こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


伊坂幸太郎

著者情報
著者名:伊坂幸太郎
いさかこうたろう
イサカコウタロウ
生年~没年:1971~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      陽気なギャングが地球を回す 長編サスペンス
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! tadahiko
      • 再読。
        楽しい時間はあっという間に過ぎる。
        読み終わった思ったのはそんな事。とにかく楽しい小説!

        4人組の銀行強盗ががちゃがちゃわいわいしながら、騒動に巻き込まれるお話。
        4人とも特殊能力を持ってて、キャラも立ってるし愛くるしい。

        ・嘘を見破ることができる人間嘘発見器。市役所勤務。係長。
        ・動物を愛してやまない天才的スリ師。まだ20歳そこそこの青年。
        ・嘘をつくために生まれてきたような男。演説が得意。喫茶店マスター。
        ・正確無比な体内時計を持つバツイチ、一人の息子をもつお母さん。

        最後の最後まで飽きさせないストーリー展開。
        どっちが上手か、騙し合い探り合い。
        伊坂幸太郎特有のおしゃれでとんちの効いた会話が炸裂するのもこの物語の特徴かな。
        主人公同士の会話シーンがいちいち面白い。

        このシリーズ、あと2作ある。
        また彼らに会えるのが楽しみすぎる。
        >> 続きを読む

        2018/05/05 by ねごと

      • コメント 2件
    • 他23人がレビュー登録、 116人が本棚登録しています
      重力ピエロ
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね! ooitee
      • 伊坂幸太郎氏の小説の巻末には参考、引用した本のタイトルを明記してあるんだけど、今作は多かったねw >> 続きを読む

        2018/07/06 by motti

    • 他21人がレビュー登録、 166人が本棚登録しています
      死神の精度
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 再読。
        死神が題材の小説っていろいろ数多くあると思うけど、自分の中ではこの小説の中の「千葉」が一番しっくりくる。読んでて何度も、そうそうやっぱり死神はこうでなくっちゃ!って思いました。

        主人公の死神「千葉」がとにかく最高。
        ・仕事は真面目に行う
        ・仕事をするときはいつも雨
        ・ミュージックに目がない
        ・人間と会話が噛み合わない

        対象となった人間を1週間調査し、その人間の死について「可」or「見送り」をジャッジする。基本は章によって調査対象となる人間が異なる短編集なんだけど、リンクしているところも多々あって、伊坂先生の得意とする形。
        短編それぞれのテイストも趣向が凝らされてて、ミステリー風からロードムービーっぽいもの、恋愛を絡ませたり、情に訴えたりと、飽きないようにできてる。

        個人的には恋愛の話がすごいツボ。
        ネタバレになるからあんまり言えないけれど、ラストの余韻が堪らない。
        マジで泣きそうになったもんなぁ……こういうのに弱い。

        続編は「死神の浮力」
        千葉さんにまた会えるのが今からものすごく楽しみ。
        >> 続きを読む

        2018/07/12 by ねごと

      • コメント 4件
    • 他19人がレビュー登録、 139人が本棚登録しています
      オーデュボンの祈り
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね!
      • 再読。
        2018年は伊坂幸太郎作品を再読を含めて全作品読もう、っていう去年たてたプロジェクトにむかって始動。

        ほとんど10年ぶりくらいに読んだけれど、『あれ、こんな面白かったっけ』ってなった。原因はたぶん安心感。初読の時は自分にとって初伊坂作品だったし楽しめるのかどうか不安みたいなものもあったと思うけど、今の自分は伊坂作品の魅力を知ってしまっている。デビュー作品をこんな気持ちで読めるなんて、幸せすぎる。。。

        おとぎ話のようなでもどこか現実にもありそうな、その境目を絶妙な雰囲気で描き出してる。伏線の回収は惚れ惚れするし、パズルのピースがキレイにハマっていくような爽快感もある。

        でもですよ、初めて伊坂幸太郎に興味を持った人にこの本はちょっと勧めにくい。
        まぁクセが強いです(笑)
        江戸時代後期から現代まで200年ほど本土と交流がなく鎖国状態にある島。未来を知っていて人の言葉を話すことができるカカシ。その島での"ルール"として拳銃で人を殺すことが認められている「桜」。嘘しか口にしない画家。動物学者オーデュボン。鳥類史上その数が最も多く、50億羽存在していたとも言われるリョコウバトが100年ほど前に乱獲であっさり絶滅したこと。 圧倒的な悪意を使いこなす警察官。などなどいろんな要素が。

