こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


PetrarcaFrancesco

著者情報
著者名:PetrarcaFrancesco
生年~没年:1304~1374

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      ルネサンス書簡集
      カテゴリー:日記、書簡、紀行
      5.0
      いいね!
      • とても面白かった。

        ペトラルカが書いたさまざまな手紙が収録されているのだけれど、ペトラルカにとっては書簡の形式もまた重要なひとつの文学や表現の形式だったらしく、必ずしも実際に生きている人にだけではない、千年以上昔のキケロに宛てた手紙や、後世の人に対して自分の人生を語っている手紙などもあって、とても興味深かった。

        私も、いまいる人にあてての手紙ももちろん大事にしつつも、ペトラルカがキケロに書いたように古代の賢者や、あるいは後世の人にあてて手紙を書いてみたら面白いかもなぁと思わされた。

        また、ペトラルカが、魂については哲学、言葉については弁論術(レトリック)から学ぶことがあり、この二つを両方とも両立させる、という意図や意識を述べているのはとても興味深かった。
        プラトンの『ゴルギアス』以来、哲学とレトリックの二つの伝統は対立や緊張関係をはらみがちなものだったけれど、ペトラルカはこの二つを両立させることを意図していたのだろう。

        また、この本を読んでいて興味深かったのは、ペトラルカの熱烈な祖国イタリアへの愛情であり、古代ローマと直結するものとしてのイタリアのアイデンティティと、イタリアの現状の憂慮や憤激がよく伝わってきて、とても興味深かった。
        コーラ革命への思い入れや幻滅もよく伝わってきた。

        また、教皇庁の腐敗への批判の鋭さも興味深かった。

        古代人の徳ある生き方を取り戻すことへの勧めと、現代人への違和感や批判というのも、なんだかよくわかる気がして、今の日本にあてはめても共感させられた。

        「不屈の努力はすべてに打ち勝つ」

        「第一の財産は魂の財産」

        「魂こそ最も感嘆すべき偉大なるもの」

        これらのメッセージは、本当に心に響いた。

        時折また、自分自身にあててペトラルカが書いてくれた手紙と思って、折々に読み直してみたいと思う。
        >> 続きを読む

        2012/12/21 by atsushi

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      わが秘密
      5.0
      いいね!
      • この本、十年ぐらい前に、一回読んだかすかな記憶がある。
        たぶん最初の方だけ読んで途中で断絶していたと思い込んでいたのだけれど、自分の線引きの跡がしっかり残っているので、かなりしっかりと当時は、少なくとも第二巻の最後ぐらいまでは読んでいたらしい。


        しかし、さっぱり忘れていて、ほとんど覚えていなかったので、今回本当に新鮮に読むことができた。


        そして思ったのは、これは本当に名著である。
        生涯の座右の本にしたいと思った。


        この本は、ペトラルカ本人が、アウグスティヌスと対話するという内容である。
        ペトラルカは14世紀の人間で、アウグスティヌスは4~5世紀の人物なので、当然ペトラルカの創作であり、現実の対話ではない。
        しかし、とても生き生きとしていて、そして対話ならではの、思考や魂の深まりが本当によく描かれていて、とても面白かった。


        「だれも自分の意志によってしかみじめにはならない。」
        (35頁)


        「「自分はこれ以上どうすることもできない」というかわりに、「自分はこれ以上欲しない」と白状することだ。」
        (38頁)


        「欲するだけでは足りぬ。切望してこそ目的は達されよう。」
        (44頁)


        「死の警告に取りかこまれているのに、自分が死ぬ定めにあることを充分に深く考える人は少ない。」
        (54頁)


        「充分に深くおりていく」
        (59頁)

        「われわれはほとんどみな「死を遠くに認めるというこの点で誤る」。」
        (65頁)


        「絶望すべきことはなにひとつない。」
        (79頁)


        「きみ自身の天性に照らせば、きみはとうのむかしから富んでいた。大衆の賛同を尺度にすれば、けっして裕福であることはできないだろう。」
        (99頁)


