こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


カズオ・イシグロ

著者情報
著者名:カズオ・イシグロ
かずおいしぐろ
カズオイシグロ
生年~没年:1954~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      わたしを離さないで
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね!
      •  ノーベル文学賞を受賞された、カズオ・イシグロ氏の代表作です。
        図書館に予約していたのが届いたので読んでみました。

         結論から言うと、読者を選ぶ本ですね。
        絶賛する人もいれば、まったく伝わらない人もいそうな本です。

         テーマはとても重たいものです。
        そして、大切な情報を伏せられながら物語が進むので、否応なく、なんとなく、モヤモヤした違和感のようなものを感じずにはいられません。

         これは「教えられているようで、ちゃんと教えられていない」という感覚を、読者に実体験してほしかった著者の試みだったのかなぁ…なんて深読みしすぎでしょうか。

         断片的に与えられる情報から予想される主人公たちの境遇が、やはりそうだったのか!とオープンになっても、劇的にスピードアップしたり大事件が発生することもなく、淡々と物語は進みます。
        ある意味ここがすごい。

         どんな教育を受けたのか分かりませんが、主人公たちは彼らの境遇をほぼ100%受け入れているのです。
        一般的な感覚をもっている人間なら耐えられないような驚愕の事実ともいえそうな内容で、実際 彼らの教師の中には思い悩み当惑してしまう人も出てきてしまうのですが、彼ら自身は当たり前のことだと受け入れているのです。

         マインドコントロールと言ってしまえばそれまでですが、この点は読者にある種の衝撃をあたえます。
        伏せられていた設定に対するモヤモヤ感からつながって、作品全体を覆う違和感のようなものが増大するとでも言いましょうか。

         けれど、物語はこのまま終わらず、主人公たちはささやかな抵抗を試みます。
        それは彼らに定められてしまっている人生のむごさからしてみたら、本当にささやかなものです。
        それでも、彼らにしてみたら一大事なのです。

         しかし、それさえも意を満たさぬ結果に終わった時、彼らには何が残ったのか。
        読者にはほとんどすべてのカードがオープンにされた状態でのエンディング。
        ですが、その心象風景から何を読者に投げかけたかったのか、わたしには本当に分かりませんでした。

         風に吹き飛ばされて集まってきたゴミ…私たちの人生もそんなようなもの…
        でもまったくの無意味ではない、たしかにそこに存在はしていた…
        そんな受け取り方でいいのか、読み手に考えさせる文学は本当に苦手です。

         全体的に暗くて、盛り上がりも特になく、読みにくい小説かもしれませんが、興味を持たれた方は是非 手にとってみて下さい。
        読みなれた御手軽な小説などとは一味も二味も違う何かを投げかけてくれる作品です。
        >> 続きを読む

        2018/04/30 by kengo

    • 他18人がレビュー登録、 51人が本棚登録しています
      日の名残り
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • この本は、「古き良き時代」を懐古するという退屈な小説では決してなく、単純に泣けるとか笑えるとかいう類の作品でもありません。ただ静かに、しかしとても心の奥深いところに語りかけてくる作品です。特に終盤Mr.スティーブンスが人生を振り返るような部分にはジワッとくるものがあります。

        Mr.スティーブンスが語る過去のエピソードの中に見え隠れするのは、徹底したプロ意識とそれに対する自問自答であるような気がします。でもMr.スティーブンスはMr.スティーブンスであって、そのようにしか生きられない人なのだと思いますし、その中でこそ高貴なる品格を失わなずに生きることが彼の生き様だったのだろうなあと思います。

        誰しもきっとある程度の年齢になれば「あの時こうしていれば」とか「他に違う生き方があったかもしれない」とどこかで思うところがあるのではないでしょうか。

        Mr.スティーブンスも多分ちょっとだけそう思っていながらも、最後に「これで良かったんだ」と、そして「自分の生き方は間違っていなかった」と振り返ります。
        それは彼が彼自身である理由を見失わずに、ストイックに生きたからこそそう思えるのでしょう。

        きっとMr.スティーブンスのように、いつか見知らぬ海岸沿いでそんなことをつぶやけることが幸せなことなのかもしれません。

        設定が現在の日本から遠いのは確かです。例えばMr.スティーブンスのような「執事」はもう英国にさえいないのかもしれず、もしかしたら日本の侍のように、本当にその人達が過去にどんな精神性を持っていたのかは誰にもわからないような、もう消えた人種なのかもしれない。時代も国も違うし、少なくとも自分の周りに「〜ではありますまいか。」なんて言う人はいない。

        でも300ページ以上に亘るMr.スティーブンスの語りかけに耳を傾けていると、こんなことを思うのです。「自分はこうあらねばならない」と思って生きている人って、とても一生懸命で、真面目で真っ直ぐで、だからとても不器用で頑固で誤解されることもあったりして、人生損してるような感じですよね。で、大抵アメリカンな時代感覚からかけ離れていたりしますよね。良い悪いとか好き嫌いではなくて、いますよね、そういう人。

        自分はそこまでストイックに生きていないと思うのだけれど、少なくとも後悔はしないように、できるだけ自分にできることや自分が大切にすることを見失わないように、生きていたいと思うのです。

        そんなことを、執事というペルソナに当てはめて語らせるカズオ・イシグロさんはさすがです。

        他の方のレビューで翻訳が良いと書かれていたのですが、期待を裏切らないきれいな言葉ばかりでした。堅苦しくならずに品格を維持する語りは本当に凄いと思います。
        思わず、「〜ではありますまいか。」っていう言い回しが日常でも口をついて出てきそうなほどに、素敵な翻訳でした。(皮肉ではありません笑)
        >> 続きを読む

