こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


南里秀子

著者情報
著者名:南里秀子
なんりひでこ
ナンリヒデコ
生年~没年:1958~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      猫、ただいま留守番中
      カテゴリー:家畜、畜産動物各論
      3.0
      いいね! Tsukiusagi
      • 留守番中の猫の姿をのぞき見する、猫好きが癒されるための本。かと思いきや、そうではありませんでした。
        私は旅行会社をやっているので時々ワンちゃん猫ちゃんの飼い主さんから旅の相談をされます。
        犬と違って猫ちゃんは車も旅行も好きではありません。
        ストレスに弱い動物なのでお留守番のほうが猫のためですよ、とお話しします。
        そして、猫をお留守番させる決断をした知人の方が、キャットシッターを頼んだという話をきき、それはいいサービスねと話したことがありました。

        さてこの本の著者南里さんは「キャットシッターサービス」を日本で初めて立ち上げ成功させている事業家です。
        南里氏がキャットシッター生活を通じて体験した出来事を語る。という部分が中心ですが、
        事業のきっかけや経緯や経営方針なども語られています。
        彼女はかなり熱い心の持ち主であらせられ、猫愛にあふれたメッセージがびんびん伝わってきました。
        つまり猫の幸せのためにはまず「飼い主の教育」からと感じていることがわかります。

        『面と向かって「猫が好き」という人は要注意なのである。…その人が自己中心的か、自立していない精神の持ち主の証拠である。
        そういう人は自分本位に猫と付き合う…』

        『猫にごはんをあげて自己満足にひたるのはいい加減にして…』

        『猫の問題行動の原因のほとんどは、飼い主が作り出していると言っても過言ではない。猫という動物の習性を理解せずに、人間と同じように考える人のなんと多いことよ!』

        などなど、結構手厳しい。

        また、猫の飼い主は意外に孤立しているという説には、なるほどと思いました。
        犬はお散歩友達も多いですし、予防注射も義務なのである程度ネットワークができるんですよね。
        猫の飼い主には一人暮らしの人も割合に多いという傾向もあるかもしれません。

        猫を飼うコツというわけではありませんが、思い込みを正してくれたりとか初心者の方が猫を飼う時に参考になる話とかそんな読み方もできそうです。

        これから開業する獣医さんにも、飼い主目線を知っていただくためにも参考にしてみてほしいかも。

        「猫は天からの贈り物なのだ」と彼女は言います。

        全ては猫とハッピーに暮らすために。
        そうですよね。南里さん。

        はじめに
        第1章 十猫十色
        第2章 キャットシッターの裏技
        第3章 猫には猫の理由(わけ)がある
        第4章 理想の動物病院を探して
        第5章 愛猫が死ぬということ
        おわりに キャットシッターの秘密
        >> 続きを読む

        2015/02/01 by 月うさぎ

    • 3人が本棚登録しています

【南里秀子】(ナンリヒデコ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

奇跡の人 The Miracle Worker