こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


三浦しをん

著者情報
著者名:三浦しをん
みうらしおん
ミウラシオン
生年~没年:1976~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      舟を編む
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! Tsukiusagi makoto yam caramel yana
      • 何だろう、この読後の満足感は。
        鼻から上質ないい空気が抜けていくような…?
        自分で何言ってるか分からないけど、いい本だった。

        数年ぶりの再読だが、一文字一文字引き寄せられるように読んだし、展開や表現に心が動いた。

        辞書を作る人なんて想像すらした事がないが、とても果てしなく、大変な所業なのだと思った。

        よく言われることだけど、言葉って生き物みたいだな。
        同じ言葉でも状況によって変わったり、一見同じようでも違っていたり、進化し続けたり…。

        そんな言葉の海を渡り、繋いでいくために舟を編み続ける真締達。
        辞書はあまり読む事が少ない人生を歩んできたが、無性に手に取りたくなった。

        登場人物は、なんとなく主人公、真締にとって都合のいい人達だらけ、というのが気になった。まぁそこが本質ではないから読みやすいと言えば読みやすかったが。
        特に好きなキャラは西岡。

        本気になれるものがなく、他人に嫉妬心を抱いてしまう彼だが、真締と関わることで自分を見つけていく過程が狂おしい程人間臭くて、胸がいっぱいになる。

        そして装丁。意味が分かってからはずっと眺めてられます。むしろ勝手に愛おしさも感じてしまいます。

        文庫本ではなぜか装丁が変わっているのが非常に残念だが。
        >> 続きを読む

        2018/11/01 by 豚の確認

      • コメント 6件
    • 他43人がレビュー登録、 154人が本棚登録しています
      まほろ駅前多田便利軒
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね! Micchaaan
      • 便利屋ってこんな一癖も二癖もある依頼が来るものなの?という疑問はさておいて、多田の元に転がり込んできた昔の同級生、行天がハチャメチャすぎるのに、事件のような依頼が解決していくのが、何とも可笑しい。

        過去にしこりを持っている二人。
        寄り添え…るほど仲は良くはないけれど心のどこかでお互いを必要として、この凸凹コンビだからこそ、難癖のありそうな依頼が解決されるのかもしれない。
        いつも飄々としていて一見冷たそうな行天にも、温かい気持ちがじんわりと感じられ、きな臭い依頼や事件も最後はほっこり。
        >> 続きを読む

        2018/09/16 by taiaka45

    • 他18人がレビュー登録、 56人が本棚登録しています
      風が強く吹いている
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね! zunco Peco27
      • 箱根駅伝に出場することができるとわかって読んでいるのに、予選会からハラハラし涙ボロボロだった。 クライマックスの箱根駅伝は、自分がその場にいるような一体感。 頑張れ!余計なこと考えるな!スピードを出し過ぎて体力を消耗させるな!挑発に乗るな!東体大には負けるな! たった10人のチーム。 本戦で走り終わった後に着るベンチコートが人数分なくて、それさえもリレーしている。 そんなありえない設定も気にならなくなるほど後半は物語にのめり込んだ。 襷を繋ぐことで仲間と繋がる。 読む側も風を感じながら疾走する小説だった。 >> 続きを読む

        2018/08/12 by かなかな

    • 他15人がレビュー登録、 61人が本棚登録しています
      神去なあなあ日常
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • 【本棚整理中】

        都会から田舎に出稼ぎ(?)に行くという内容だけで面白そう!と購入。
        林業というなかなか触れたことのない世界がなかなか面白く、村人たちのキャラや、山の神秘的なことなどわくわくしながら読めた。

        ただ、主人公の日記というスタイルにしなくても良かったのでは…と終始感じた。
        >> 続きを読む

        2018/02/28 by 豚の確認

    • 他8人がレビュー登録、 36人が本棚登録しています
      光
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!
      • 三浦しをん著の「光」は、波のような物語だ。寄せては返す波に似た暴力のありようが、この作品のテーマなのだと思う。

        島に住んでいた中学生の信之は、家族や生活を津波で根こそぎ奪われてしまう。
        彼は、ともに生き残った恋人・美花の危難を救おうと暴力を振るう。

        それから二十年後、平凡に生活する信之に、島のもう一人の生き残り、輔が近づいてくる。
        そして、信之の家族が暴力にさらされ、やがて彼の過去が暴かれようとする。

