こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


橘かおる

著者情報
著者名:橘かおる
たちばなかおる
タチバナカオル
生年~没年:1955~
      教皇の花
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 読むのは3回目。BL初心者の頃に読んだ時にはかなり強い印象を受けたが、今読み返すとファンタジーだと割り切らなければ読めない設定だったなと思う。

        孤児のジョルジオは人買いに捕まったところを巡幸中の教皇紫燿に助けられ、煌夜という洗礼名を与えられる。教皇の秘書黎枝の指導を受けて稚児となった煌夜は、教皇に仕えるうちに惹かれていく。

        現実にある宗教組織を思い浮かべてしまう教皇が攻めという設定が、大胆というか恐れ多いというか。教皇のライバル宗麟と黎枝のやりとりがスピンオフ狙いだったことにも、今回初めて気がついた。


        初読み 2016年5月9日

        >> 続きを読む

        2017/10/10 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      枢機卿の氷花
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 再読。『教皇の花』のスピンオフ。教皇のライバル宗麟と黎枝のその後の物語。

        宗麟から思いもよらない告白を受けてから半年、黎枝は宗麟を利用できるかもと考えて体だけの関係を続けていた。東方から宗麟が呼び戻された同じ頃、教皇の膝元で吸血鬼騒動が起こる。捜査を命じられた黎枝は宗麟と共に真相を探る。

        ツンツンしてばかりの黎枝を愛情一筋で包み込む宗麟の懐の深さが魅力的で、黎枝も時折見せる素直さがかわいい。そのツンデレのバランスがよくて、初読みの時からスピン元よりこちらの方が気に入っている。


        初読み 2016年5月27日

        >> 続きを読む

        2017/10/17 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      ロマンチック・トリガー
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 再読。この作家さんお得意のアクションもちりばめられた記憶喪失もの。

        傭兵の海渡たちが戦闘状態にあった上空で民間ヘリが撃墜された。奇跡的に生存していた美貌の青年は記憶を失っていた。名前だけは聡司とわかったが、行きどころのない青年を海渡と部下たちが面倒をみることになる。

        海渡をリーダーとする傭兵隊のメンバーがそれぞれ魅力的で、みんなで聡司を可愛がるのがほほえましい。攻めと受けの視点が交互に語られるので、聡司が海渡を好きになる過程もよくわかる。インテリな傭兵という設定もなかなかいい。楽しく読了。


        初読み 2016年6月28日

        >> 続きを読む

        2017/10/12 by Kira

    • 1人が本棚登録しています
      黒豹の騎士 美しき提督の誘惑
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね!
      • 「まだ挑発が足りないか?」そんなセリフを口にして攻めを誘う受けが出てくるBLなんて、初めてでワクワクした。スピンオフを読んだときから読みたくてたまらなかった物語を読む幸せを満喫した。牙には申し訳ないけれど、心酔しているアーロンの活躍にばかり気がいってしまう。スピンオフではわからなかったことが、すべて腑に落ちた。「葵姫」はそういうことだったのかと。アーロンがなぜ牙を追いかけ回すのか、わかった気がする。美しい三人の男達が繰り広げるSF海洋冒険ラブロマンス。おいしかった。



        2017年2月18日 再読

        SF海洋冒険BL。私の個人的な萌えがつまった一冊で何度読んでも楽しめる。

        葵姫という疑似生命体を搭載した黒船の持ち主牙が軍事大国の海軍提督ルロイに誘惑される。
        気の強いルロイは告白する時でさえ牙の頬を張るし、牙を追いかけ回す海賊アーロンにも銃を向ける。

        黒死病に見舞われたアーロンの船を救うために航海に乗り出した三人は、自分の望みに忠実で悩むことがなく、その行動が潔くて気持ちがいい。物語にぴったりなイラストも眼福。

        >> 続きを読む

        2016/11/08 by Kira

    • 1人が本棚登録しています

【橘かおる】(タチバナカオル) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