こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


HullEdith Maude

著者情報
著者名:HullEdith Maude

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      〈完訳〉シーク 灼熱の恋
      カテゴリー:小説、物語
      いいね!
      • 1919年発表の作品

        ヒロインが子供時代には
        怒ると狂暴になる傾向があったという下りは
        笑ってしまった、
        相手をフルボッコやな

        自分の
        英国人の父親に対する恨みから
        英国人のヒロインを拉致監禁なんて
        正直、許せないし
        特に女性や女の子が行方不明になると
        性的被害の心配もあり、
        被害者も家族も
        不幸のどん底な設定を、
        さもロマンチックな事なように評価されているのが
        理解に苦しむ

        せめてもの救いは
        ヒロインが
        シークと暮らす内に
        彼の良さに触れ、
        愛するようになって行く事だったが、
        それでも
        無理やりいう事を聞かされる数々の場面は
        ムカムカさせられた

        ヒロインが逃げようとした時に乗っていた馬が
        水を欲しがったり
        泉の周辺を餌がないか嗅ぎまわる様は
        何だかカワイイ、
        この後、
        追いかけてきたシークに撃たれて
        殺されてしまうのが可哀想だった

        彼氏の男友達に嫉妬する感情、
        分かる、
        仲間外れにされた疎外感とか
        入っていけない壁とか
        ああ、懐かしい感情

        ヒロインが
        ライバル部族に砂漠で拉致られて
        シークが救いに行った時、
        瀕死の部下が倒れていて
        その手をシークが強く握ったら
        その男がシークの手を
        最後の力を振り絞って
        自分の額に当てて落命した所は
        この男、知らん奴やけど
        涙が出た

        でも、シークが
        ヒロインを連れ去った
        ライバル部族のシークを殺害する場面は
        残酷すぎて怖かった

        アラブ人は分かるが、
        ヌビア人という人達もいてるのか、
        何も知らないアジア人の私…

        シークの親友のフランス男性も
        性格もいい奴や、
        ヒロインを愛してしまい、
        何度も葛藤を重ねるが
        シークの為に
        その気持ちを隠し続けて
        諦めるようにしていくという
        見上げた男やで

        終盤で
        シークが自分に無関心になったと思ったヒロインが
        神に
        彼の愛を与えてほしいと祈った時、
        拉致られた直後に
        この男に災いを与えてほしいとも祈った事を思い出し、
        あれは本気じゃなかった、
        撤回します
        と祈り直す場面は笑った
        >> 続きを読む

        2017/04/22 by 紫指導官

    • 1人が本棚登録しています

【HullEdith Maude】 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

秘密