こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


井上ウィマラ

著者情報
著者名:井上ウィマラ
いのうえうぃまら
イノウエウィマラ
生年~没年:1959~
      呼吸による癒し 実践ヴィパッサナー瞑想
      5.0
      いいね!
      • 【呼吸は気づき、慈悲、智慧を育むための完全な乗り物であるというアプローチで記されたブッダ直伝の瞑想法「アーナーパーナサティ・スートラ」に基づき、あるがままの世界に目覚める方法を平易に解説。】

        プラユキさんの本「自由に生きる」の中で、素晴らしい本だと紹介されていたので読んでみました。

        ・・・すばらしい!!  

        呼吸瞑想は実際にやってみると、ほんとに難しい。難しいと思ってるから難しいのかもしれないけど(ただ座って自分の呼吸に意識を向けてるだけ)、なかなか続かないのです

        けれど、この本を読むとその疑似体験をしたような気になります。瞑想するというのは、こういうことなんだとか、気づくというのはこういうことなんだとか。文章の一つ一つが深く、美しく、崇高で、、、お釈迦様の教えが繰り返し学べて(それを実感する、気づくのが瞑想だからね)、、、瞑想したくなります。瞑想すれば、自然にありのままの身体、感覚、心、法、つまりあるがままの「今ここ」すべてに気づき、苦を乗り越えた涅槃の境地に至ることができるようになるわけですね。

        瞑想しなくても、すばらしい読書の時間になりました。(線引きまくり)

        どうも私には呼吸瞑想は難しい気がする。けれど呼吸瞑想だけが瞑想ではないのです。座ることだけが修行ではないのです。修行とは日常生活から離れたものではないのです。掃除やゴミ出し、洗濯だって立派な瞑想修行になるのです。ちゃんと気づきながらすればね。

        >ふだんの生活からかけ離れた秘境的な修行ではなく、あらゆる瞬間において意識が最高度に鋭敏であるような新しい生き方

        >修行を日常生活に導き入れること

        が重要です。筆者もここを強調されてました。なので、「第6章 日常生活と共に呼吸する」は何度も読み返したいと思います。

        大事なのはいつも目覚めていて、あるがままに気づいていること。

        現代人は、心が「今、ここ」から余所に、過去に、先のことに行ってしまいがち。そしてそれに執着してしまう癖がついている。自分の考えに、自分の好みに、自分の感情に、自分の○○に執着する。その癖をよりよい習慣をつけることで直すのが瞑想の役割でもあるのです。呼吸瞑想で無常、無我、空の境地を経験することは可能ですが、日常生活で経験することも可能です(障害は大きいけどね)。

        無常のものが生まれ消えていくのをただ見るという経験をくりかえすことで、何があってもOKだよ、と動じることのない懐の深い、器の大きい人間になっていく。

        瞑想に興味がない人でも、読むだけでたくさんの気づきがあり、それによってきっと心は癒されていくことでしょう。
        マインドフルネス、メディテーションは奥が深いです。
        やっぱり、ちゃんと瞑想ができるようになりたいと思います^^;
        >> 続きを読む

        2016/09/22 by バカボン

    • 1人が本棚登録しています

【井上ウィマラ】(イノウエウィマラ) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト(著者,作家,作者)

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

義弟
  • 義弟
  • 永井 するみ (著)