんなに意地が悪いのだろう?  善良な人間になるということは、こんなにもすばらしい、こんなにも気持ちのいいことなのに、どうしてわたしはしょっちゅう意地の悪い人間になってしまうのだろう?
               <スチェパンチコヴォ村とその住人>

          人間の残虐な行為をよく「野獣のような」と言うけれど、これは野獣にとって恐ろしく不公平で、しかも失礼な言いぐさだよ。野獣は決して人間のように残酷にはなりえない。……(以下略)
                     <カラマーゾフの兄弟>

          文学--それは絵である。つまり、一種の絵であり、鏡である。情熱の表現であり、きわめて鋭い批評であり、道徳に対する教訓であり、同時にまた人生の記録である。
                         <貧しい人々>

        ページごとに配された、小説中の至言を噛みしめていると、不朽の名著の数々を再読したいと思う、ぜひ新訳で。

        >> 続きを読む

        2015/11/08 by junyo

    • 1人が本棚登録しています

【フョードル・ドストエフスキー】(フョードル・ドストエフスキー) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本