こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


雫井脩介

著者情報
著者名:雫井脩介
しずくいしゅうすけ
シズクイシュウスケ
生年~没年:1968~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      クローズド・ノート
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!
      • 雫井修介の「クローズド・ノート」を、じっくり味わいながら読了しました。

        日記というものは、本来、他人には見せないものだ。
        そこには、赤裸々な感情や青臭い思考が満ち溢れていて、詩なんか書いてあった時には、あとで読み返して一人赤面したりするものだ。

        にもかかわらず、今はブログという形で、ネット上には他人の日記が無数に公開されている。

        人に読まれることを前提としている時点で、それは純粋な意味で日記とは言えないのかもしれないが、それだけ、とりとめのない自分の日常を他人に知ってもらいたいという人がいるのだろう。

        そして、もしかしたら、それ以上に、誰かの日常を垣間見たいと思う人がいるのかもしれない。

        大学の近くで一人暮らしをし、サークルでマンドリンを弾き、友達とたわいのないことで笑い合う。
        この小説「クローズド・ノート」の主人公・香恵は、そんな平凡な日常を送る大学生だ。

        ある日、部屋のクローゼットから、前の居住者が置き忘れたノートを発見する。
        それは、小学校の教師である伊吹という女性の日記だった。
        そして、その日記を少しずつ読み始めたことから、香恵の中に、次第に彼女の柔らかな息づかいが流れ込んでくる。

        面白いのは、最初は興味本位で日記を読んでいた香恵が、徐々に伊吹という見知らぬ女性に気持ちをリンクさせていくことだ。
        彼女と同じように生徒を愛おしく思ったり、彼女が思いを寄せる男性の煮え切らなさを、じれったく思ったり。

        日記は確実に香恵に影響を与え、時に励ましてくれる。
        日記を読んでいる間、香恵と彼女は深くつながり、そこには奇妙な絆が生まれていくんですね。

        バイト先に万年筆を買いに来た、気になる男性。
        友達が留学しているのをいいことに誘ってくるその彼氏。

        伊吹の日記を読んだ香恵は、何を考え、どんな行動に出るのか?
        香恵が日記を読みながら伊吹を見守っていたように、読みながら私も香恵を見守っている気分になるから不思議だ。

        そして、明かされる、ひとつの真実-------。

        伊吹の思いを自らの内面に消化し、最後に笑顔を見せる香恵の姿が、何ともいえず清々しい。

        >> 続きを読む

        2018/08/27 by dreamer

      • コメント 1件
    • 他5人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      検察側の罪人
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!

      • 雫井修介の「検察側の罪人」を読み終えました。

        法とは何か、悪とは何かということを考えさせられた作品でした。

        犯罪の追求で揺さぶられるのは、容疑者だけではない。
        捜査する側も法律の神に試されるのです。それも、人として壊れるほど。

        この作品は、法という枠に苦悩する生身の人間を描いたミステリだ。

        最上は、東京地検のベテラン検事。凶悪事件の捜査に初期の段階から関わり、確実に有罪にできる証拠を集めるよう、警察にアドバイスする。

        ある日起きた老夫婦殺害事件の参考人リストを見て、最上は愕然とする。
        学生時代、世話になった寮の管理人夫婦の娘が、無惨に殺された23年前、犯人と目されながらも逮捕を免れた男の名前があったのだ。
        だが、事件はすでに時効が成立していた。

        この男が老夫婦殺しの犯人なら、少女の事件と併せて罪に問わねば。
        最上の中でいつしか「犯人なら」というプロ意識より、「今度こそ」という感情が先行してゆくのだった。

        最上の暴走は、取り調べを担当した若手検事・沖野の運命を狂わせ、最上自身も禁断の行動に出るのだった-------。

        弁護士や政治家、記者となった最上の学生時代の仲間たちも、良心や理想を通せない人生の中でもがいている。
        同時代を生き、悲しみを共有した者同士が、心の奥底で手を取り合っているのだ。

        他にも、「物は売っても人は売らない」闇社会のブローカーや、最上に改心を迫る最高検の男などが、この物語に厚みを与えていると思う。

        読み終えた後、再度、冒頭の場面に立ち返ってみる。
        新人研修で最上が沖野たちに講義している。法律とは、悪とは、と。

        結末を知った後では虚しいということではなく、法の精神を説く講義は、ここで初めて読者である私に向けられたものとなり、私を揺さぶるのだ。

        法と人、どちらかを優先させなければならなくなった時、極めて人間的な義憤に自分は絡め捕られないと言い切れるだろうか。
        人として修羅の道を選ぶこともまた「覚悟」ではないのか。

