こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


小俣和美

著者情報
著者名:小俣和美
おまたかずみ
オマタカズミ
生年~没年:1950~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      斎藤一人人生の問題がスーっと解決する話 「好かれる習慣」「成功の口癖」…たった30秒! (知的生きかた文庫
      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.0
      いいね!
      • 斎藤一人さんの新刊を見たんだけど
        何冊か一人さんの本を持ってるので久々再読。其の2



        当たり前の事が書いてあるんだけど
        なかなかそれが出来ないσ(^∇^;)ははー

        斎藤さんは伝えたい事が一貫していてぶれない!!
        *感じのいい人になる=人の顔を見たら笑顔
        *相手の話を聞く*他人の心は変えられない、変えれるのは自分の心だけ
        *嘘をつかない誤魔化さない
        *自分が人にされて嫌だったことは人にしない
        *子供の人生は親の人生じゃない
        *頭がパニックになった時『大丈夫、大丈夫、大丈夫』と言う
        *褒められたらまず感謝………など。←前に読んだときの感想。2009 06 25

        ////////////

        ①.ハッピーなお金持ちになる話
        ・感じのいい人になる=笑顔と挨拶(裏表があるのはダメ)
        ・自分の知恵を活かせる仕事が天職
        ・人間には二種類しかいない『くすぶってる人』『本気の人』
        ・仕事は簡単な事から
        ・問題が起きない人の口癖『そうだね』『わかるよ』『おめでとう』
         貧しい心は貧しいことしか呼ばない
        ・人間関係は『面倒くさいことはしない』
         他の人の心は変えられない。変えられるのは自分の心だけ。
        ・困った時は『それは本当に困ったこと?』と自分に聞いてみる
        ・ハンコが欠けるとお金も欠ける
        ・『仕事ができない人』はいない『今の仕事に合っていない』だけ
        ・女のしあわせは『探す』ものじゃない。『選ぶ』んです→ブルゾン千恵美(笑)
        ・愛を持って人と接する=人間関係をよくする。自分の心を豊かにする。


        ②.しあわせの選択肢が驚くほど増える話
        ・赤い花ならまっ赤に咲く――それが愛されるコツ
         人に好かれたいなら好きになりなさい。但し、全員に好かれると思うな。
         自分を好いてくれる人が一人いれば、それでいい。
        ・ムシの好かない人がいるのは心を修行させてくれるため
        ・きちんと意見を言わないと相手に伝わらない
        ・本当に魅力のある人は人気のある人ではなく人徳のある人
        ・心が豊かな人は『悪口』『愚痴』『泣き言』『文句』『不平不満』が少ない

        ③.ツイてる人にとことん愛される話
        ・人を愛したら自分も相手も両方良くならなかったらウソ。
         人を好きになって自分の生活だ滅茶苦茶になったり
         犠牲になったりするのはおかしいし相手も同じ=愛じゃない
        ・悩みというのは『私』を変えるしかない。
        ・自分が『不幸』だと思ったらなんでもつまらなくなる
        ・心の状態=オーラをキレイにすれば手っ取り早くキレイになれる


        ④.ハッピーでリッチな家族になる話
        ・自分がされてイヤだった事は他の人にしない
        ・親が子供に対して本当にするべきは信じてあげること
        ・人生は何回でも取返しがつく。あせることはない。
        ・子供の人生は親の人生じゃない。
        ・『もめごと(いじめ)』の解決は『大ごとにする』が一番の近道
         『こうしたことは、これまでもあったし、これからもなくならない』
        いじめを解決したかったら、できるだけ騒ぎを大きくするんだよ。
        怒鳴り込む、裁判に訴える、警察に行く。とにかく、もめごとを大きくする。
        もめごとがあると、無事におさめようとするからおさまらないんだ。

        ただ悲しんでいたいなら、何もしなきゃいい。
        でも、それでは助からないんだよ。
        助かりたければ、もめごとを大きくするんだ。
        それがいじめを解決する方法なんだよ。

        ・親の偏見は子供に感染する
        ・学校へ行った、行かないは長い人生のほんの一部
        ・どんな学校に入ろうと、その子の人生はそれで終わりじゃない、
         その先の方がずっと長い。

        ⑤.平凡な人生をツイてる人生にパッと変える話
        ・人生の選択に迷ったら自分が幸せになるのに必要なお金をどうするか考える
         本当は自分がどうしたいか、それを考えて決める
        ・介護が必要な人を放っておいたら、自分の良心の呵責があってイヤだから介護する
         自分が面倒みたいからなんだと思えればいい。
        ・死んだ人のお金(遺産)がもらえないからといってケンカする=心が貧しい
        ・褒められたらまず感謝する人になる
        ・仲がしっくりいかなくなった時は『これも修行』と考える
        ・借金は借りた本人の修行、
         本人が解決すべきであって手を出すのは本人のためにならない
        ・やり残した事は来世で




        今回再読した時
        女のしあわせは『探す』ものじゃない。
        『選ぶ』んです←ここんとこでブルゾンちえみ~ヾ(≧∇≦)〃と思ってしまった私って!!(笑)
        >> 続きを読む

        2017/08/03 by あんコ

    • 1人が本棚登録しています

【小俣和美】(オマタカズミ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本