        2018/05/16 by lafie

    • 他9人がレビュー登録、 25人が本棚登録しています
      わたしたちが孤児だったころ
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • ノーベル文学賞ということで読みましたが、どうもつまらない。内容が頭に入らない。私にはいまいち合わないと思った。なにが面白いのかわからない。 >> 続きを読む

        2018/01/05 by rock-man

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      遠い山なみの光
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 何だろう、このモヤモヤした感じ。

        佐知子、、、投げやりで、自分の子どもに対して適当というか冷たいというか。それでいて、自分はちゃんと子どもの幸福を一番に考えているのだと話す。プライベートを話したがり、肯定してもらいたがる。「訊きなさい」「喜んでくださらないの?」の押しつけがましさ。裕福ないい家庭に生まれたのに今は、、という不満?プライド?、、どっちに歩き出せばいいのか、、迷いの中にあって迷いを否定したい、、。

        父と息子の価値観の違い。息子は父に礼儀正しく父の言うことを無碍にできない。適当に話を合わせる。父も息子に気兼ねしながらも分かってもらいたい。

        長崎の原爆、戦争の前と後で人々は変わってしまった。変化に戸惑い、変化をどう受け入れ、変化にどう適応すればいいのか。よりよく生きていくためにはどうすればいいのか、わからないまま迷っている人たち。

        戦前戦後の”価値観の変化”、日本とアメリカやイギリスの文化の違い、日本人が故郷を離れ海外やなじみのない所で暮らすこと。拠り所、希望、生き甲斐・・・。

        変わることは当たり前のことではあるけれど、自然によりよく変われるかどうかは人それぞれで、変えたくない人やどう変わればいいのか希望のもてない人もいるのだね。何がよくて何がよくないのか、昔の習慣だって、良いところ悪いところ両面あった。いつでもそう。人間がたしかに生きていくというのは、なかなか難しい。

        変えたくない人は無理に変えてしまわなくていいよって、言ってあげたいなあ。(価値観って人の数だけあっていいんじゃない?押しつけなきゃいい)

        生きとし生けるものが幸せでありますように・・・。

        小津安二郎監督の「東京物語」を観ているようです。
        静かに、じわじわくる空気感がすごい。迷い立ち止まりながら、それでも一歩一歩前へ進まざるを得ない、、、人間の心の内が伝わってくる。
        >> 続きを読む

        2017/12/28 by バカボン

    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      充たされざる者
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • いや~長い長編。
        しかし3日しかストーリー的には進んでなくて。
        で、
        次から次へと、予定が入り・・・で。
        でも
        不思議とストレスは溜まらない。
        むしろ「えっ?!」ってユーモアもある。
        読みやすい。
        個人的には好きではないけども、登場人物が多いからメモおススメ。主要人物はある程度限られているから、文庫本に付録的につけていただけたらありがたいとも個人的には思う。

        しかし久々の投稿。汗

        でも決して読みにくくないです。

        そして読み終えた時の達成感はさすが長編!って感じですよね!



        やっぱ物質、紙で重さを感じながらの読書が好き。
        コーヒーお供にね!
        >> 続きを読む

        2018/03/03 by ジュディス

    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      わたしを離さないで
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 2018/02/27読了

        ノーベル文学賞を受賞する前にドラマ版を観た。
        わりと好きなドラマだったから、読みながら思い出しつつ、
        共に映像が浮かんできた。
        その後、映画版も観た。

        どれも、ちょっとづつ描き方が違っていたが、
        原作の雰囲気は壊していなかったように思う。


        倫理とか、そういう観点からいえば有り得ない話だと思うけれど、
        登場人物が、その運命に抗わずに受け入れていく、その強さが切なくて。
        良い作品だと思う。





        >> 続きを読む

        2018/02/27 by ゆ♪うこ

    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      浮世の画家
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 寂しい・・・切ない・・・

        変わり方が”極端”なんだな~。右から左へ。

        中道を堂々と歩けばいいんだけど、どこが中道なのかがわからない。その時代の空気によって、迷いながら生きている人間。それが人間。

        みんな最善を尽くしているつもり。よかれと思って・・・。

        「”若者の性格”が変わってしまった」のではなく、「社会の変化」に順応しているのでしょう。

        ”急激な”変化のもたらす混乱。たしかに、戦前より礼儀正しさや人柄のよさ(従順さ?)はなくなったかも知れない。それは戦争による混乱や変化が大きい分、強く感じられるかも知れない。がそれは一面(憂うべきものかも知れないけど)。戦前がよかったというのも、戦前はよくなかったというのも、どちらもちがう。大ざっぱすぎ、善悪極端すぎる。色々な面がある。いつでも、良い面良くない面両方ある。

        大人は、過去の過ちを直視すること。勇気と正直さでもって。
        反省しつつよりよい方向へと、小さくてもできることを精一杯、今をしっかり生きいていく。それしかない。それでいい。

        戦争(革命)はよくない。大きな変化や混乱をもたらすものは、危険。それが、一部の人間の考えによるものなら特に。

        よりよい変化は一人一人の人間の内側から起こる。社会の変化はその”総意”であるべき。(社会の影響とその責任は非常に大きい)


        戦争の罪の深さを感じる。



        小野さんの思いが胸に迫る。
        色々と考えさせられるすばらしい作品だと思います。

        (方向性が違っていれば、”じわじわと”気がつかないうちに大変なことになってしまう。だから、方向性が重要なんです。”戦争や革命”がない時期には、方向性をよくよく見極めておかないと危険だと思うのですが、、、。でも修正の可能性はあります。)
        >> 続きを読む

        2017/10/29 by バカボン

    • 3人が本棚登録しています

【カズオ・イシグロ】(カズオイシグロ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本