        この小説は、章ごとに視点となる人物が交代する。彼らはみな、自分を客観視できず、相手が自分をどう考えているか理解できない。

        だが、彼らは理解しあえないにもかかわらず、互いに影響を及ぼし合う。
        波が海岸線を削り、島の輪郭を変えるように、相手の生活に影響を与えていく。

        この物語は、信之たちの住む島を津波が襲い、生活の輪郭が激変させられたのが出発点になっている。
        それは、つらい出来事だったが、奇妙な歓喜をもたらすものでもあったのだ。

        住民の大部分が死んだ島で、美花とともに助かった信之は、二人が創世神話のごとき新世界最初のペアになったと想像し、興奮を覚えるのだった。

        暴力的な波に、それまでの生活を削りとられた結果、彼は新たな自分の輪郭、アイデンティティーを発見したと錯覚し、一度は喜んだのだ。

        だから、後に彼が南海子という名の女を妻に選び、故郷の花から娘を椿と名づけたのは、島を懐かしむという理由ばかりでなく、再びの津波襲来をどこか望んでいたためではないかと疑ってしまう。

        この小説では天災、性的暴力、親からの虐待という暴力が描かれている。
        だが、登場人物たちは、それらを忌避するだけではない。

        暴力が自分を輪郭づけてくれると逆に期待する部分がある。
        その感覚に迫真性があるし、このように誘う暴力と我々は無縁ではないと思う。
        >> 続きを読む

        2018/10/12 by dreamer

    • 他7人がレビュー登録、 20人が本棚登録しています
      きみはポラリス
      カテゴリー:小説、物語
      3.2
      いいね!
      • 「冬の一等星」はとても好きでした。素敵な話です。

        でもそれ以外はどうもピンと来ない感じでした。なんかイマイチ素敵じゃないです。

        三浦先生とファンの皆様ごめんなさい。

        >> 続きを読む

        2018/01/02 by lafie

    • 他7人がレビュー登録、 52人が本棚登録しています
      まほろ駅前番外地
      カテゴリー:小説、物語
      3.2
      いいね!
      • ただ、びっくりギョウテン!

        またシリーズものの後作ものから読んでしまいましたw
        とにかく感じたのは、読みやすさと落としどころがテレビドラマ向きな感じ。
        妙におもわせぶりな憂いを含んだ人物描写が前作を読んだファンサービスなのだろう。
        前作を読んでみようと思いました!
        >> 続きを読む

        2018/07/07 by motti

    • 他7人がレビュー登録、 19人が本棚登録しています
      神去なあなあ日常
      カテゴリー:小説、物語
      3.9
      いいね!
      • モデルはあるものの架空の神去(かむさり)村を舞台にした林業を主とした物語。主人公は横浜育ちで、高校の担任と母親の策略で神去村に放り込まれた平野勇気。神去村での経験を勇気が過去を振り返りながら、一人称で語る形で進められる。初めて林業の概要がわかり、予想以上に大変な仕事なのがわかった。神去村に不思議な風習があるのと登場人物が個性豊かなのと勇気の奮闘する姿に面白味を感じた。映画化もされたらしいから一度観てみたい。 >> 続きを読む

        2017/11/06 by konil

    • 他6人がレビュー登録、 27人が本棚登録しています
      本屋さんで待ちあわせ
      カテゴリー:読書、読書法
      3.2
      いいね!
      • ・書評というよりエッセイ
        ・取り上げた書籍のそれぞれの分量が少ないので、もう少し詳しく知りたかった
        ・所々に文楽の宣伝が入りファンとしては嬉しい
        >> 続きを読む

        2017/06/11 by michi2011

    • 他5人がレビュー登録、 16人が本棚登録しています
      まほろ駅前狂騒曲
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • ・シリーズ3作目
        ・1作目に比べるとやや見劣りする

        2017/06/18 by michi2011

    • 他4人がレビュー登録、 18人が本棚登録しています
      格闘する者に○
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • まったりとした中に、強靱な意志がある可南子を「がんばれ!」とつい応援したくなります。面接の場面は、ハラハラドキドキ。200ページ過ぎからショックな出来事が次々に起こり、ストーリーにメリハリがあって飽きさせません。 >> 続きを読む