        登場人物の惑いや苦しみが、深い読後感を残すこの物語は、静かに私の答えを待っている。

        >> 続きを読む

        2018/09/26 by dreamer

    • 他3人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      火の粉
      カテゴリー:小説、物語
      3.9
      いいね!
      • ドラマを観てハマったので読みました。
        武内がユースケさんに脳内変換されました。
        猟奇的な幼少時代を送った武内。
        現実にもありそうな話で、他人事じゃない感じ。
        揺るがない俊郎は弁護士には向いてないなあと思いました。
        この件では無能過ぎた警察。
        だから、ああするしかなかったんだな、きっと。
        面白かった!
        >> 続きを読む

        2016/06/05 by 扉の向こう

      • コメント 2件
    • 他3人がレビュー登録、 17人が本棚登録しています
      火の粉
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • ドラマが始まってたので慌てて読破しました。
        サイコ・スリラーです。ゾクッときます。
        さらにこの著者の本はすごく読みやすかった。
        じわじわ迫ってくる恐怖感や期待を裏切らないクライマックスが読了時の心地良さを感じさせてくれました。
        ドラマでは竹内役をユースケサンタマリアが演じていて、最初はええっ?と思いましたが今ではありだと思っています!
        >> 続きを読む

        2016/04/17 by がーでぶー

    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      クローズド・ノート
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 一冊の日記がたぐり寄せた真実の愛。


        図書館で借りました。
        なかなか良かったなぁ。

        しかもいつか欲しいなぁと思っている万年筆が出てきて、
        前半はスマホで一本一本検索してほぉ~と思いながら読んでいました。
        万年筆熱が再び。
        私もいろいろ試し書きして買おう。
        「永」という字が試し書きに適しているんだそうだ。
        >> 続きを読む

        2015/05/30 by すもも

      • コメント 10件
    • 8人が本棚登録しています
      栄光一途
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 雫井脩介のデビュー作。

        柔道界を舞台にしており、オリンピック候補の81キロ級の候補の二人。
        そのどちらかがドーピングをしているという情報が流れ、コーチの望月篠子が判断をするため面接を行う。

        柔道界を舞台にするミステリ作品。
        次第に殺人まで起こり、ドーピング問題は広がりを見せる。

        試合描写の繊細さはすごいが、作風が込み入っており、今見ると過剰な部分もある。
        冒頭から仕掛けがあるが、あまり機能してないのが気にかかる。
        そのせいかラストの悲痛さも、もっと迫ってくるものがあったと思う。
        >> 続きを読む

        2018/06/07 by オーウェン

    • 1人が本棚登録しています
      ビター・ブラッド
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • 佐原夏輝は刑事になって1ヶ月。
        殺人事件で特捜部と組むことになるが、そのコンビなのが父親の明村に。

        刑事もので親子はあるが、コンビを組むというのは中々ない。

        息子が父との間にわだかまりがあるのに、父親は関係なく踏み込んでくる。
        刑事にも名称があり、父はジェントル。
        そのせいかジャケットプレイも。

        他にもチェイサーだとかアイスマンだとか。
        スカンクは絶対嫌だけど(笑)

        裏切り者の存在も含めて、事件の解決までを描く。
        かなり一直線な展開なので、そこに好き嫌いが分かれるかも。
        >> 続きを読む

        2018/05/07 by オーウェン

      • コメント 2件
    • 3人が本棚登録しています
      ビター・ブラッド
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね! zunco
      • 主人公で新人刑事の夏輝は、初めて体験する現場で少年時代に別離した父親であるベテラン刑事明村とコンビを組む。
        関わった事件の容疑者を夏輝が逮捕し、事件が終わったかに思えたが、ある日捜査一課長の鍵山が殺害された。鍵山の殺害の背後に父の所属する五課のメンバーの影がちらつく・・・。

