こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


KiyosakiRobert T

著者情報
著者名:KiyosakiRobert T
KiyosakiRobert T
KiyosakiRobert T
生年~没年:1947~

この著者の本を読んでいる会員ランキング

このランキングは1日1回更新されます。
      金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学
      カテゴリー:金融、銀行、信託
      3.9
      いいね!
      • せっせと働いているだけではお金は貯まらないらしい。。。働いて給料が上がったら その分使うお金も増えていく。お金のために働く、ではなくお金に働いてもらうための方法が書いてある。今までのお金の見方とは違う視点からお金について考えるきっかけになった。書いてあること全部が賛同できる訳ではなかったけど、新たな視点を持つことが出来るし お金だけでなく仕事にもあてはめて使える考え方がたくさん書いてあってすごく勉強になる本だった。 >> 続きを読む

        2016/02/01 by chiharu525

      • コメント 1件
    • 他7人がレビュー登録、 31人が本棚登録しています
      金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学
      カテゴリー:金融、銀行、信託
      4.0
      いいね!
      • 【総括】
        言いたかったことは2つ。
        金持ちになりたければ、ラットレース(貧乏人の思考)を抜けろ!
        そのためにファイナンシャルインテリジェンスを身につけろ!

        【心に残った一節】
        1.
        人間が他人と同じことをする傾向にあり、一般に受け入れられている「意見や世の中の流行に黙って従う理由も今言ったのと同じ、仲間外れにされることへの恐怖からだ。「持家は資産だ。」「利子の低いローンをも使って高利の借金を完済しろ」「もっと一生懸命はたらけ」「昇進すれば問題は解決する。」「お金を節約しろ」「給料が上がったら大きな家を買うぞ」「投資信託は安全。」そんな言葉のおかげで私たちは罠にはまっていく。
        →人と同じ行動様式ではお金持ちにはなれないということ。その消費行動と資産形成の仕組みを理解しなさいということ。

        2.
        「頭の良い人は自分より頭の良い人を雇う。そうすることによって彼らから多くのことを学ぶ。」
        →自分より頭の悪い人ばかりを雇って裸の王様ではだめなのですね。多くのことを自分より優秀な人から学びとることが自己成長への方法だということです。また、常に人をリスペクトしていないとこのような姿勢はできないと思います。常に学ぶ姿勢を忘れないことは成功者の共通戦かもしれません。

        3.
        「勇気がない生徒を見ると、私は悲しくなる。現実にはほとんどの場合、頭が良い人よりも度胸のある人のほうが成功への道を先へ進んでいる。それはリスクを負うこと、大胆になること。恐怖を知力と知恵に変えることだ。」
        →選択すれば成功する道が見える可能性があるが、人間は得てして楽でぬるま湯のほうを選びます。変化は怖いからです。でも成功したいのであれば、やはりリスクを取るべきです。変化のない刺激のない人生なんてつまらないじゃないですか。一度きりの人生花を咲かせてみましょう!と読みました。

        4.
        「金持ち父さんが私にやれといったのはそれとは反対のことだった。「広く浅く知る」というのが金持ち父さんのアドバイスだった。」
        →現在日本人が持っている職業観は長年同じ職について専門性を高めることが良し。とされますが、金持ち父さんは全く逆のことをやれと言っています。理由は本書では明確に記されていません。私も金持ち父さん同様、専門性を深めることの意義には懐疑的でした。むしろ広く浅くいろいろなことを知りたいと思って日々の仕事にも向き合っています。ただ、それが食っていけるのかどうかについては議論されるところかもしれません。専門性を持たず広く浅く勉強した結果どのような人生を歩むことができるのか、これは私自身が実践したいと思っています。みなさんはこれについてどう思うでしょうか?

        5.
        「たいていの人は給料と退職金と年金など、会社から与えられる恩恵のために働く。これは短期的に見れば有利かもしれないが、長期的に見た場合は悲惨なことになりかねない。私は若者にアドバイスする場合「いくら稼げるかではなく、何を学べるかで仕事を探しなさい。」と言う。ラットレースにはまる前に、将来を見渡しながら自分はどんな技術を習得したいと思っているかじっくり考えることが大事だ。給料をもらって仕事をするという一生続くこのパターンに一度はまってしまうと人間は小さな輪の中で走るハムスターと同じになってしまう。」
        →何を学んでどうなりたいかのビジョンが見えている人は楽しそうに働いていますよね。逆の人はつまらなさそうに仕事をしています。なんのためにこの人は仕事をしているんだろうと思うことがあります。このような人にならないために何を学ばなくてはいけないかを考えてキャリアを考えるべきですね。
        >> 続きを読む

        2018/12/25 by べるさん

    • 他1人がレビュー登録、 11人が本棚登録しています
      金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法
      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.0
      いいね!
      • ロバートキヨサキはアメリカの大富豪。
        金持ち父さんの基本の書③
        金持ち父さんの「レバレッジ」について書いている。
        >> 続きを読む

        2015/07/27 by Lemon_T

    • 1人が本棚登録しています
      金持ち父さんの起業する前に読む本 ビッグビジネスで成功するための10のレッスン
      カテゴリー:企業、経営
      5.0
      いいね!
      • 起業家の持つべきマインドに焦点があてられている本著。

        例によって、抽象的なアドバイスが多いのですが、テーマが具体的なため、シリーズの他の本に比べたらアドバイスもいくらか具体的な印象です。

        僕が読んでいて参考になったのは、営業について。

        「起業家にとって一番大事なスキルはセールスの能力だ。」と金持ち父さんは断言しています。
        著者は、金持ち父さんのアドバイスに従い、昼の仕事とは別にセールス能力を高めるために、慈善団体で資金調達の電話の仕事を無給でしたそうです。

        なぜ電話をかける仕事かというと、「失敗するスピードが速い」から。成功のためにはとにかくたくさんの失敗を、とにかく速く経験するのが一番の近道であると。

        なぜ無給で働いていたかというと、「喜んでただ働きをしようという気があれば仕事を見つけるのは簡単だ」という金持ち父さんのアドバイスから学んでいたから。その話は、シリーズ第一弾に詳しいですね。

        とにかくどんどん失敗してみよう、という気になりました。
        >> 続きを読む

        2014/11/04 by でま!

      • コメント 3件
    • 2人が本棚登録しています
      金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント 経済的自由があなたのものになる
      カテゴリー:人生訓、教訓
      3.0
      いいね!
      • ロバートキヨサキはアメリカの大富豪。
        金持ち父さんの基本の書②
        金持ち父さんの「キャッシュフロークワドラント」について書いている。
        >> 続きを読む

        2015/07/27 by Lemon_T

    • 6人が本棚登録しています
      金持ち父さんのビジネススクール 人助けが好きなあなたに贈る
      カテゴリー:商業経営、商店
      3.0
      いいね!
      • ロバートキヨサキはアメリカの大富豪。
        金持ち父さんの基本の書④
        金持ち父さんの「成功の流れ」について書いている。 >> 続きを読む

        2015/07/27 by Lemon_T

    • 2人が本棚登録しています

【KiyosakiRobert T】(KiyosakiRobert T) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本