        ただ物語の中に入り込めれば、こんなに楽しい小説もなかなかないです。
        >> 続きを読む

        2018/04/07 by ねごと

    • 他17人がレビュー登録、 141人が本棚登録しています
      グラスホッパー
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね! loon
      • 再読。伊坂幸太郎の殺し屋シリーズの記念すべき第1作目。
        グラスホッパー→マリアビートル→AX
        AXはこの前の本屋大賞にノミネートされてましたね。

        殺し屋シリーズは伊坂作品の中でもかなりエンタメに振り切ってるから、そういうテンションで読むのが正解なんだと思う。殺し屋のキャラクターも個性豊かで、伊坂ファンならそれぞれの"推し"があるはず。
        グラスホッパーは1人の平凡な男が3人の殺し屋たち各々の思惑に巻き込まれるストーリー。
        ・鈴木…元教師。妻を亡くしている。妻が亡くなった原因となる非合法的な組織に潜入し、妻の復讐を果たそうとするうちに殺し屋達による狂想曲に巻き込まれる。
        ・鯨…殺し屋。自殺専門。鯨に見つめられると、突発的な鬱状態になり、自殺願望が芽生える。
        ・蝉…殺し屋。ナイフ使い。ミンミン鳴く蝉のように、うるさい。
        ・槿…殺し屋。人を押すことで仕事を遂行する「押し屋」

        僕的にはグラスホッパーのなかだと、「蝉」推し。
        彼とその雇い主の岩西との会話にニヤニヤしてしまう。

        あとこのグラスホッパー、初めて読んだ時は全然気付かなかったんだけど、いろんな解説とかを読んだりすると、物語全体に1つの仕掛けが組み込まれているらしい。
        今回読んでなるほどなぁと思った。面白い。
        P22とP165とP335に伏線とその回収がある。
        特にP335、物語のラストがあの一文で締めくくられているのがなんともニクい。

        >> 続きを読む

        2018/07/07 by ねごと

      • コメント 4件
    • 他16人がレビュー登録、 144人が本棚登録しています
      チルドレン
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! ooitee
      • 連作ふうでいて時間軸系。収拾がついてスッキリなやつ。陣内のカリスマ性はなかなか痛快。 >> 続きを読む

        2018/07/06 by motti

    • 他16人がレビュー登録、 98人が本棚登録しています
      砂漠
      カテゴリー:小説、物語
      4.5
      いいね! ybook
      •  仙台の国立大学、法学部に入学した5人の若者の春夏秋冬を描く、一言でいえば「友情物語」
        男が、主人公である北村、西嶋、鳥井、女が東堂、南。
        東西南北と鳥という事で、この物語は麻雀がよく出てきます。

         北村はあえて透明人間のように存在感がありません。
        一番強烈な存在感を示すのが、西嶋。

         理屈屋で、今風に言うと全く空気を読まないマイペース型。見た目も性格もどちらかというとオタクっぽいのですが、そのくせ、一番友人思いで、正義感が強く、頼りになるのは西嶋です。

        「ピンチは救うためにあるんでしょうが」

         そんな事をさらりと言って、普通避けて通りたい道をどんどん突き進む。中学高校時代はいじめられていた、と淡々と話すけれど、大学生活を一番楽しんでいるのは西嶋でしょう。

         何故か小さな超能力を持ち、麻雀が強い南、顔は美人だけれども不愛想で素っ気ない東堂、ひねくれた熱血男、西嶋、そして「ちょっと人間に関心がないような」北村、お調子ものの鳥井。

         事件は起こるけれど、どちらかというと一つの大きな事件というより、色々な事件が重なりあって最後はそれが全て終結する、という後味の良さは、伊坂幸太郎さんの持ち味。

         5人の若者、誰もが愛おしい。幸せになって欲しい。社会人になって社会という砂漠に出る前のまだまだ、未知数でやわらかい若者たちの群像劇です。

        >> 続きを読む

        2018/07/05 by 夕暮れ

    • 他15人がレビュー登録、 100人が本棚登録しています
      ラッシュライフ
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! tadahiko
      • 傑作

        2018/07/06 by motti

    • 他14人がレビュー登録、 115人が本棚登録しています
      アヒルと鴨のコインロッカー
      カテゴリー:小説、物語
      4.2
      いいね! ryoh3
      • 再読。
        最高。

