こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


NahumLucien

著者情報
著者名:NahumLucien

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      シャドー81
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 冒険小説の名作。
        最初のバンパイア編隊の連呼がかっこいい。
        ミステリ作家のデントナが若い女性のマネキン人形を船内に積んで、それぞれ名前を付ける危ないシーンがある。
        「太陽にこんがり肌を焼いた食指をそそるカリフォルニアのかわい娘ちゃん」にフォクストロットという名前を名づけたところでは、真っ先に「TROTTLA」のサイトを連想した(もしかしたら高木伸代表は、本書のファンなのかもしれない)。
        アメリカ空軍大尉キーガンの「小物にでかい仕事をあてがうとどうなるか知ってるか?・・・どでかい小物さ!」というセリフは面白かった。
        ハイジャックした最先鋭戦闘爆撃機を「シャドー81」と名付けられたところから、俄然緊張感が増してくる。
        ハイジャック犯のアメリカ空軍大尉グラントの「急に機械が故障したなどというばかげたつくり話はしないことだ」という冷静なセリフがよかった。
        ハイジャックに関する報道でニュースキャスタが精神科医の紹介とともに彼の著作と値段まで宣伝するシーンには笑わされた。
        グラントがハイジャック中に尿意と眠気に悩まされるシーンにはリアルさを感じた。
        ラストでグラントがボートに乗り込むシーンでは綾辻行人の某作品を連想した。
        ミステリ的な要素もしっかりあり、本書が冒険小説の記念碑的傑作であることに疑いようはない。






        >> 続きを読む

        2021/01/19 by tygkun

    • 他3人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています

【NahumLucien】 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本