こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


高里椎奈

著者情報
著者名:高里椎奈
たかさとしいな
タカサトシイナ
生年~没年:1976~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      黄色い目をした猫の幸せ 薬屋探偵妖綺談
      カテゴリー:小説、物語
      3.3
      いいね!
      • 久しぶりのラノベ。秋がかわいい。ザキは口がうまい。リベザルは幼い。お姉さんの心をくすぐってくるキャラ設定に対し、起こる事件がエグすぎる。途中の動機のミスリードは良かったけれど、私の読解力の問題で流れが読めずうまく入り込めなかったところかあった。慣れるといけるんだろうか。
        終わりはあっさりしてたけど結局あの人が狂ってたってだけなのか。あそこまでやる動機には…という感じ。
        >> 続きを読む

        2019/02/02 by aki

    • 他1人がレビュー登録、 5人が本棚登録しています
      祈りの虚月
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 学園もの、しかも女子校。
        夜の学校、生徒たちの間にひっそりと伝わる言い伝え、謎をとくキーワードと、幽霊の予感。
        いいですね!学園もの!多感な少女たち!夜の校舎!

        ミステリなのであまり内容に触れることはしませんが、うっすらおかしいよな、と思っていたことはあるのです。ミステリ読みながら謎解きするタイプではないのでほっときましたし、そういうことねーとラストで思いましたが、ミステリを期待する話ではないような。まあ、高里椎奈ですし。謎解きよりも情緒を味わう感じです。私はそういうのが好きなので、問題なかったです。

        思春期の少年少女は本当に、たまらないですね。少年の気持ちはいまいちよくわからないですが、少女の気持ちは一応そんな時代も経ているので、なんとなくわかります。あの、けっこうギリギリな感じとか、現実と理想とのギャップをどうやって乗り越えるかっていうところ。バランスを崩したら、きっと立ち上がるのにとても時間がかかって、下手したらもう立ち上がれないかもしれないのです。自意識過剰な人ほど、学校という特殊な空間でいかに生き抜くかがシビアな問題だったりする。学校は、特殊です。特に問題なく過ごせる人もいるんでしょうけれど…

        ミギーさんの表紙はフェンネル大陸シリーズで見慣れているので、懐かしいです。この水彩タッチが好きです。色の淡い塗り方が、少女たちに似合っていて、とてもいい装丁ですね。

        あぁ、しかし在学中に、なにか言い伝えを作り出して仕掛けておいたら楽しかっただろうなぁ!なんてことを思いました。学校って、本当に、不思議空間ですよね。あのころに戻りたいとは思いませんが。
        >> 続きを読む

        2015/12/13 by ワルツ

    • 3人が本棚登録しています
      銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談
      カテゴリー:小説、物語
      3.3
      いいね!
      • 秋、ザキ、リベザルの不思議な組み合わせの3人が営む「深山木薬店」には秘密があって――。

        一見するとラノベっぽく見える表紙ですが、ページ数は400ページ超とかなり本格的なミステリです。

        あらすじだとぼかされている彼らの正体はなんと妖怪。
        自分たちの生活を守るため、妖怪(妖精やら悪魔やらも含む)が関わっていると思われる事件を秘密裏に解決しています。

        メフィスト賞受賞作ということもあり、キャラクターがかなり個性的なので、彼らのやりとりを見ているだけでも結構楽しいです。

        とりあえず、リベザルは人間時でも妖精時でもかわいいです。

        【http://futekikansou.blog.shinobi.jp/Entry/131/】
        に感想をアップしています(2010年8月のものです)
        >> 続きを読む

        2013/11/26 by hrg_knm

      • コメント 4件
    • 5人が本棚登録しています
      悪魔と詐欺師 薬屋探偵妖綺談
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • パラパラと起きる殺人事件や事故が淡々と紹介され、解決されていく。これが一体どうまとまるのかと不安になりながらよみすすめるとこれまた愛らしい裏キャラが登場する。
        全体を通して信頼というものが透けて見えるのがなんだか心地良い。でも見通しすぎる秋がちょっと怖かったりして。
        >> 続きを読む

        2019/02/11 by aki

    • 4人が本棚登録しています

【高里椎奈】(タカサトシイナ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本