        2015/03/08 by 長元坊

    • 他3人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      月魚
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! karamomo
      • 三浦しをんさんは、表現がとても綺麗で、読みやすくて、エッセイもおもしろくて大好きな作家です!
        月魚も、
        綺麗だし背景設定もすごいしっかりしていて読みやすかったけど(笑)
        しをんさんの趣味がおもいっきりはいってました。
        マイルドに、でしたけどね(笑) 
        >> 続きを読む

        2016/03/21 by 文子。

      • コメント 1件
    • 他2人がレビュー登録、 18人が本棚登録しています
      白いへび眠る島
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 夏休みに読みたい本。
        読んでいてワクワクしました。

        2017/06/17 by keisan

    • 他2人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      風が強く吹いている
      カテゴリー:小説、物語
      4.4
      いいね! kengo
      • 駅伝や運動に限らず、何をするにも考えさせられる一冊。1度しかない人生をどう生き抜くかは自分自身が決めることであり、真の強さとは何か、読者自信の境遇次第で感じかたは違うのかも。 >> 続きを読む

        2017/11/13 by nya

    • 他2人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      まほろ駅前多田便利軒
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • 誰もが心に闇を抱えて、それでも生きている。便利屋の多田の目の前に現れる、高校の同級生ってだけの知り合い、行天。この二人が中心の物語。このタイミングで二人が再会したのはきっと必然なんやろうな。章名が書かれている各ページの絵好きです。(10.07.05 読了) >> 続きを読む

        2015/06/17 by のこ☆

    • 他2人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      まほろ駅前番外地
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね!
      • まほろ市にある多田便利軒にまつわる短編小説集。多田・行天のコンビが面白い。

        2017/04/25 by konil

    • 他2人がレビュー登録、 16人が本棚登録しています
      シティ・マラソンズ
      カテゴリー:小説、物語
      3.0
      いいね!
      • NY、東京、パリ。それぞれの都市で開催されるマラソン大会を舞台に、三人の作家がそれぞれの視点で描く。
        私の趣味は、読書とランニング。
        体育の授業で走らされていたのとは全く違う、自分のペースでトコトコ走る心地よさに、とりつかれたひとり。
        フルマラソンを走った経験もあるし、ここ数年、練習日記をつけたり…と、まあどっぷりハマっているのだが、それだからこそ、走る楽しさやランナー心理など、行間をたっぷり楽しんで読んだ。
        >> 続きを読む

        2015/11/21 by shizuka8

    • 他2人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      木暮荘物語
      カテゴリー:小説、物語
      3.4
      いいね!
      • おんぼろアパート木暮荘の住人が出てくる短編集。登場人物がクロスオーバーしているのでだんだん木暮荘に愛着が湧いてくる。 死ぬ間際の友人の言葉がきっかけで猛烈にセックスをしたくなったおじいさんの話がとても面白かった。どうしたら拒絶されることなく、いたすことができるのか?その奮闘する思考があまりにも猛然としていて笑えた。 風来坊のカメラマン並木の独特の世界観も好き。覗き見される女子大生と覗き見する男の話もちょっとドキドキしながら楽しく読めた。性表現が多いけれど、気持ちの悪いエロさではないので私はOK >> 続きを読む

        2018/08/12 by かなかな

    • 他2人がレビュー登録、 18人が本棚登録しています
      ロマンス小説の七日間
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね!
      • 本書は、海外のロマンス小説と、それを翻訳する女性をとりまく恋愛模様が交互に描かれた物語です。

        小説と現実の恋愛模様は、各登場人物の性格や置かれている状況など、全然異なるはずなのに、どこかリンクしているようにも思えて、先が気になり、ページをめくる手がとまりませんでした。

        …最近、現実でも読書・映画でも“恋愛”から遠ざかっていたからか、久しぶりに考えさせられる作品でした。
        >> 続きを読む

        2014/11/01 by chuff

      • コメント 2件
    • 他1人がレビュー登録、 15人が本棚登録しています
      月魚
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね!
      • 古書店を営む主人公と、その友人とのお話。
        危うさあり、爽やかさあり。
        (10.05.03 読了)

        二人の距離感が絶妙で、手元に置いておきたいなと思えるお話でした。いろいろな事情で図書館派ですが(*^ω^A;)
        >> 続きを読む

        2015/05/09 by のこ☆

      • コメント 3件
    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています

【三浦しをん】(ミウラシオン) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本