こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


エドガー・アラン・ポー

著者情報
著者名:エドガー・アラン・ポー
えどがー・あらん・ぽー
エドガー・アラン・ポー
生年~没年:1809~1849

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      モルグ街の殺人
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね!
      • この作品は、私の好きなヘビメタのアイアンメイデンの曲と同じタイトルでたまたまエドガー・アラン・ポーを調べていたらあれ?頭のどこかで!引っ掛かりましてアイアン・メイデンと同じ曲じゃんとなり調べたらアラン・ポーの文学史上の記念碑ともいうべき世界初のミステリだそうでトリック、犯人は今読むとまずまずかな?まあ古典ですからね。アイアン・メイデンのほうは死体安置所通りという意味だそうです。たまにこういうことがありまして楽しいですね。 >> 続きを読む

        2016/05/14 by rock-man

      • コメント 2件
    • 他2人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      黒猫 ポー短編集〈1〉ゴシック編 (新潮文庫)
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! chao
      • 学生の時ゴシックとはなんぞや? と思い教授に話をしたところ、これを読みなさいと言われた本です。

        ゴシックについては建築とファッションのイメージが強かったのですが、小説として言語化(?)すると地下と言うか、湿り気と真っ暗というわけではない暗さというか、そういった印象を受けました。
        >> 続きを読む

        2015/02/15 by シシギリ

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      ポー名作集
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 前に読んだ江戸川乱歩の傑作選があまりにも面白かったので、こっちも押さえておかないとと思って読んだ一冊。「モルグ街の殺人」「黄金虫」「黒猫」「アシャー館の崩壊」など有名な8篇の短編集。

        読みながら、江戸川乱歩はこういうところに影響を受けたんだなぁ~と思える箇所が色々登場して面白かった。

        「黒猫」だけは以前読んだことがあって、ものすごいインパクトがあり忘れられない話だった。じわじわと怖いけれど途中で読むのをやめられない感じ。こんな少ないページ数で、こんなに楽しめる作品を生み出せるなんて凄い。

        八篇読んだけど私の中ではやはり「黒猫」が1番だなぁ。
        >> 続きを読む

        2014/09/13 by chao

      • コメント 3件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      モルグ街の殺人事件
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 1841年!
        日本なら江戸時代に発表の本作。
        嘘か誠か地球初の推理小説で密室ものとの事、まずは探偵デュパンの小気味よい推理が冴え中々の立ち上がり。とても古さを感じさせない洗練されたものを感じました。
        また恐怖小説が得意分野とだけあって遺体発見のシーンはかなりぞっとできます。
        そして何より結末! これは凄すぎでしょう!
        初の密室トリックなどとすっかり忘れ去ってしまうような衝撃的なラストでした。
        腰を抜かしました。
        短編ながらあらゆる点で飛び抜けた作品。
        作家界にもこんなレオナルド・ダ・ヴィンチみたいな人がいたんですね…
        >> 続きを読む

        2014/04/23 by 豚山田

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています
      ポー詩集 対訳
      カテゴリー:
      5.0
      いいね!
      • 夜の、冥府の磯でお前の立派な名前は何と呼ばれるか」
         大鴉はいらえた、「Nevermore.(またとない)」
                                  ――「大鴉」


        +++

        ある侘しい夜更け、“私”のもとに一羽の大鴉が舞いおりる。
        その名を聞けば「Nevermore.」。
        愛する人を失ってやつれ疲れた“私”の前に現れた大鴉は、果たして悪魔か預言者か…


        わずか数ページの詩「大鴉(おおがらす)」といえば
        古来有名な「Nevermore.」のくり返しが有名だったりします。
        韻を踏み、言葉を繰り返し、リズムを整え、全体を大きな旋律の流れに包みこむ…
        「詩は音楽なんだなぁ」ということを改めて強く感じさせる作品です。

        というのも一節ごとのラスト、
        リズム感を重視して韻を踏むように語句が配置されているのです。


        たとえば、夜の帳に何者かの気配を察して“私”が扉の外を警戒するシーン。
         Darkness there, and nothing more.(ただ闇ばかり、何もない。)

        続いて、扉を開けてもただ闇ばかりで、響くのは“私”の声ばかりのシーン。
         Merely this and nothing more.(その声ばかり、何もない。)

        しばし扉を開けたままにしても、風が吹くばかりで誰も見当たらないシーン。
         Tis the wind and nothing more!(風ふくばかり、何もない。)

        やがて大鴉と出会うものの、名前を聞いても、何を聞いても、
        答える言葉は「Nevermore.(またとない。)」


        日本の短歌や俳句に通じる形式美だと思います。
        そして形式美だけに留まらない、一大歌劇のようなストーリー溢れる音楽性。


        まるで、悲劇の戯曲音楽を聴いているかのような雰囲気!
        やがてこの詩がフランス近代を席巻していくと思うと
        大好物のランボーやボオドレエルなどの詩人達に通じるものが…


        外国の詩はやっぱり
        自分と感性の合う訳者さんに出会えるかがキモ!