        広辞苑を奪うために、本屋を襲撃する。
        そんなトリッキーでチャッキーなテーマから物語が始まる。
        ブータン人ドルジ、河崎、琴美の3人の若者に起こった2年前のストーリーと、主人公椎名の現在が並行して語られる。
        面白いのは一応主人公的に扱われる椎名は、その実全然主人公じゃないんだよな。
        彼ら3人の物語に、途中参加、飛び入り参加してるだけ。
        2年前の物語がどう着地するのか、その目撃者になってるから主人公のようになってるよな。

        初めて読んだときは、からくりがかなり衝撃だったなぁ、、、、
        まだまだミステリー初心者だったし、全然うぶだった僕。
        何も疑わずに読み進めてた気がするし、伏線も全部無視。でもそのおかげで最高の読書体験ができたんだと思う。慣れたり上級者になったりすることが必ずしも素晴らしいとは限らない。

        タイトルも秀逸。だけど中身はタイトルから受ける印象とは違うかも。
        切なかったり、目を背けたくなる事実だったり、そんな不穏な温度と、カラッとする気持ちいい空気感が、絶妙なバランスで詰め込められてると思う。
        そんなナイスな小説!
        >> 続きを読む

        2018/06/06 by ねごと

      • コメント 4件
    • 他14人がレビュー登録、 126人が本棚登録しています
      終末のフール
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • あと3年で地球が滅亡するとしたら人類はどうなるだろうというSFっぽい内容のお話。伊坂さんの力はリアル感が読む人に伝わってくるところだと思う。それぞれ登場する人物の描き方も引きも込まれるよね。どんな状況でもユーモアを忘れない。それが伊坂さんの持ち味。
        >> 続きを読む

        2018/05/30 by miko

    • 他12人がレビュー登録、 102人が本棚登録しています
      ゴールデンスランバー
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 首相暗殺の犯人?のイケメン元宅配便の運ちゃんが仙台を逃げまどう話。
        まぁ内容は単純で事件はァレなんですけども...。
        やっぱり伊坂作品のおもしろみですよね。
        伊坂氏の構成力の極み、集大成という賛辞が多いのも頷けます。
        >> 続きを読む

        2018/07/06 by motti

    • 他12人がレビュー登録、 118人が本棚登録しています
      マリアビートル
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね!
      • 今度の舞台は東北新幹線。読み始めてしばらくすると前作の登場人物の1人が乗っていて思わず「ふっ・・」と口元が綻ぶ。それぞれの目的で動いていたはずの殺し屋達が、いつの間にか吸い寄せられる様に絡んでいく様が圧巻。前作でも感じた事ですが、伊坂さんは昆虫に畏怖の念があるのかなぁ。
        心に残ったセリフ
        「いつもシンプルに生きてきただろうが。やりたい時にやれ。人生は日々減っていく。我慢は不要だ、」
        >> 続きを読む

        2017/11/10 by yuki09

    • 他8人がレビュー登録、 35人が本棚登録しています
      魔王
      カテゴリー:小説、物語
      3.5
      いいね!
      • 再読。
        個人的に伊坂幸太郎作品の中で上位にランクインする好きな物語。

        この『魔王』からこれまでの『ミステリー&エンタメフルスロットル』なものとは雰囲気が少し異なる作品が生まれはじめるんですよね、伊坂作品の歴史でいうと。
        魔王、モダンタイムス、ゴールデンスランバー、あるキング、SOSの猿、PK。
        この辺りが同じグループになるような気がする。

        超能力的な力を持つようになる兄弟が対決する。誰と?何と?
        相手は国でもあり、政治家でもあり、国民ともいえるかも。
        憲法改正とかファシズムとか国民投票とか、政治的な要素がかなり前面に押し出されてるから苦手な人がいるのもまぁ頷ける。得てしてこういう時は作者の政治観、国家観と物語が同等に捉えられるからかな。
        現代の日本を彷彿とさせる時代設定に現実を強く意識させられるけれど、反面、エスパー的な要素(自分が念じたことを他人の口から発することができる兄、ある程度の確率を自在に操れる弟)が非現実だから、ストーリーとしてはちょうどいい塩梅になってると思う。

        『重力ピエロ』もそうだったけど、伊坂幸太郎が描く兄弟にすごく憧れる……
        真面目な兄に、自由な弟。何が事を成すのは往々にして弟だったりする。

        初読の時と今回の再読後。一番強く思った事は相も変わらず同じでした。
        クラレッタのスカートを直せる人間になりたい。
        そう思った事を忘れずに生きていきたいなぁ。
        >> 続きを読む

