こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


GrishamJohn

著者情報
著者名:GrishamJohn
GrishamJohn
GrishamJohn
生年~没年:1955~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      法律事務所
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 私の大好きな作家のひとりであるジョン・グリシャムの、トム・クルーズ主演で映画化もされた「法律事務所」を再読、今回も法廷サスペンス小説としてあまりの面白さに一気読みをしてしまいました。

        ハーヴァート・ロースクールを優秀な成績で卒業した主人公が、税務中心の法律事務所に破格の待遇で就職するのが、この物語の発端。

        この法律事務所、規模は小さいのに、とにかく待遇が群を抜いている。BMWは無料で貸してくれるし、低金利の住宅ローンは付いているし、といたれりつくせり。こんなにうまい話があっていいのかと思うほど。

        そのかわりに仕事もきつい。家に帰る暇もないほどのハードなビジネスなのです。"仕事中毒人間"の日本人にはまさに他人事とは思えない設定で、そのためにこの若き主人公は、たちまち妻との仲がおかしくなってしまいます。

        この小説の前半はそんなふうに物語が進展していきます。その法律事務所にはどうやら裏があるらしく、途中で何度も暗示されるが、物語のちょうど半ばで事態の真相が明らかになるのですが、結局、待遇が破格であることにはやはり理由があったのです。

        そして後半は、この主人公がその真相といかに闘うのか、ということになっていくわけです。この後半の展開は、いささか"コーン・ゲーム"的になるのですが、グイグイと読まされて気がつくともう一気読み状態になっているのです。

        主人公の兄を始めとする個性的な脇役たちが、随所に配置されているのがいいし、物語がスピーディに展開するのが何よりもいいんですね。

        ただ、残念なのは、私がこの主人公にどうしても共感出来ないということです。理想とかに燃えるのではなく、ただ待遇にのみ惹かれて法律事務所に就職するという冒頭から、私はこの主人公に全く共感出来ないのです。世の中をそんなふうに甘く考えている人間には、いずれしっぺ返しが来るだろうと思っていると、案の定、物語の半ばで事の真相が判明して、彼は窮地に立たされるのです。

        しかし、この主人公、この挫折を通して人間として成長するというのなら話も別ですが、基本的な考え方や生き方にその後もあまり変化がなく、闇の力と闘う後半を通しても、一向に人間的な成長は遂げていないのです。

        ハラハラする法廷サスペンス小説としては、確かに何度読み返しても面白いのですが、やはり主人公の人間性に共感出来ないと、読後の爽快感、カタルシスもあまりなく、つらいものがありますね。


        >> 続きを読む

        2016/11/27 by dreamer

    • 1人が本棚登録しています
      謀略法廷
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 50人近い証人が
        計530時間も証言

        71日間の
        正式事実審理

        更に
        42時間の陪審評議

        そしてその後
        陪審員が出した
        前代未聞の評決

        クレイン化学が投棄していた廃棄物が
        ボウモアの町の水を汚染し、
        摂取、接触をした住民が
        次々に癌に倒れて行った


        気になったのは
        夫ピートと小さな息子チャドを癌で亡くした
        ジャネット・ベイカーの弁護をしていた
        ウェスとメアリ夫妻が
        この訴訟で経済的に大ピンチになるのだが
        自分たちだけでなく
        小学生の娘ライザ、
        保育園児の息子マックを
        貧乏な環境にする事に心を痛めている下り

        弁護士だから
        裕福な生活をしていた訳だが、
        瀟洒な新築の家からボロイ狭い住居、
        車もランクを落としているなどの
        辛さや不満を感じている辺り
        アメリカの話とは言え、
        アメリカですら
        家にも事欠いたり
        仕事もないといった人々が多い筈で
        なんか、贅沢な連中だなあと
        その辺は
        あまり共感できなかった

        クレイン化学を有するトルドー・グループの
        最高経営責任者であるカール・トルドーは
        高額な賠償金支払いの評決に怒り心頭、
        最高裁に上訴する予定

        最高裁の裁判官に
        自分の息のかかった人間を送り込む企みを始める


        評決後に
        ジャネットが思い出す
        ピートの最期は
        辛すぎる

        大柄な30歳が
        55キロの体重に減り、
        喉と食道の悪性腫瘍の間に
        水を流し込むチューブを通され、
        激痛に泣き叫ぶ姿

        こんな事が
        ボウモアの至る所であった

        評決後にも
        17回目の葬儀があった

        アイネス・パーデューは
        61歳

        生前から
        他の被害者らと同様に
        血液や組織のサンプルを採取と 
        検死解剖の同意をしていた

        癌と戦う多数の人も
        また
        葬儀になるのかなというボウモア


        ウェスとメアリ夫妻は
        上訴まで
        事務所の経営と
        家計が
        持ちこたえられるのか

        トルドーの企みは
        巧くいってしまうのか

        下巻が楽しみ
        >> 続きを読む

        2020/01/23 by 紫指導官

    • 1人が本棚登録しています
      謀略法廷
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 産廃の不法投棄で
        多くの住民を癌へと導いたクレイン社と
        癌で夫と幼い息子を亡くしたジャネット・ベイカー側との
        対立構造
        …という単純なものではないなと気づかされた上巻から引き継がれ
        下巻は
        別ルートに尺を取られる

        クレイン社に有利な判決をする裁判官を
        選挙に勝たせようという動きが
        更にクローズアップされていく

        ジャネットや住民たち、
        ウェスとメアリに感情移入したいのに
        少し消化不良

        それにしても
        著者は
        なんの為に
        これを小説にしたのか

        こんなもん
        読みたい人がいるのか…
        >> 続きを読む

        2020/02/02 by 紫指導官

    • 1人が本棚登録しています
      自白
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!

      • リーガル・サスペンスの旗手というか、もはや巨匠とも言える存在のジョン・グリシャムの「自白」(上・下巻)を読了。

        この「自白」は、強姦殺人犯の黒人青年が死刑になる四日前に、真犯人を名乗る男が現われるという話なのですが、ここでうまいのは、真犯人が罪を告白する相手が牧師だということだ。

        牧師は守秘義務があるうえに、法律の知識などない。
        どう対処すればいいかわからないんですね。

        その間にも死刑の期日は、どんどん迫ってくる。
        単純なタイムリミット・サスペンスでありながら、その組み立て方が実に巧みなのだ。

        しかもこの作品、中心に据えられたテーマが骨太で、強烈な衝撃力があるんですね。

        このあたりは、読みながら、黒澤明監督の「生きる」や「七人の侍」にも参加した、脚本家の橋本忍の諸作に通じるところがあるような気がしましたね。
        全体の構成などは、橋本忍の脚本のある作品を思わせるんですね。

        ただ、テーマとしては重いものの、エンタメ度は抜群で、さすがジョン・グリシャム、手練れのエンターテイナーだと思いますね。

        ラストが少し甘いものの、これは我々読者のカタルシスを最優先した、ジョン・グリシャムのサービス精神からくるものだろう。

        >> 続きを読む

        2019/02/19 by dreamer

    • 1人が本棚登録しています

【GrishamJohn】(GrishamJohn) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本