こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


LewisClive Staples

著者情報
著者名:LewisClive Staples
LewisClive Staples
LewisClive Staples
生年~没年:1898~1963

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり〈1〉 (岩波少年文庫)
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • レビューがあまりにも高評価だったし、映画も面白かったのでさぞ面白いんだろうなぁと思って読んでみたが、思ったより内容が平易だった。
        ストーリーの起伏がそんなにはっきりせず、戦闘シーンもあっさりでそんなにハラハラしなかったので私にとっては簡単なストーリーに感じた。

        ライオンのアスランはどう見てもイエス・キリストがモチーフ。
        彼が夜に出かけて行き白の魔女やその化け物たちに縛り上げ殺されるシーンはまさにキリストの磔シーンそのもの。その後の復活も然り。
        そもそもナルニア国ものがたり自体が聖書がモチーフらしいが、アスランがイエス・キリストがモチーフだったら白の魔女やペペンシー兄弟や他の展開は何を意味しているんだろう?そこが気になる。

        まだ物語の1作目なので、これから読み進めていくとだんだん面白くなっていくんだろうか。
        >> 続きを読む

        2015/07/07 by Nanna

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      カスピアン王子のつのぶえ ナルニア国ものがたり
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • ナルニア国物語。前作 ライオンと魔女の続編。

        カスピアン王子の角笛に呼び出され、再びナルニアを訪れる4人。

        現実世界が意識され過ぎて、前作よりファンタジー度が下がっている気がする。

        続編と言う性質上、仕方が無い面も有るのだろうが、主人公の4人が現実世界からナルニアへ、ナルニアから現実世界へと行き来することが前提となってしまっているため、それも含めてどうなるのか分からなかった前作とはドキドキ感が劣る。

        また、本作品単体を考えた場合、おそらく主人公はカスピアン王子なのだろうが彼のキャラは立っていない。
        決闘シーンでピーターがエントリーしてしまったのが最大の失敗で、これで完全に影が薄くなったと言える。

        カスピアンも4人の子供と同じくらい輝かせて、初めてシリーズの中で本作品の存在感も確立すると言うものではなかろうか。

        シリーズは、まだ何作か続くようだが、正直モチベーションは低下気味で有る。

        年長の2人は、もうナルニアを訪れることは無いと言う。
        子供と大人の線引きということなのだろうが、この宣告はあまりにも残酷だ。

        映画公開よりかなり時間が経ってしまったが、いよいよ映画版を観たいと思う。
        >> 続きを読む

        2012/05/15 by ice

      • コメント 2件
    • 3人が本棚登録しています

【LewisClive Staples】(LewisClive Staples) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