        >> 続きを読む

        2016/07/30 by ロダン

    • 1人が本棚登録しています
      黒猫
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      •  「私は、ウィリアム・ウィルソンという名前である。ところが何時のころからか、自分にそっくりで名前までウィリアム・ウィルソンと同名である男が現れた。
         奴は私がし遂げたことを、常に消去するように働く。それが賭博上の如何様(いかさま)であったのなら、奴はその種明かしをして、私の名望を挫くように働く。」

         そして、最後の対決・・・影法師であるウィリアム・ウィルソンは、「さあ、おまえの勝ちだ。おれは負ける。だが、これからは、おまえも死んでいると思うがいい。この世にも、天界にも、希望にも、無縁になったと思え。おれがいたから、おまえも生きた。おれが死ぬところを、ようく見ておけ。この姿でわかるだろう。これがおまえだ。どれだけ己を滅ぼしてしまったか知るがいい」(黒猫/モルグ街の殺人:小川高義訳:光文社古典新訳文庫)

         エドガー・アラン・ポー(Edger Allan Poe:1809-1849:40歳で死亡)は、アメリカの風土が生み出した、型破りな詩人・小説家でした。生前その作品はほとんど評価されませんでしたが、詩の分野では、フランスの詩人・シャルル・ボードレール(Charles Pierre Baudelaire:1821-1867:46歳で死亡)の「フランス象徴詩」の概念形成に大きな影響を与えました。そのほか、今で言う「ミステリー・推理小説」という概念を一般の人が理解できる50年前に遡り、導入して、実作にも反映させていたわけですね。:シャーロック・ホームズやエルキュール・ポアロの大先輩として、名探偵デュパンを創造しています。また、日本のミステリー作家「江戸川乱歩」のペンネームは、まさにポーのフルネームをもじったものでした。「エドガワ・ァ・ランポ」と言った具合ですね。

         この「ウィリアム・ウィルソン」という小説はいわゆる「ドッペルゲンゲル」のお話に分類される作品で、それら作品群中でも、出色な出来あいの小説になっています。
        ドイツ語で「der Doppelgaenger」(aeはaのウムラウトとしておく、変換できないので)と呼び、「生霊、分身、代役、替え玉」などの意味をもちます。(三修社・現代独和辞典より)doppelが「2重である」という意味を表します。ウィリアム・ウィルソンは、自分の分身に会うことに一面の「喜び」を感じたような気がします。

         シューベルト(Schubert:1797-1828:31歳で死亡)は、ハイネ(Heine:1797-1856:59歳で死亡)の詩にインスピレーションを受け、「影法師/ドッペルゲンゲル」という当時、いや今から見ても特異的な作品を作っています。ピアノは、飛び石のように音を点々と刻むだけ、歌唱も唸るように歌われます。聴いたことのない人は、是非お聴きください。歌曲集「白鳥の歌」の第13曲です。

        芥川龍之介(1892-1927:35歳で死亡)も、生前「影法師:ドッペルゲンゲル」を見たことがあると、彼の著作のなかで語っています。

        最後に:ドッペルゲンゲルを見た人は、遠からず「死ぬ」という言伝えも、短い生涯だったシューベルト、芥川龍之介を例と考えれば、無理からぬところでしょう。大体、ドッペルゲンゲルを見るひとは、アラフォーで亡くなる人が多いような気がします。

         そう言えば、ポーには「大鴉:おおがらす」という長詩があり、「never more」(もう二度とない)と不吉な声を響かせるのですが、この詩がボードレールに与えた影響はどれほどあるか、興味深いところです。
         
        また、シューベルトは歌曲集「冬の旅」の中でやはり不吉だけど「私」の周りを離れないカラスに対する「私の」愛情とも言える気持を歌っています。「墓標だけになっても、私への忠誠を誓え」と歌っています。

        なんだか、今日挙げた芸術家たちは、「カラスつながり」のような気がしてきます。(芥川龍之介の出世作「羅生門」にカラスはよく似合います。)カラス好きの芸術家は、短命に終わる・・・?
        >> 続きを読む

        2013/12/03 by iirei

      • コメント 14件
    • 4人が本棚登録しています

【エドガー・アラン・ポー】(エドガー・アラン・ポー) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

ス-ホの白い馬