こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


アーネスト・ヘミングウェイ

著者情報
著者名:アーネスト・ヘミングウェイ
あーねすと・へみんぐうぇい
アーネスト・ヘミングウェイ
生年~没年:1899~1961

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      老人と海
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね! Tsukiusagi Minnie su-kun sunflower cocodemer niwashi ryoh3
      • 『老人と海』(ヘミングウェイ/福田恆存訳) <新潮文庫> 読了です。

        実に骨太な作品。
        「配られたカードで勝負しろ」「塩がなければどうするか」を地で行くサンチャゴ老人には、ただただ憧れるしかありません。
        気持ちの弱い方にはぜひ読んでいただきたい作品です。

        無駄のない文章で心情や状況を淡々と述べながら、読者に熱い気持ちを抱かせるのは流石ヘミングウェイです。
        他の作品も読んではみましたが、『老人と海』が最もおもしろいし興味深いと思いました。

        実は二回目の読書です。
        もし奥付どおりに読んだのだったとしたら、前回は三十数年前に読んだことになります。
        ずっと「また読みたい」と心の奥底で思っていて、ようやく二回目を読みました。
        マノーリン少年って、最初から登場していたんですね。
        海に出るまで思っていたより長かったことにびっくりしました。

        福田恆存の解説も、アメリカ文学をヨーロッパ文学と比較して語っているという点で非常におもしろいです。
        ただ、最初に読むと作品への興味が薄れるかもしれないので(アメリカ文学をかなり軽く見ている)、やはり最後に読まれたほうがいいと思います。
        >> 続きを読む

        2018/03/31 by IKUNO

      • コメント 2件
    • 他23人がレビュー登録、 86人が本棚登録しています
      武器よさらば
      カテゴリー:小説、物語
      いいね!
      • 読みやすい

        2016/09/23 by マサキ

    • 6人が本棚登録しています
      ヘミングウェイ短篇集
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • “雨のなかの猫”がとても好き。猫に固執する奥さんの気持ち分かるなあ…

        2016/03/15 by one

    • 2人が本棚登録しています

【アーネスト・ヘミングウェイ】(アーネスト・ヘミングウェイ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

神坐す山の物語