こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


ローラ・インガルス・ワイルダー

著者情報
著者名:ローラ・インガルス・ワイルダー
ろーら・いんがるす・わいるだー
ローラ・インガルス・ワイルダー
生年~没年:1867~1957

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      大草原の小さな家
      カテゴリー:文学
      5.0
      いいね! Moffy
      •  最初本を手に取った時、「赤毛のアン」のような物語を想像していましたが、それとは全く異なるタイプの作品で、ローラという小さな女の子目線で語られるお話しでしたが、なんとも壮大なものでした。

         これといった大きなストーリはなく、ローラの一家が大草原で少しずつ少しずつ家を作り、生活をしていく、そんな毎日を綴った一冊。
         歴史や地理、キャンプの知識など、たくさんの情報が盛り込まれています。
         命と力を張って生きていく人々の姿が目の前にありありと浮かび、私も力づけられました。

         また、本当に素敵過ぎるお父さんでした。
         力あって知恵あって、家族に優しく、勇敢で...辛いことや大変なことにあっても、いつでもポジティブで行動力と熱情にあふれ、これ以上の良い父親ってあるかと思うぐらいでした。
         人生を愛し、家族を愛する...お父さんを見ていると、これらがどういうことなのかが分かりそうな感じがしました。
        >> 続きを読む

        2017/08/11 by モッフィー

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      大きな森の小さな家 インガルス一家の物語〈1〉 (福音館文庫 物語)
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね! Minnie
      • 読書ログを始めてから自分の本棚を眺めることが多くなり、この本もよく読んだなーこれも好きだったなーと懐かしく思い出したりしています。

        この本も子供の頃によく読んだ本で、本当に大好きでした。

        アメリカの開拓時代。ローラ、ローラを取り巻く自然、家族との時間。読むと心が豊かになるようです。

        大きな森に住む一家。お父さんは食糧を得るために狩へ行き、お母さんは厳しい冬を乗り越えるために保存食を作って、縫物をする。自給自足で生きる大変さと喜びが生き生きと描かれています。

        ご馳走作りのシーンは特に大好き。
        クリスマスのご馳走の美味しそうなことといったら!
        そしてメープルを雪の上にたらして作るキャンディーは永遠の憧れ。
        >> 続きを読む

        2012/11/06 by Minnie

      • コメント 6件
    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      農場の少年
      5.0
      いいね!
      • これを読むと、豊かさを感じます。
        決して、楽ではないし、厳しいかもしれないけど、凍えるような寒い冬暖炉の前で収穫したりんごで作ったサイダーを家族みんなで飲む場面とか(テレビなんてないですよ。)、羊の毛を刈る話とか、お母さんが焼いてくれるパイとかパンとか、グレイビーソースのかかった肉とか・・・子供ながらに、想像をふくらまし、いいなあと思っていました。 >> 続きを読む

        2012/08/15 by keikokeiko

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています

【ローラ・インガルス・ワイルダー】(ローラ・インガルス・ワイルダー) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本