        「そんな老年のことを考えて心配し、そのくせ、かならずゆきつくもの、しかもひとたびゆきつけばそこから帰ってはこれないもののことを忘れているのだ。もっともこれは、きみたち人間のいまわしい習性で、きみたちは一時的なものを気にかけ、永遠なものをなおざりにする。」
        (103頁)


        「きみは目をむけた方向しか見ていない。しかし後ろをふりかえってみればわかるだろうが、無数の人の群れがあとにつづいており、きみは最後列よりも最前列のほうにいくらか近い。」
        (139頁)


        「むしろ、賢明でないことをこそ厭うべきだね。ただ賢明さのみが、自由をも真の富をもあたえることができたはずだ。それに、原因の欠如のほうは甘受しておいて、成果がえられないのをなげく、そういう人は、原因のことも結果のこともよくわかっていないのだ。」
        (142頁)


        「まず魂をととのえ教育して、愛着のあるものを放棄し、うしろをふりかえらず、慣れ親しんだものを顧みないようにすべきだ。そうしてはじめて、恋する者にとって旅は安全なものとなる。―きみが自分の魂を救済したいなら、このようにすべきだと知りたまえ。」
        (207頁)


        「子どもっぽい愚行は捨てたまえ。青春の炎を消したまえ。いつも過去の自分のことばかり考えようとしてないで、ときには現在の自分をみつめたまえ。」
        (227頁)


        「どの日もきみを照らす最後の日とおもいたまえ。」
        (230頁)


        「きみのまわりには、どれほど多くの仕事がひしめいてるかを考えたまえ。しかもこれらに打ちこむほうが、はるかに有益だし立派でもある。きみの手もとには、どれほど多くの作品が未完成のまま残されているかを考えたまえ。ほんの一瞬にすぎないこの人生の時間を、これほどおろかに配分するのはやめて、これらの作品に当然の権利をとりもどしてやるほうが、はるかに正しいだろうよ。」
        (232頁)


        「きょうきみに丸一年だけの生涯が予定され、しかもこれが一点の疑いもなくきみにもわかっているとすれば、この一年間という時間をどのように使いはじめるつもりかね。」
        (243頁)


        「一年を生きられる人は、六か月をうしなてもまだ六か月という期間が残っているが、しかしきみは、きょうという日をうしなえば、だれがあすの日を保証してくれよう。」
        (245頁)


        「だからこんなものは二のつぎにして、いまこそきみを、きみ自身に返したまえ。そして、われわれの出発点にもどると、きみ自身とともに死の省察をはじめたまえ。きみは知らぬまに、すこしずつ死に近づいているのだ。あらゆるおおいをひきちぎり、闇を追いはらって、死をみつめよ。一日も一夜もおろそかにせず、最期の時を思いたまえ。天も地も海も変わる。脆弱きわまる動物である人間が、なにを望みえよう。時は過ぎ去り、過ぎゆき、瞬時もとどまらずに移りゆく。きみが自分はとどまりうると思うなら錯覚だ。」
        (257頁)


        「きみがきみ自身を見捨てさえしなければ、願いはかなえられよう。」
        (265頁)



        などなどの言葉が、心に響いた。


        しかし、ペトラルカのこの対話形式の文学のメッセージは、決して語句だけを切り取っては汲み取ることができない、深みと味わいがある。


        人生には、自分が思っているよりも恵まれていることがたくさん見つけられること。


        読書は、血肉化こそ大事であること。


        死を見つめ、いのちを見つめるとは、どういうことであるか。


        これらを、本当に、この本によって深く考えさせられるし、この本によってその思考の旅に誘われる。


        繰り返し読み、生涯座右の本にしたい。
        もしそうして、この本を折々に血肉化し、人生という旅の道連れにすることができたならば、生死の迷いの夢から、どれほど目覚めさせらることだろうか。
        >> 続きを読む

        2012/12/21 by atsushi

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています

【PetrarcaFrancesco】 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

世界一美しい自然現象図鑑