        2018/07/16 by ねごと

      • コメント 2件
    • 他8人がレビュー登録、 95人が本棚登録しています
      フィッシュストーリー
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 他の小説とリンクしていることに気づけたときのニヤニヤが楽しい。

        2017/08/01 by マチ子

    • 他8人がレビュー登録、 83人が本棚登録しています
      死神の浮力 = BUOYANCY OF DEATH
      カテゴリー:小説、物語
      3.6
      いいね! kissy1986
      • 再読。期待値高くまた長編にダレることもあってか、やっぱり前作のが良い。千葉のやり取りは相変わらず面白く、特に武家諸ハットには笑ったw >> 続きを読む

        2017/08/25 by hiro2

    • 他8人がレビュー登録、 44人が本棚登録しています
      オー!ファーザー A family
      カテゴリー:小説、物語
      3.8
      いいね!
      • さすが伊坂さん、一気に読めます。
        親父が四人だから4倍面倒でわずらわしいけれど、その分生きる力も4倍もらっているのかもしれない。そう思うと主人公のゆきおがすごくうらやましいし、たくましいと思う。現実には親父が四人は無理だけど、自分の親父と残り三人の親父「のような一目おける存在」を見つけたいと思った。 >> 続きを読む

        2016/02/13 by takasen

    • 他7人がレビュー登録、 33人が本棚登録しています
      首折り男のための協奏曲
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 伊坂さんの作品は好きで、この本も書店で見つけて、すぐに購入したまま
        なんだかもったなくて(?)なかなか読めなかった。
        ようやく読み終わったら、14年発行だった。
        3年以上積んでおいてしまったなんて、驚き。

        つながっているような、つながっていないような短編が続いていて
        思わず、章が終わる毎に、二度読みをしてしまった。
        こういう作品も良かった。
        久しぶりに、伊坂さんの作品をもっと読みたいと思いました。
        >> 続きを読む

        2017/08/16 by kucoma

    • 他7人がレビュー登録、 36人が本棚登録しています
      あるキング
      カテゴリー:小説、物語
      3.1
      いいね! MASA-TOSHI
      • 他の伊坂さん作品とは全然違うタイプのお話。
        これはこれで好き。

        フェアはファウル、ファウルはフェアの如く、「どう判断できるのかよく分からない」というのが感想です。
        私の読み取りが低いからかもしれませんが(^^;
        三人の魔女達については、ファンタジーとも読めるし、幻覚を通した精神世界とも読めるし、どっちにしろ面白く感じました。


        王求とその家族が果たして幸せだったのか何とも言えないけど、王求と出会ったことで(多分良い方向に)人生が変わった人がいて、王求がプレーする姿に何かを感じ取り励まされる人もいる。
        一方で、王求と出会ったことで人生が狂っていった人もいる。

        フェアはファウル、ファウルはフェア。
        野球の王様は代々引き継がれてゆくのでした。
        >> 続きを読む

        2017/08/09 by マチ子

    • 他6人がレビュー登録、 31人が本棚登録しています
      陽気なギャングの日常と襲撃 長編サスペンス
      カテゴリー:小説、物語
      3.7
      いいね!
      • 前作に引き続いての2作目はスピンオフ的な物語。
        4人の日常を掘り下げた短編を描き、その後4人が集う長編に集約されていく感じ。

        作者自身が途中で構成を変えたという事で、多少歪になってはいるが、短編部分のアレが実はこうでという伏線が活きている。

        何より成瀬を始めあの4人に久しぶりに会った感覚がする。
        3作目ももちろん読みます。
        >> 続きを読む

        2018/01/18 by オーウェン

    • 他6人がレビュー登録、 73人が本棚登録しています
      残り全部バケーション
      カテゴリー:小説、物語
      4.1
      いいね!
      • 面白かった。
        読み終わった後にネットで解説してるのを見てまた楽しめた。
        あの人があの章にいたあの人で、あのエピソードの影響があの章のあれに関わってて・・・みたいなのが、初読で気付けず、解説されて「おおー!」ってなった。

        >> 続きを読む

        2017/08/03 by W_W

    • 他5人がレビュー登録、 29人が本棚登録しています

【伊坂幸太郎】(イサカコウタロウ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

図説ディケンズのロンドン案内