こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


加藤実秋

著者情報
著者名:加藤実秋
かとうみあき
カトウミアキ
生年~没年:1966~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      チャンネルファンタズモ
      カテゴリー:小説、物語
      2.5
      いいね!
      • キー局に勤めていたディレクターがやめさせられ、オカルト番組専門の弱小チャンネルにやってきて、嫌々ながらオカルトの番組作りをやるのだが、ブツブツ文句を言いながら仕事に取り組む様子やオカルトの内容自体が興味が持てず、ななめ読みを始めたので106ページでドロップした。 >> 続きを読む

        2021/02/22 by 和田久生

    • 2人が本棚登録しています
      ホワイトクロウ インディゴの夜
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • ちょっと変わったホストクラブ「club indigo」はオープン3年目を迎えて改装工事をすることに。それをきっかけにホストたちは様々な問題に巻き込まれていくが――。

        インディゴの夜シリーズ第3巻です。
        図書館で借りてきました。
        連作短編で4編が収録されています。

        3冊目ということでシリーズとして確立してきたからか、今までとちょっと違った形態になっていました。
        今までが「事件に巻き込まれる→店をあげてみんなで解決」だったのが「事件に巻き込まれる→今までの経験と知識でほぼ一人で解決」に変わってます。

        こういう1、2話で起きた事件が最終話を解決する手がかりになるみたいな話結構すきなので読んでいて楽しかったです。

        【http://futekikansou.blog.shinobi.jp/Entry/1601/】
        に感想をアップしています。
        >> 続きを読む

        2014/03/30 by hrg_knm

      • コメント 5件
    • 3人が本棚登録しています
      アー・ユー・テディ?
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • これをカバーを掛けずに読む度胸が出ない僕は小さき人間です。でもなかなか面白かった

        和子はちょっとレトロな名前の24才。かわいい雑貨やカフェに目が無くて、バイトする傍らいつか自分が集めた雑貨を並べたカフェを開店する事を夢見ている。得意技はアヒル口。
        実家で家族四人で暮らしている。ろくすっぽしゃべらずおならで返事をする父、エコに影響受けているが周囲から見ると無駄ばかりの母、ヘビメタに傾倒しているが職場のホームセンタではおばちゃんのアイドルの兄。おしゃれさの欠片も無い家族にため息の毎日だが本人はすっかりすねかじり。

        ある日フリーマケットで熊の編みぐるみに出会う、ミルクティーのような色合いのくまちゃんに釘づけになる「うちの子になる?」手作り感満載のくまちゃんだが何故だか呼ばれたような気がして家に連れて帰った。

        家に連れて帰り、ミルクティー色なので名前はミル太にしよっと!などど思っていたら、何故かミル太がしゃべりだした。しかも野太いだみ声で。どう聞いても可愛くない。驚いて話を聞いてみると、事件を追っている時に崖から落ち殉職したベテラン刑事「康雄」であった。
        康雄は自分が死ぬ切欠となった事件について語りだした。
        ある夫婦がキャンプ場で子供を残して亡くなっていた。
        警察は現場の状況から事件性は無いと判断し、子供を残した心中であろうと決着させた。
        康雄はこれを殺人ではないかと疑い捜査を続けていた。そんなとき現場で子供持ち物であったクマの編みぐるみが崖に引っ掛かっていた為、取ろうとした瞬間誰かに突き落とされ命を落とした。その瞬間にこのクマに魂が乗り移ったという。
        康雄は何とか和子を通じて捜査を続行しようとするが難色を示す和子(そりゃそうだ)。しかし、なだめすかし捜査を続けるうち、和子の中にも刑事魂が目覚めていくのであった。

        乗り移り話としては高橋克彦の「ドールズ」が思い出されますが、これはくまちゃんのプリティーな人形に髪薄く脂ぎった59才の刑事が乗り移っています。非常にコメディータッチで悲壮感は皆無でした。
        結構小ばかにして(酷い表現だな自分で買ったのに)読み始めたのですが、話の筋自体はとてもしっかりしていて、殺人の動機や周囲の人物もきちんと書きながら、やりとりはとても軽妙ですっかり楽しんでしまいました。
        続編も有るようなので見つけたら読んでみるとします。

        ところで何かに生まれ変わるとしたら希望は以下の通りです。
        鳥⇒カラス(天敵が少なそう。順応性が高そう)
        動物⇒猫(なんか楽しそう)
        人間⇒室伏浩二(これぐらい凄ければ人生楽しそう)
        虫⇒とんぼ(速い)
        >> 続きを読む

        2015/06/24 by ありんこ

      • コメント 10件
    • 2人が本棚登録しています

【加藤実秋】(カトウミアキ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