        父と子警官の物語というと佐々木譲の「警官の血」が記憶に新しくまた名作でした。この「ビターブラッド」はそれに比べるととても薄口。ある意味コメディの部分も大きい為比較は出来ないものの、正直警官物というには軽薄な感じが否めないです。
        父の明村はとにかく軽薄な位おしゃれな上に滑稽に見える、郷ひろみ並のジャケットプレイ(そんな言葉が有るのを初めて知りました)で回りを呆れさせます。
        でもこの父親もきっと有能で事件解決にたびたび関わってくるのだろうと思っていると完全に肩透かしになります。どちらかというとお笑い担当。せっかく魅力的な設定なのに結局夏輝が一人で捜査していて、親子であるというメリットを生かせてないのが本当に残念。
        全体的に雫井さんは警察小説の事は良く分かっていないよいうなので、普通のものの方が良い気がしました(犯人に告ぐはいい作品だと思っています)
        >> 続きを読む

        2015/04/16 by ありんこ

      • コメント 23件
    • 7人が本棚登録しています
      殺気!
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね!
      • 本を読んでいる時、頭の中はどんな俳優がいいかなぁと

        妄想しながらが、楽しみですw

        で、そんな時は、その本は私はノリノリで読んでいますw

        今回もそうでした!!

        勧善懲悪!!

        でも

        ただそれだけでは、割り切れない。。。

        あ~

        ドラマで見てみたいww

        そんな本でした!!
        >> 続きを読む

        2014/04/28 by yayopeta

      • コメント 3件
    • 4人が本棚登録しています
      犯罪小説家
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 雫井脩介さんの本は、文章タッチが読みやすく、展開も早いので、好きな作品が多い。


        作家「待居涼司」の出世作[凍て鶴]に魅了された映画監督「小野川充」は、この作品を通して、数年前に世間を騒がせた自殺サイト「落花の会」を思い出し、伝説の死として伝えられた主宰者「木ノ瀬蓮美」について、以前「落花の会」の調査をしていたライター「今泉知里」と供に色々と調べ始める。

        自殺サイト・・・実際にあるんだなぁ~。何だか気味が悪かった。自分自身、疲れている時、夜、この本を読むと、自殺が肯定されているかの様な気分に陥ったし、それに加えて、落花という言葉も神秘的に感じた。とても言葉では言い表せない不思議な世界観があった。

        ・・で、読み進めていくうちに、あれよあれよと物語に引き込まれて・・・
        でも、後半は、あれれ???ってな感じに話が変わってしまって、ラストは期待外れで終わった感じ。ストーリー的には、面白かったんだけど・・・
        最初は5つ星くらいの勢いの面白さ。でも後半は無理矢理感満載だったので、3つ星に評価を下げてみました。後半が残念。
        >> 続きを読む

        2017/04/30 by はなぴょん

    • 6人が本棚登録しています
      犯人に告ぐ
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!
      • 連続幼児殺害事件の事件解明のため県警本部は前代未聞の「劇場型捜査」を打ってでる。

        過去の刑事小説にない斬新な捜査手法、県警本部・マスコミの人間関係の描写など読み応え十分。
        (大御所横山秀夫と比べると)ストーリーや犯人逮捕の糸口など多少荒削りな部分もあるがスピード感のある展開で飽きさせることなく一気にラストまで楽しめた。
        >> 続きを読む

        2012/09/05 by ybook

      • コメント 4件
    • 18人が本棚登録しています
      犯罪小説家
      カテゴリー:小説、物語
      3.2
      いいね!
      • 犯罪小説家・待居とそのヒット作「凍て鶴」を映画化を担当することになったホラー映画の奇才・小野川。

        小野川は何故か集団自殺のサイト主催者で奇怪な自殺を遂げている木ノ瀬蓮美を「凍て鶴」のヒロインと結びつけようと拘る。異常な執着の小野田に不気味さを感じる待居。その先にある真相とは・・・

        途中からこの後の展開が読めてきて、そこに落ち着くだろうと思っていたが、結末で見事に裏切ってくれた。

        ただラストは良かったもののそこまで到達するまでの経緯が辛かった。展開は強引だし、何より待居を振り回す小野川の言動が鬱陶しい・・・。雫井脩介氏の新作として期待して手に取った分、ちょっと残念。
        >> 続きを読む

        2012/09/03 by ybook

      • コメント 4件
    • 7人が本棚登録しています

【雫井脩介】(シズクイシュウスケ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本