こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


テネシー・ウィリアムズ

著者情報
著者名:テネシー・ウィリアムズ
てねしー・うぃりあむず
テネシー・ウィリアムズ
生年~没年:1911~1983

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      欲望という名の電車
      カテゴリー:戯曲
      3.5
      いいね! Minnie
      • 戯曲を初めてちゃんと読んだのがこの本だったと思います。その後もそんなに数は多くはないものの戯曲をいくつか読みましたが、最初に読んだ作品だからなのか、やはり名戯曲だからなのか、心に残っている本です。

        今は必ずしもそういうイメージばかりではありませんが、超大国、豊かなアメリカ。そんなアメリカの中に存在する弱さや貧しさを感じることのできる作品です。

        デリケートで優しい心を持ったブランチが現実に対応できずに自己崩壊していく様は人間の本質について考えさせられるものがあります。
        >> 続きを読む

        2012/09/11 by Minnie

      • コメント 7件
    • 3人が本棚登録しています
      ガラスの動物園
      カテゴリー:戯曲
      5.0
      いいね!
      •  坂口安吾が提唱した「文学のふるさと」をご存知ですか?
         絶対の孤独へと突き放すことで生じる静かな美しさ、また、むごたらしいこと、救いがないこと、それだけが唯一の救いという悲劇。もちろん、安吾は、モラルの喪失や突き放すこと自体を重要視したのではなく、ここに人間の基底を見出し、「文学のふるさと」として信用したのです。しかし、この考え方は大きな誤解を招きました。みすぼらしさや悲哀といった、何かマイナスイメージを帯びていないと文学っぽくないと誤解している人がとても多いのです。そう考えている人には吉田健一のこの言葉を思い出していただきたい。
         「全く喜びだけを伝える作品があったら大したものである」(『文学概論』より)
         この言葉の「喜び」の箇所には、喜怒哀楽といったあらゆる感情が当てはまります。感情の糸がもつれる途方のなさに、わたしたちは「人間」を感じる、そして安吾は「哀」の奥深くに眠るなつかしい場所を「文学のふるさと」と呼んだ。まあ、わたしの意見なのであてにはできませんが。
         おいおい、『ガラスの動物園』はどこにいった?とそろそろヤジが飛んできそうなので真情を吐露すると、この『ガラスの動物園』を読めばこの辺りの事情がよく分かるんですね。この物語は救いのない悲劇と言われているが、テネシー・ウィリアムズは、決して読者を闇の奥へ突き放したのではなく、闇の奥からみえる光を感じてほしかった。その光に女優の渡辺えりさん(旧渡辺えり子)はずいぶん励まされたらしい。
         ハリウッド映画にも多大な影響を与えた『ガラスの動物園』、アメリカの「文学のふるさと」はこの作品からみえる希望なのかもしれない。
         
        >> 続きを読む

        2015/02/15 by 素頓狂

      • コメント 1件
    • 2人が本棚登録しています

【テネシー・ウィリアムズ】(テネシー・ウィリアムズ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

経営者、15歳に仕事を教える